スポンサーリンク

氷の接吻|連続殺人鬼の女と、彼女を監視する秘密諜報部員。2人が織りなす甘く危険な愛を描く。

氷の接吻
この記事は約5分で読めます。

氷の接吻は、1999年公開のカナダ・イギリス・オーストラリア合作映画。ステファン・エリオット監督がマルク・ベームの同名ベストセラー小説を現代風に映画化。英国秘密諜報部員、コードネーム“EYE=アイ”(ユアン・マクレガー)と呼ばれる男は、ある調査中、監視していた男が謎の女に殺害される現場を目撃する。彼女の名はジョアンナ(アシュレイ・ジャッド)。アイは、彼女と自分が抱える心の闇に運命的な?がりを感じた。彼は、街から街へと殺人を重ねながら逃亡を続けるジョアンナを追い監視するうちに、職務を忘れ強く惹かれていく。ついに、アイは常軌を逸した驚くべき行動に出てしまう。

氷の接吻 映画批評・評価・考察

氷の接吻 [DVD]
オルスタック ピクチャーズ
¥3,018(2024/02/23 17:39時点)

氷の接吻(原題:Eye of the Beholder)

脚本:28点
演技・演出:17点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計75点

「プリシラ」で注目された俊英ステファン・エリオット監督が、またもや新感覚の作品を完成させたのが今作。高性能カメラで女を観察し続ける情報部員アイ(EYE)に人気俳優ユアン・マクレガー、殺人を重ねる謎の女に「ダイバージェント」シリーズのアシュレイ・ジャッド。スノードームを場面転換に使う小技から、主人公のモノローグの代わりに彼の娘の幻と対話させるアイデアなどを駆使し、斬新なようでもクラシックなようでもある独特の手触わりを持つサスペンスとなっています。カメラやネットを通じてしか人と接触できない主人公のナイーブさをマクレガーが好演しています。
公開時に、批評家から酷評されましたが、異色のラブサスペンスとして評価されています。

今作品はAmazonプライムで見ました。
amazonプライム・ビデオ

氷の接吻 あらすじ(ネタバレ)

物語はヘンリー・ミラーの次の言葉で始まる。「人は皆、自分の運命からは逃れられない」

スティーブン・ウィルソン、別名「ザ・アイ」(ユアン・マクレガー)は諜報員であり、彼の現在の任務は、裕福な上司の社交界の息子を追跡し、彼がどのようなトラブルに巻き込まれているかを調査することだった。これにより、彼は息子と関係を持っている連続殺人犯のジョアンナ・エリス(アシュレイ・ジャッド)につながり、彼女は息子を殺害した。スティーブンはその犯罪の証人になった。

ピッツバーグのペンシルバニア駅で、エリスはさらに殺人を犯し、スティーブンは応援を呼ぶ準備をしているときについにエリスを追い詰めることができた。スティーブンは彼女を引き渡す代わりに、彼女を救うために彼女の後を追う。彼は、幼い娘(元妻に引き取られて以来会っていない)が自分と一緒にいるという幻覚を頻繁に見ており、エリスを弱い立場にある迷子のようなものだと考えるようになる。

スティーブンは彼女を追って国中を旅し、いくつかの殺人事件を経験する。彼はすぐに、エリスと彼女の父親が非常に貧しかったこと、そしてエリスが男性に対する病的な憎しみを持っていたことを説明して、エリスが彼女を捨てたことを発見した。エリスが空港で裕福な盲人男性(パトリック・バーギン)を助けたことをきっかけに、二人は恋に落ち、婚約し、幸せな生活を送れるかに見えた。このすべてを目撃していたスティーブンは、彼女が再び殺人を起こさないように必死だった。カップルが結婚式のために礼拝堂に向かう途中、スティーヴンがタイヤの片方を撃ち抜き、車が衝突し、エリスの婚約者が死亡した。スティーブンは悲しみに打ちひしがれ砂漠へ向かうエリスを追いかける。

ゲイリー(ジェイソン・プリーストリー)という名前の麻薬中毒者は、車が故障したエリスを拾い上げ、彼女を誘惑した。彼女が彼の誘いを拒否すると、彼は彼女を殴り、意識を失った状態で彼女にヘロインを注射し、彼女が意識を失っている間に彼女をレイプしようとした。スティーブンはエリスを救うために間一髪到着し、ゲイリーを徹底的に殴る。エリスは胎児を亡くし、スティーブンとともにアラスカへ逃亡する。

アラスカでは、エリスがウェイトレスを務めるダイナーの常連客であるスティーヴンは勇気を出してエリスに声をかける。夜、二人は酒を飲みながら感情的になり、エリスは自分が死んだらどこに埋葬したいかについて言及する。それから彼女は、何も提供できるものがないので、放っておくべきだと言った。翌日、警察とエリスの精神科医(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド))、彼女を逮捕するためにダイナーに来た。スティーブンは彼女を救出し、自分のトレーラーに連れて行く。そこで彼女は、彼が彼女を追ってきたことを知り恐怖を感じる。彼女はスティーブンのリボルバーで彼を撃ったが、彼が空の薬莢を装填していたことには気づいていなかった。彼女は逃走し、彼はバイクで彼女を追いかける。彼は彼女に追いついたが、彼女は車を氷で覆われた湖に衝突させ、氷を突き破った。その後、彼はすぐに彼女を車から引きずり下ろしたが、彼女は重傷を負っていた。彼の腕の中で息を引き取る前に、彼女は彼に「あなたが愛していればいいのに」とつぶやいた。

氷の接吻 スタッフ

監督:ステファン・エリオット
脚本:ステファン・エリオット
製作:ニコラス・クレアモント,トニー・スミス
製作総指揮:ヒラリー・ショー,マーク・ダモン
音楽:マリウス・デ・ヴリーズ
撮影:ギイ・デュフォー
編集:スー・ブライニー
配給:日本ヘラルド映画

氷の接吻 キャスト

アイ(EYE):ユアン・マクレガー
ジョアナ・エリス:アシュレイ・ジャッド
アレックス:パトリック・バーギン
ゲイリー:ジェイソン・プリーストリー
ルーシー:アン・マリー・ブラウン / ケイトリン・ブラウン
ヒラリー:k.d.ラング
ブロート博士:ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド

氷の接吻 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ
氷の接吻 [DVD]
オルスタック ピクチャーズ
¥3,018(2024/02/23 17:39時点)