スポンサーリンク

セガvs.任天堂 Console Wars|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

セガvs.任天堂 Console Wars
この記事は約2分で読めます。

2020年製作のアメリカ合衆国の映画。1990年代、アメリカのゲーム業界で繰り広げられたセガvs任天堂の覇権争いを描いたドキュメンタリー。苛烈なゲーム機戦争の裏側で何があったのか―。

セガvs.任天堂 Console Wars 映画批評・備忘録


セガvs.任天堂 (原題:Console Wars)

合計60点

セガと任天堂のアメリカでの戦いを、両社のキーマンが面白おかしく話しているドキュメンタリーになります。セガの卑怯な戦略が露見しているのですが、セガ・アメリカの敵は任天堂アメリカではなく実質セガ・ジャパンだったことが見えてきます。セガのワンマン経営に対し、セガ・アメリカのキーマン達のイジリが笑えます。それにしても任天堂は優等生だなと思えますし、セガの突拍子もない奇襲攻撃や自壊していくエピソードなど興味深い話が聞くことできました。

今作品はU-NEXT で見ました。


セガvs.任天堂 Console Wars あらすじ

1990年、セガは世界の一大ゲーム会社・任天堂に立ち向かうべきチームを立ち上げた。米国におけるセガと任天堂の家庭用ゲーム機を巡る覇権戦争は、「アメリカ資本の企業vs日本で基盤を築いてきた企業 」、「ソニックvsマリオ」 の戦いでもあった。当時の懐かしい16bitゲーム時代の映像を振り返りながら、一大覇権戦争の前線で戦った企業戦士達が当時の状況を語る。

セガvs.任天堂 Console Wars スタッフ

監督:ブレイク・J・ハリス,ジョナ・トゥリス
原作:ブレイク・J・ハリス
製作総指揮:セス・ローゲン,エバン・ゴールドバーグ

セガvs.任天堂 Console Wars キャスト

トム・カリンスキー上別府仁資
豊田信夫杉田智和
アル・ニルセン安齋龍太
ハワード・リンカーン大下昌之
ピーター・メイン西垣俊作
ハワード・フィリップス大塚芳忠

セガvs.任天堂 Console Wars 予告編・無料動画