スポンサーリンク

ボーイズ・ドント・クライ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ボーイズ・ドント・クライ
この記事は約6分で読めます。

1999年に製作されたアメリカ映画。ブランドン・ティーナとして知られる、ネブラスカ州で殺害された実在の人物の人生を描いた作品。キンバリー・ピアース監督は、大学在学中にこの事件について読んだ後、脚本のために広範な調査を行い、ほぼ 5 年間取り組みました。アカデミー主演女優賞受賞のヒラリー・スワンクの演技に注目! 衝撃の実話に基づくセンセーショナル・ムービー!2019年、この映画はアメリカ議会図書館によって、「文化的、歴史的、または美的に重要」として、アメリカ国立フィルム登録簿に保存用に選ばれました。

ボーイズ・ドント・クライ 映画批評・備忘録


ボーイズ・ドント・クライ(原題:Boys Don’t Cry)

脚本:30点
演技・演出:17点
撮影・美術:14点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計75点

主人公の行動やしぐさに違和感を感じてしまうのはヒラリー・スワンクが演じる少年は、性同一障害で性別は女性だけど、心は男性(少年)です。
この映画を見るまでは、性同一障害というものがいったいどういうことなのか知らなかったところも多く、この映画を目の当たりにすると、今までとは違う認識を持ちました。

胸が張り裂けそうになる結末。この映画の悲劇がなぜ起こったのか?男たちはなぜ、これほどまでの暴力を執拗に行ったのか?

フィクションならこういう話にはならなかったと思える、実話だからこそ、これほどまでの惨さを描く必要があったのだろう。

 主演のヒラリー・スワンクがアカデミー主演女優賞、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門) を受賞。また、インディペンデント・スピリット賞、ニューヨーク映画批評家協会賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞、全米映画批評家協会賞においても主演女優賞を受賞しました。

スワンクがキャストされる前に、多くの俳優が 3 年間のキャスティング・プロセスで主役を求めました。スワンクが選ばれたのは、彼女の性格がブランドンに似ていたからです。

ブランドンのガールフレンド、ラナ役に、ピアース監督は10代のジョディ・フォスターを思い描いていました。この役はリース・ウィザースプーンとサラ・ポーリーにもオファーされましたが、ピアース監督は最終的に、クロエ・セヴィニーを『ラスト・デイズ・オブ・ディスコ』 (1998年)での演技に基づいて配役することを決定しました。セヴィニーはブランドン役のオーディションを受けていましたが、ピアース監督は、男としてセヴィニーを描くことができなかったためセヴィニーはラナ役が適していると判断しました。

映画の登場人物のほとんどは、実在の人物に基づいています。映画のテーマには、ロマンチックでプラトニックな性質が含まれています人間関係、LGBT の人々、特にトランスジェンダーの人々に対する暴力の原因、社会的階級、人種、ジェンダー間の関係とあります。

amazonプライム・ビデオ

ボーイズ・ドント・クライ あらすじ(ネタバレ)

ブランドン・ティーナは、トランスジェンダーです。ブランドンが元ガールフレンドの兄弟にトランスジェンダーであることが発覚したとき、彼は死の脅迫を受ける。その後すぐに、彼はバーでの喧嘩に巻き込まれ、いとこのトレーラーから追い出されます。ブランドンはネブラスカ州フォールズシティに移り、そこで元囚人ジョン・ロッターとトム・ニッセン、そして彼らの友人であるキャンディスとラナ・ティスデルと親しくなりました。ブランドンはラナと恋愛関係にあり、ラナは当初、自分の解剖学的構造と困難な過去の両方に気付いていません。2人はメンフィスへの移住を計画、ブランドンがラナのカラオケ歌手としてのキャリアを管理します。最終的に、彼らはデートの夜にキスし、セックスで終わる。

警察は、ブランドンの転居前に発生した容疑でブランドンを拘留した。彼らは彼をフォールズシティ刑務所の女性用セクションに入れます。ラナはブランドンを監禁し、なぜ女性刑務所に入れられたのかを尋ねる。ブランドンは彼女に嘘をつき、自分は雌雄同体として生まれたと主張するそしてすぐに性器再建手術を受けることになるが、ラナは彼を止め、性別に関係なくブランドンへの愛を宣言する。 しかし、ブランドンが刑務所にいる間、キャンディスはブランドンの出生名であるティーナ・ブランドンが記載された多くの文書を見つけ、彼女と彼女の友人はこのニュースにショックと嫌悪感を持って反応します。彼らはブランドンの部屋に入り、ブランドンのものを探し、疑いを裏付けるいくつかのトランスジェンダーの書類を発見する。 トムとジョンはブランドンを激しく罵り痛めつけ、ズボンを脱がして性器を露出させます。彼らはラナを見せようとするが、彼女は目を覆い背を向けた。 この対立の後、トムとジョンはブランドンをジョンの車に引きずり込み、孤立した場所に車で行き、そこで彼を残酷に殴り、集団レイプした。

その後、彼らはブランドンをトムの家に連れて行きます。怪我をしたブランドンは、浴室の窓から逃げる。彼の襲撃者はブランドンを脅し、警察に暴行を報告しないよう警告するが、ラナはブランドンにそうするよう説得する。 しかし、警察署長は、ブランドンの「セクシャル・アイデンティティーの危機」よりも犯罪に関心がありませんでした。

その後、ジョンとトムは酔ってキャンディスの家に車で向かう。ラナは彼らを止めようとしますが、近くの物置に隠れているブランドンを見つけます。ジョンはブランドンの顎の下を撃ち、即死。キャンディスが赤ちゃんを助けてくれと叫んでいる間、トムは彼女の頭を撃ち、ラナは彼らと喧嘩し、止めるように懇願します。トムはブランドンの死体を刺します。ジョンとトムは、泣いているラナがブランドンの体のそばに横たわり、赤ん坊が開いたドアから外に出て泣きながらその場から逃げる。 翌朝、ラナはブランドンの死体の隣で目を覚ます。母親がやってきて、彼女をその場から連れ去る。ラナがフォールズシティを離れると、ブランドンが彼女に宛てた手紙がナレーションで聞こえます。

ボーイズ・ドント・クライ スタッフ

監督:キンバリー・ピアース
脚本:アンディ・ビーネン,キンバリー・ピアース
製作:ジェフリー・シャープ,ジョン・ハート,エバ・コロドナー,クリスティーン・ヴェイコン
製作総指揮:パメラ・コフラー,ジョナサン・セリング,キャロライン・カプラン,ジョン・スロス
音楽:ネイサン・ラーソン
撮影:ジム・デノールト
編集:リー・パーシー,トレイシー・グレンジャー
配給:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ,20世紀フォックス

ボーイズ・ドント・クライ キャスト

ヒラリー・スワンク
クロエ・セヴィニー
ピーター・サースガード
ブレンダン・セクストン3世
アリシア・ゴランソン
ジーネッタ・アーネット
マット・マクグラス
アリソン・フォランド
ロブ・キャンベル

ボーイズ・ドント・クライ 予告編


amazonプライム・ビデオ