スポンサーリンク

富江 re-birth|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

富江 re-birth
この記事は約4分で読めます。

2001年公開の日本映画。原作の「滝壺」「画家」「毛髪」などをアレンジしている。富江の人物像は前2作(富江アナザフェイスを除く)と異なり、無邪気さと大人びた部分を併せ持つ。死と再生と増殖を繰り返す美しき怪物・富江の恐怖を描くホラー・シリーズの劇場公開版第3弾。

富江 re-birth 映画批評・備忘録


富江 re-birth

脚本:25点
演技・演出:15点
撮影・美術:15点
編集:6点
音響・音楽:6点
合計67点

 シリーズ最高傑作とも最低だとも評価が大きく分かれる作品になります。まぁ、富江シリーズは全作品微妙なシリーズではあります。監督は呪怨シリーズの清水崇で、序盤から中盤までは彼らしい映画でした。まだ売れていない妻夫木聡、忍成修吾や当時人気だった酒井美紀が共演していることや、マクドナルドのCMで大ブレイクした超かわいいエンクミこと遠藤久美子が出演していることなど話題性のあるキャストだと思います。今作品は、前作『富江replay』の特撮で味を占めた?ピエール須田の実力が良くも悪くも発揮された映像です。頭部だけの酒井美紀が歩くのが衝撃的というか面白すぎます。これぞ富江です。頭に手足が生えるといえば『遊星からの物体X』を思い出しました。今作品、前半が退屈ですが中盤から後半は過激な特撮映像のオンパレードなのでテンポがもう少し良かったら評価が上がった作品だと思います。怖いかというと、過激すぎて笑えてくるほど特撮をやり過ぎてしまったように思います。ラストのCGオチも好きなんですが、これは笑っちゃいました。

amazonプライム・ビデオ

富江 re-birth あらすじ

美大生の木股英雄は、富江をモデルとして肖像画を描いていたが、富江がその絵を台無しにしたことで、発作的に富江を殺害してしまう。彼は友人の青山巧、細田俊一の手を借り、富江の遺体を山中に埋める。

翌日、俊一は巧と英雄を合コンに連れて行くが、突然そこに参加予定の無い女性の姿が。それは紛れも無く、死んだ筈の富江だった。それから間もなく、錯乱した英雄が自殺。やがて俊一や巧だけでなく、俊一の母・朋子、そして巧と同棲している恋人のひとみまでもが、富江によって次第に人生を狂わされてゆく。

富江 re-birth スタッフ

監督 – 清水崇
助監督 – 荒川栄二
製作 – 土川勉石井徹
製作担当 – 杉山隆夫
脚本 – 藤岡美暢
プロデューサー – 清水俊尾西要一郎東康彦
協力プロデューサー – 相原英雄
企画 – 武内健岡田真
撮影 – 志賀葉一
音楽 – ゲイリー芦屋
美術 – 大庭勇人
編集 – 宮島竜治
録音 – 武市英生
特殊メイク – ピエール須田
ビジュアルエフェクト – 小林謙一
整音 – 深田晃
照明 – 赤津淳一
制作協力 – プラネットボノボ
配給 – 東映

富江 re-birth キャスト

富江 – 酒井美紀
青山巧 – 妻夫木聡
青山理恵 – 邑野未亜(現 邑野みあ
青山春夫 – 諏訪太朗
青山孝子 – 冬雁子
北村ひとみ – 遠藤久美子
細田俊一 – 黄川田将也
細田朋子 – 中島ゆたか
木股英雄 – 忍成修吾
木股幸子 – 大塚良重
佐野由美子 – 蜂巣友里
バーテンダー – 平井賢治
レストランバーの店員 – 安田暁
弔問客 – 薗博之登場進原ひとみ
ノリカ – 伊藤雅子
まさる – 日下慎
ゆたか – 伊藤俊輔
ヒロアキ – 鞍馬寛明
サヲリ – 伊藤絵美
ユリ – 斉藤麻衣子
カヨ – 中尾聖代
ミサト – 平岩紙
クミ – 並木理恵
ケンジ – 大内正樹
敏朗 – 雑賀克郎
サチエ – 神原直美

