スポンサーリンク

48時間|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画

48時間
この記事は約5分で読めます。

1982年公開のアメリカ合衆国の映画。凶悪犯を追う刑事と、犯人の元相棒で服役中の囚人がコンビを組んで、48時間だけの仮釈放中に犯人を見つけ出す。エディ・マーフィとニック・ノルティ共演による刑事アクション。

48時間 映画批評・備忘録


48時間(原題:48 Hrs.)

脚本:34点
演技・演出:17点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計82点

ストーリーはいたってシンプルな刑事系バディ映画で、二人の掛け合いを楽しむ作品です。現代映画のようなド派手な演出があるわけではありませんが、映画として必要な演出はちゃんとしている作品です。差別的な表現を含むことが最近では問題視されていますが、80年代はそういう時代だったということです。その時代の映画として楽しむ方がスマートだと思います。コメディアンとしての実績があったとはいえ、エディ・マーフィのデビュー作の今作。新人らしからぬ水を得た魚のように役を見事に演じています。


amazonプライム・ビデオ

48時間 あらすじ(ネタバレ)

強盗殺人で服役中のアルバート・ギャンズは、屋外での刑務作業中に仲間のビリー・ベアの手助けで、看守を殺害して脱獄を果たす。ギャンズはサンフランシスコに向かうと、かつて仲間ポルーソを殺害し、さらに別の仲間であるルーサーを捕まえ、「例の金」を出すように要求する。彼女を人質に取られたルーサーは金を隠した場所は月曜にならないと開かないと答え、ビリーはそれまで街で待つこととなる。一方、サンフランシスコ市警の刑事であるジャック・ケイツは、同僚刑事2人と共にポルーソの名前で車を借りた車泥棒の捜査を行うこととなり、犯人が潜伏していると思われたモーテルを訪れる。その相手こそギャンズであり、彼は刑事が来たことを察知すると刑事1人を射殺して逃亡を図り、人質を取るとジャックに拳銃を渡すように要求する。要求に従ったジャックであったが、ギャンズは奪った銃でもう1人の刑事を射殺するとまんまと逃亡に成功する。

ギャンズの捜査記録を調べたジャックは、彼の強盗仲間で、今も服役中のレジー・ハモンドに会いに行く。当初は協力を断るレジーであったが、ポルーソが殺害され、ギャンズが脱獄したことを知って、刑務所から出すことを条件に協力することを申し出る。そこでジャックは書類を偽造し、48時間という期限付きでレジーの仮釈放を認めさせる。だが、レジーはギャンズの目的が自分が隠した金であることはジャックに秘密にしていた。飯を食いたいと我儘をいうレジーにスニッカーズを与えてクズ扱いのジャック。

まず、2人はルーサーを捕まえるべく彼の家を訪れ、彼を逮捕することに成功するが、ルーサーはギャンズとは会っていないと嘘をつく。次に2人はビリーを捕まえるべく、彼がバーテンダーをしていた店を訪れ、一騒動の末にチャイナタウンの女の家にいる可能性を突き止める。これらはレジーの活躍も大きかったが、ジャックはレジーを認めつつも、レジーの隠し事に感づいていた事もあって蔑ろに扱い、険悪な関係となる。チャイナタウンにやってきた2人は、レジーの女に、彼の行き先を問い詰めるが、女はもうビリーとは会っていないと答え、手がかりは途切れ、捜査は行き詰まってしまう。

隠し事をするレジーに苛立つジャックは、終いには街中で殴り合いの喧嘩に発展する。だが、結果として2人は打ち解け、レジーは秘密を話す。それは、かつてレジーが賭博場から50万ドル盗み、その金を隠した車を駐車場に長期保管しているというものであった。そこで駐車場でギャンズを待ち受けることにした2人であったが、予想に反して受取にきたのはルーサーであった。2人は車を出したルーサーを尾行し、地下鉄駅で彼がギャンズと人質と金の受け渡しをしようとする現場を抑えようとするが、2人に気づいたギャンズによって銃撃戦と逃亡劇が始まり、ジャックはギャンズを、レジーはルーサーを追いかけるが、結果としてジャックの方は逃げられてしまう。

