スポンサーリンク

私の頭の中の消しゴム|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

私の頭の中の消しゴム
この記事は約3分で読めます。

2004年公開の韓国映画。キャッチコピーは「死より切ない別れがある」。ドラマ冬のソナタなどに代表される韓流ブームの火付け役になった作品。チョン・ウソンとソ・イェジンが熱演、あなたの記憶から絶対に消せない、永久不滅のラブストーリー。興行収入は、韓国で公開後3週連続第1位、日本では公開後4週連続第1位を記録。さらに日本での興行収入の累計総額は30億円に上った。これは日本で公開された韓国映画史上第1位である(興行通信社調べ)。

私の頭の中の消しゴム 映画批評・備忘録


私の頭の中の消しゴム(原題(英題):A Moment to Remember)

脚本:38点
演技・演出:17点
撮影・美術:17点
編集:9点
音響・音楽:9点
合計90点

最愛の人が若年性アルツハイマー病に罹ってしまうという難しいテーマが丁寧に描かれており、主役を演じたチョン・ウソン、ソン・イェジンがとても魅力的に映ります。劇場ですすり泣く人が溢れ、涙腺崩壊映画と公開当時は話題となりました。

実は、僕も泣きました。とても泣ける映画です。韓国語が苦手な方は、吹替も素晴らしいのでお薦めです。

タイトル『私の頭の中の消しゴム』の由来は、原作ドラマ(Pure Soul〜君が僕を忘れても〜)のヒロインの台詞「私の頭の中には消しゴムがあるの」です。イ・ジェハン監督は映画を制作する際、原作のこの台詞を要の一つと捉え、タイトルに決定、また同様の台詞を映画のヒロインにも用いました。そうした経緯があったことから、前述の記者会見の席で永作博美(ドラマ版のヒロイン)は「私の台詞をタイトルに付けてもらえて嬉しいです」と語っています。

amazonプライム・ビデオ

私の頭の中の消しゴム あらすじ

お嬢様育ちのスジン(演:ソン・イェジン)と、愛に懐疑的なチョルス(演:チョン・ウソン)は恋に落ち結婚する。2人はさまざまな困難を乗り越えて一層愛を深めていくが、幸せな日々はそう長くは続かなかった。
恋に落ちて、結ばれて、そんな幸せな二人の前に、彼女の記憶が消えていくという悲劇が立ちはだかる。愛する人は目の前にいるのに、見知らぬ人のように自分が忘れられていく絶望。そして、愛を忘れたくないと願いながらも、自分の中の記憶が真っ白に消されていく恐怖。別れでもなく、死でもなく、忘却によって終わりを告げる愛・・・

私の頭の中の消しゴム スタッフ

監督:イ・ジェハン
原作:江頭美智留、松田裕子(『Pure Soul~君が僕を忘れても~』)
脚本:イ・ジェハン
脚色:キム・ヨンハ
製作:チャ・スンジェ
音楽:キム・テウォン
撮影:イ・ギョンジュ
美術:チェ・ギホ
衣装:キム・ソンイル
編集:ハム・ソンウォン
テーマ曲:A moment to remember (風笛 作曲:大島ミチル)

私の頭の中の消しゴム キャスト

チョン・ウソン
ソン・イェジン
ペク・チョンハク
イ・ソンジン
パク・サンギュ
キム・ヒリョン
イ・ハン
チャン・イナン
クォン・ビョンギル
チョン・ウネ
ヒョン・ヨン
パク・ユニョン
パク・ミスク
チン・ヨンオク
ソ・ジノン
シン・ヒョンタク
イ・ジョンイン

私の頭の中の消しゴム 予告編


amazonプライム・ビデオ

コメント