富江 re-birth 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

富江シリーズ

富江|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1999年公開の日本映画。人気ホラー漫画家・伊藤潤二の代表作『富江』を映画化。キャッチコピーは「悪夢は増殖する。」 富江 映画批評・備忘録 富江(とみえ)脚本:18点演技・演出:14点撮影・美術:15点編集:5点音響・音楽:6点合計58点  原作のイメージからすると、細かい所が気になってしまう実写化映画です。例えば、富江の髪がストレートではなく傷んでいるのがなんか嫌なんですよ。それに菅野美穂ってツルツル美白な感じなのに、それを消すような映像になっていることなど、ところどころにある演出が富江らしくないんです。昔の映画とはいえ医者が患者の前でたばこを吸うシーンも”ん?”なんですよね。いち...
富江 アナザフェイス|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1999年製作の日本映画。ビデオ映画。3つのVシネマエピソードで構成されるテレビシリーズでしたが、後に長編映画に編集された作品です。 富江 アナザフェイス 映画批評・備忘録 富江 アナザフェイス脚本:22点演技・演出:12点撮影・美術:10点編集:7点音響・音楽:6点合計57点 テレビシリーズを長編映画化した作品ですが、編集は良くできていますし、ストーリーも映画『富江』よりも分かりやすい内容です。こちらの方が原作に近い印象ですが、あくまでも印象で富江役の永井流奈の演技がどうにかならなかったのかなと思います。映画版は女優陣の演技力に対して男優の演技不足がひどかったのですが、今作は逆です...
富江 replay|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2000年公開の日本映画。同時上映は『うずまき』。キャッチコピーは「愛してくれたら、殺してあげる。」。前作のヒットを受けて全国東映系で公開されたが、興行は芳しくなかった。 富江 replay 映画批評・備忘録 富江 replay脚本:28点演技・演出:14点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:6点合計69点  シリーズの中でも気持ち悪い演出に特化しており、本来のホラー要素を前面に出した作品です。興行的には振るわなかった作品ですが若い頃の窪塚洋介、宝生舞、山口紗弥加、富樫真、遠藤憲一とキャストが今では豪華なものと思えます。富江役の宝生舞はとても美しいのですが、富江のイメージとはちょ...
富江 re-birth|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2001年公開の日本映画。原作の「滝壺」「画家」「毛髪」などをアレンジしている。富江の人物像は前2作(富江アナザフェイスを除く)と異なり、無邪気さと大人びた部分を併せ持つ。死と再生と増殖を繰り返す美しき怪物・富江の恐怖を描くホラー・シリーズの劇場公開版第3弾。 富江 re-birth 映画批評・備忘録 富江 re-birth脚本:25点演技・演出:15点撮影・美術:15点編集:6点音響・音楽:6点合計67点  シリーズ最高傑作とも最低だとも評価が大きく分かれる作品になります。まぁ、富江シリーズは全作品微妙なシリーズではあります。監督は呪怨シリーズの清水崇で、序盤から中盤までは彼らしい...
富江 最終章 -禁断の果実-|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2002年公開の日本映画。タイトルに「最終章」とあるが、シリーズは完結しておらず、後述の通り作品は継続して制作されている。ロリータとレズビアンをテーマとしており、富江と登美恵の絡みを強調している。人間関係の描写に注力しているため、他の作品よりもホラー性は薄くなっている。 富江 最終章 -禁断の果実- 映画批評・備忘録 富江 最終章 -禁断の果実-脚本:30点演技・演出:15点撮影・美術:15点編集:7点音響・音楽:6点合計73点  富江シリーズで一番面白いと思ったのが今作です。ホラー性が低いという紹介のされ方をしていますが、『帝都大戦』のオマージュのようなシーンもあり、かなりグロい(...