警察署に戻ったジャックは、レジー自身が逃亡したかもしれない不安を抱えながら彼からの連絡を待つ。紆余曲折を経てレジーからの連絡で、ジャックはルーサーのいるホテル近くに張り込む。ところが、想定よりも早くルーサーは動き、ギャンズは盗んだバスの内部でルーサーから金を受け取ると彼を射殺する。ジャック達はバスを追いかけ、深夜の街でカーチェイスが始まるが、結果として逃げられてしまう。

上司からはロクデナシと組んで失態をおかしたと責められるが、レジーは根性のある男だと庇うジャック。しかし今度こそ完全に手がかりを失い、レジーの仮釈放の期限も迫る中、ジャックはせめてもと再収監前にレジーに酒を奢る。だが、そこでバスがチャイナタウンに乗り捨てられていたという情報から、ジャックはギャンズらがビリーの女の家に潜伏している可能性を思い立つ。2人は半信半疑で乗り込んだ女の家で、ギャンズとビリーを発見し、まずビリーを射殺する。再度、金を持って逃走を計ったギャンズは、レジーを人質にとってジャックに拳銃を捨てるように要求するが、ジャックはギャンズのみを撃ち抜き、そのまま射殺する。

事件は一段落し、再収監前に、女と寝たいというレジーの願いをジャックは叶えてやる。そして50万ドルの行方を心配するレジーであったが、ジャックは金を見逃すことにする。二人は明けつつある闇の中で車を走らせ始めた。

48時間 スタッフ

監督:ウォルター・ヒル
脚本:ロジャー・スポティスウッド,ウォルター・ヒル,ラリー・グロス,スティーヴン・E・デ・スーザ
製作:ローレンス・ゴードン,ジョエル・シルバー
製作総指揮:D・コンスタンティン・コンテ
音楽:ジェームズ・ホーナー
撮影:リック・ウェイト
編集:フリーマン・デイヴィス,マーク・ワーナー,ビリー・ウェバー
配給:パラマウント映画

48時間 キャスト

ジャック・ケイツ:ニック・ノルティ
レジー・ハモンド:エディ・マーフィ
エレイン:アネット・オトゥール
アルバート・ギャンズ:ジェームズ・レマー
ルーサー:デヴィッド・パトリック・ケリー
ヘイデン:フランク・マクレー
ビリー・ベア:ソニー・ランダム
ベン・キーホー:ブライオン・ジェームズ
アルグレン:ジョナサン・バンクス

48時間 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

48時間 映画シリーズ

48時間|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画
1982年公開のアメリカ合衆国の映画。凶悪犯を追う刑事と、犯人の元相棒で服役中の囚人がコンビを組んで、48時間だけの仮釈放中に犯人を見つけ出す。エディ・マーフィとニック・ノルティ共演による刑事アクション。 48時間 映画批評・備忘録 48時間(原題:48 Hrs.)脚本:34点演技・演出:17点撮影・美術:16点編集:8点音響・音楽:7点合計82点 ストーリーはいたってシンプルな刑事系バディ映画で、二人の掛け合いを楽しむ作品です。現代映画のようなド派手な演出があるわけではありませんが、映画として必要な演出はちゃんとしている作品です。差別的な表現を含むことが最近では問題視されていますが...
48時間PART2/帰って来たふたり|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画
1990年公開のアメリカ合衆国の映画。過激な捜査で免職寸前の刑事が、刑務所を出所したばかりの相棒と共に限られた時間の中で巨悪を追いつめるまでを描くポリスアクション。1982年の映画『48時間』の続編として8年ぶりに製作された。監督は前作と同じくウォルター・ヒルが務める。本作はウォルター・ヒルにとって初めての続編モノである。本作の製作を熱望した主演のエディ・マーフィは、自身のプロダクション“エディ・マーフィ・プロダクションズ”を率いて製作にも参加し、且つ“フレッド・ブロートン”名義で原案も担当している。当時のエディ・マーフィ人気もあり、全米でNo.1ヒットを記録。1985年『ビバリーヒルズ・...