スポンサーリンク

バラ色の選択|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

バラ色の選択
この記事は約5分で読めます。

1993年公開のアメリカ合衆国の映画。マイケル・J・フォックスとガブリエル・アンウォーが織り成すラブ・コメディ。ニューヨークの一流ホテルでコンシェルジュを務める男が、出世と恋の間で悩む姿をコミカルに描く。ホテルのオーナーを夢みるコンシェルジュ。本当に必要なのはお金?愛?大ヒット・ロマンティック・コメディの快作。

バラ色の選択 映画批評・備忘録


バラ色の選択(原題:For Love or Money)

脚本:32点
演技・演出:18点
撮影・美術:15点
編集:9点
音響・音楽:6点
合計80点

この映画、大好きなんです!夢見がちな男には、心地よい刺激があって明日への希望が持てる映画。マイケル・J・フォックスの気持ちの良いキレキレ小技が光る演技と愛らしいガブリエル・アンウォーの魅力が光る。
ところどころに見える素敵な演出に心がくすぐらされ、癒されます。何気に豪華な曲者俳優が共演していて、個性派悪役が多いウド・キア、「コマンドー」の悪役ダン・ヘダヤ、名優フィヴァッシュ・フィンケルがコミカルな演技で笑わせてくれてたり、ジャズ奏者のボビー・ショート、コスメブランドのダイアン ・ブリル、ファッション・デザイナーのアイザック・ミズラヒが、ほぼ自分役で出演していたりと、どっかで見たことある人達がおもしろおかしく役柄を演じています。

バラ色の選択 [DVD]
Nbcユニバーサル エンターテイメント
¥1,572(2021/07/22 04:37時点)

バラ色の選択 あらすじ(ネタバレ)

ダグ・アイルランドは、ニューヨーク市の豪華なホテル、ブラッドベリーのコンシェルジュです。ダグはコミュニケーション能力に優れ、仕事がとても上手で、時折大きなチップをポケットに入れながら、ジーン・サルヴァトーレのようなゲストに個人的な注意(配慮)を払っています。彼はまた、ハリー・ウェグマンのように、チップを払わない人々を助けます。ダグの夢は、ルーズベルト島に自分のホテルを開くことです。彼はすべてのお金を節約し、古いホテルの不動産を取得しました。しかし、彼は開発を開始するのに数週間しかなく、開始するのに少なくとも300万ドルが必要です。そうしないと、開発は都市に戻ります。

ダグの最高のチャンスは、やや不謹慎な億万長​​者であるクリスチャン・ハノーバーです。クリスチャンはその提案を検討し、ダグに彼の愛人である香水のセールスウーマンであるアンディ・ハートの「世話をする」ように頼みます。クリスチャンはアンディを先導しており、彼が妻と離婚していると彼女に信じ込ませています。ダグは、アンディがクリスチャンに会っていることに気付く前に、アンディとイチャイチャしていて、何度も彼女に尋ねていました。しかし、彼女はいつも彼氏がいると言っていました。ダグは、クリスチャンが(クリスチャンの「好意」として)彼女を無視したときにアンディと時間を過ごし、妻のエレノアと一緒にクリスチャンの家のパーティーで恥ずかしいシーンからアンディとクリスチャンを救います。

ダグは、クリスチャンがアンディを離婚についてだましていることを知り、「あなたはあなたの3番目の妻と離婚しない」と述べています。しかし、彼のホテルの提案は緊急であり、アンディは彼女自身の決定を下すのに十分な年齢であるため、彼は介入しません。しかし、彼とアンディが一緒に時間を過ごすと、彼は彼女に感情を抱き、クリスチャンが妻とのデートのために遅れた後、彼女と一緒にエレガントなレストランに行きます。彼は同時にハリー・ウェグマンの結婚の失敗を助け、妻に再び彼を愛してもらうのを助けました。

アンディは、クリスチャンがダグに署名を求めた文書は、億万長者がホテルのプロジェクトを引き継いでダグを強制退去させることを意図していたことを知りました。クリスチャンは、彼(ダグ)が購入した不動産についてダグを追跡していたIRSエージェントが、彼(クリスチャン)と彼の弁護士がそれを処理するまで、実際にクリスチャンと協力して不動産を取得していたことを明らかにしました。クリスチャンは、プロジェクトが大金を稼ぐつもりであり、彼はそれを単なるコンシェルジュと共有するつもりはなかったとアンディにこっそりと言います。アンディは彼を捨てて、クリスチャンが妻と離婚していないことを彼女を追いかけているダグに警告します。二人がクイーンズボロ橋で再会し、欺瞞についてお互いに明らかにした後、ダグはアンディに警告するために去ったために文書に署名したことがなかったので、クリスチャンはホテルのプロジェクトを引き継ぐことができないと言います。

結局、ダグとアンディが結婚した後、彼はハリー・ウェグマンから電話を受けました。ハリー・ウェグマンはホテルのスタッフの老人(ミルトン)からダグの事業計画を誤って送られました。ダグは解雇を拒否し、ダグが必要とする300万ドルを支払うことにしました。 。

バラ色の選択 スタッフ

監督 : バリー・ソネンフェルド
製作総指揮 : デヴィッド・T・フレンドリー
製作 : ブライアン・グレイザー
脚本 : マーク・ローゼンタール,ローレンス・コナー
音楽 : ブルース・ブロートン
撮影 : オリヴァー・ウッド

バラ色の選択 キャスト

ダグ・アイルランド:マイケル・J・フォックス
アンディ・ハート:ガブリエル・アンウォー
クリスチャン・ハノーバー:アンソニー・ヒギンズ
ハリー・ウェグマン:マイケル・タッカー
エド・ドリンクウォーター:ボブ・バラバン
ヒンメルマン:ウド・キア
ジーン・サルヴァトーレ:ダン・ヘダヤ
アルバート:サイモン・ジョーンズ
ミルトン・グリックマン:フィヴァッシュ・フィンケル
ジュリアン・ラッセル:アイザック・ミズラヒ
ウェグマン夫人:デブラ・モンク
エレナー:ドナ・ミッチェル
ゲイリー:パトリック・ブリーン
グローリア:ダイアン・ブリル
本人役:ボビー・ショート

バラ色の選択 予告編

バラ色の選択 [DVD]
Nbcユニバーサル エンターテイメント
¥1,572(2021/07/22 04:37時点)

コメント