スポンサーリンク

ディスクロージャー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ディスクロージャー 映画
この記事は約6分で読めます。

1994年公開のアメリカ合衆国の映画。公開当時、逆セクハラで話題を呼んだM・ダグラス、D・ムーア主演のサスペンス映画。原作はマイケル・クライトン。

ディスクロージャー 映画批評・備忘録


ディスクロージャー(原題:Disclosure)

脚本:32点
演技・演出:13点
撮影・美術:14点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計73点

作品の序盤は、マイケル・ダグラスがデミ・ムーアにパワハラされまくる展開(いろんなパワハラが見られる)で、その理由は過去の痴情のもつれなのかと思いきや企業上層部の陰謀だったというサスペンスドラマ。原作がマイケル・クライトンでバリー・レヴィンソン監督なので、見応えはあるし、未来を予測した先見性あるシーンはさすがだなと思う。ただ、デミ・ムーアとマイケル・ダグラスの絡みは一度だけ、この映画のレビュー評価が低い理由ってエロ期待値が高いから案外、真面目な話過ぎて期待外れだったっていう人が多いのかもしれない。

amazonプライム・ビデオ

ディスクロージャー あらすじ(ネタバレ)

テクノロジー会社の創設者であるボブ・ガービンは、彼の会社であるデジコムがより大きな会社と合併したときに引退する予定です。生産ラインマネージャーのトム・サンダースは、CD-ROM部門の運営に昇進する予定です。代わりに、合併を担当したトムの元ガールフレンドであるメレディス・ジョンソンは、ガービンが「ガラスの天井を破り」、亡くなった娘の代わりに女性を昇進させたかったので、ポストに昇進しました。

メレディスはトムを彼女のオフィスに呼び、マレーシアのCD-ROM生産ラインの問題に関するいくつかの操作について話し合いますが、代わりに性的に彼に自分自身を強制します。彼は最初、オーラルセックスに従事したいという彼女の欲求に応えますが、完全な性交を試みることを拒否します。メレディスは、トムに拍車をかけたという脅迫を怒って叫びます。その夜遅く、メレディスはトムをだまして翌朝遅くに到着させ、合併パートナーとの会議で彼女がCD-ROMドライブの問題について話し合うことを許可しました。そこで、メレディスはトムに気づいていないことを認めるように圧力をかけました。問題の原因。

その後、トムは、メレディスがトムに対してセクハラの苦情を弁護士のフィリップ・ブラックバーンに提出したことを発見しました。スキャンダルから合併を救うために、デジコムの関係者はトムが別の場所への再割り当てを受け入れることを要求します。そうでなければ、彼は新会社のストックオプションを失うことになります。他の場所は合併後に売りに出される予定であるため、彼のキャリアは台無しになり、彼が転職した場合、彼は失業するでしょう。トムは「AFriend」から匿名の電子メールを受け取り、セクハラ事件を専門とするシアトルの弁護士、キャサリン・アルバレスに連絡します。トムは、妻や同僚との敵意を犠牲にして、彼に嫌がらせをしたのはメレディスであると主張して、デジコムを訴えることにしました。涙のメレディスが繰り返し嘘をつき、彼を非難するので、最初の調停はトムにとってひどいものになります。

メレディスの告発が誤りであることを証明する出会いのトムの電話記録からの記録を発見した後、メレディスなしでは合併は成功しないと信じているガービンは、トムが訴訟を取り下げた場合、彼は移籍する必要がないことを提案し、トムにそれを疑わせるメレディスの告発は脆弱です。トムは、メレディスとの遭遇中に携帯電話の番号を誤ってダイヤルしたことを覚えていますが、電話を切っていません。これは、同僚のボイスメールに事件の録音をうっかり残してしまいました。トムは次の会議で録音を再生し、メレディスの信用を失墜させます。デジコムは、合併後にメレディスが静かに緩和されることを求める和解に同意します。

トムは彼の明らかな勝利を祝うと、「友達」から別の電子メールを受け取り、すべてが見た目とは違うことを警告します。トムはフィリップがメレディスに、トムがセクハラ訴訟に勝ったとしても、ガービンの支援を受けて、翌朝の合併会議でトムを無能に見えるようにするだろうと言っているのを耳にします。CD-ROMの問題は、トムの責任下にあるマレーシアの生産ラインに起因するものとして示されているため、トムはこれらの問題の原因として解雇される可能性があります。トムは会社のデータベースで手がかりを探そうとしましたが、彼のアクセス権は取り消されました。彼は、合併会社の幹部が、会社のデータベースにアクセスできる近くのホテルにバーチャル・リアリティのデモンストレーションマシンを持っていることを覚えています。

デジコムのファイルに入ると、メレディスがそれらを削除していることがわかります。トムは、マレーシア人の同僚から電話を受けました。同僚は、トムに犯罪のメモやビデオのコピーをファックスで送信することができます。彼らは、メレディスとマレーシアの事業責任者の1人が、トムが知らないうちに作成した生産仕様を変更して、マレーシア政府の支持を得て、次の合併のコストを削減することに同意したことを示しています。メレディスは技術的な専門知識と知識が完全に不足しているため、彼女が注文した生産の変更により、トムが担当するCD-ROMに問題が発生しました。彼女が作成した合併を救おうとして、責任を負いたくないのですが、

トムが会議でプレゼンテーションを行うと、メレディスは生産上の問題を提起しますが、ハードウェアに欠陥を引き起こすことに直接関与していることを明らかにする証拠を公に示すことができるようになりました。メレディスがトムに復讐の最後の努力をしていると怒って非難した後、変更を含む彼女の決定を正当化しようとし、悪い決定について彼を非難し続けた後、ガービンは彼女の無能さの全範囲を認識し、彼女を解雇する以外に選択肢はありません。ガービンはその後、合併が完了したことを発表し、ステファニー・カプランをシアトルの事業を率いるように指名しました。トムは、特に彼女が彼の貢献を公に強調し、彼女が右腕であると彼に頼っていると言ったとき、喜んでいる決定です。今後。

トムはその後、ステファニーの息子であるスペンサーに「友達」を知っているかどうか尋ねます。スペンサーは、彼がワシントン大学のアーサーフレンド教授の研究助手であると言います。トムは、スペンサーがフレンドのオフィスコンピュータにアクセスでき、ステファニーが(息子を介して)問題が発生したときに以前に「フレンド」として警告していたこと、およびCD-ROMドライブに関連するすべてのことを正確に知っていたことに気付きました。メレディス。満足しているトムは、製造部門の責任者としての地位を再開できることを嬉しく思います。

ディスクロージャー スタッフ

監督:
脚本:
原作:
製作:,
音楽:
撮影:
配給:

ディスクロージャー キャスト






















ディスクロージャー 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

コメント