ロマンス

ロマンス

ピース オブ ケイク|伝説的恋愛コミックを待望の映画化。本気の恋がしたくなるラブストーリー!

ピース オブ ケイクは、2015年公開の日本映画。ジョージ朝倉による伝説的恋愛コミックを超豪華スタッフ&キャストで待望の映画化!現代女性の切ない恋や仕事における、リアルな心情を描いた、本気の恋がしたくなる“超"共感ラブストーリー!映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

快盗ルビイ|ルビィ、ぼく 心臓がもたないよ。小泉今日子&真田広之主演でおしゃれでチャーミングな快盗ルビイの犯罪と恋を描く

怪盗ルビイは、1988年公開の日本映画。おしゃれでチャーミングな快盗ルビイの犯罪と恋を描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

自虐の詩|4コマ漫画の常識を覆した業田良家の同名ベストセラー漫画の実写映画化。

自虐の詩(じぎゃくのうた)は、2007年公開の日本映画。4コマ漫画の常識を覆した業田良家の同名ベストセラー漫画の実写映画化。業田良家の人気4コマ漫画「自虐の詩」を、「トリック」の堤幸彦が映画化。「嫌われ松子の一生」の中谷美紀が再び薄幸のヒロインを演じ、パンチパーマの乱暴夫イサオを阿部寛が演じる。
ロマンス

彼のオートバイ、彼女の島|退屈じゃないのは、オートバイだけなんだ。|本作がデビューとなる竹内力は映画初主演

彼のオートバイ、彼女の島は、1986年公開の日本映画。片岡義男の同名小説の映画化。大林宣彦監督が竹内力、原田貴和子主演で映画化した青春ラブロマンス。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

スローなブギにしてくれ|ふとしたことから巡り合って奇妙な関係を取り結ぶ3人の男女の気になる運命を、独自の感性で綴った異色ドラマ

スローなブギにしてくれは、1981年公開の日本映画。ふとしたことからめぐり合った二人の男と一人の女の奇妙な生活を描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

ひとひらの雪|ヤクザにしないで下さい。|複数女性と関係をもつ中年男の姿を描いた渡辺淳一の同名ベストセラー小説を映画化!

ひとひらの雪は、1985年公開の日本映画。複数女性と関係をもつ中年男の姿を描く。渡辺淳一の同名ベストセラー小説を、荒井晴彦が脚色し根岸吉太郎が監督した。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

陽暉楼|女は競ってこそ華、負けて堕ちれば泥。|土佐の高知の花柳界を舞台に生きる女衒の父と芸妓となった娘との愛憎を描く!

陽暉楼(ようきろう)は、1983年公開の日本映画。西日本一を誇る土佐の高知随一の遊興、社交の場、陽暉楼を舞台に、そこでくり拡げられる様々な人間模様を描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

モテキ|モテない草食系男子なライター・藤本幸世に突然訪れた奇跡の”モテキ”。4人の美女に翻弄されて、幸世は本当の恋愛にたどりつけるのか?

モテキは、2011年公開の日本映画。原作の久保ミツロウが映画のために、ドラマ版の1年後を舞台に完全オリジナルストーリーを描き下ろした。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

恋の渦|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

恋の渦(こいのうず)は、2013年公開の日本映画。合コンを機に集まった9人の男女が過ごす4つの部屋を舞台に、本音と嘘が何重にも交じり合った恋愛の本質を描く。山本政志監督率いる映画ワークショップ「シネマ☆インパクト」内の1企画として制作された。キャストは全員ワークショップで選ばれた俳優陣で構成され、顔合わせ1週間でクランクイン、わずか4日間で撮り上げた。 恋の渦 映画批評・評価・考察 恋の渦脚本:35点演技・演出:14点撮影・美術:14点編集:8点音響・音楽:7点合計78点 あったあったこういう空気感っていう若かりし頃を思い出した作品で、超低予算でもシチュエーションドラマとして非常によ...
ロマンス

濹東綺譚(ぼくとうきだん)|娼婦お雪の真っ赤な恋。─ 日本文学不朽の名作、華やかに完全映画化!

濹東綺譚(ぼくとうきだん)は、1992年公開の日本映画。荷風の小説中、最高傑作ともされ、1960年・1992年(今作)・2010年に映画化された。私娼窟・玉の井を舞台に、小説家・大江匡と娼婦・お雪との出会いと別れを、季節の移り変わりとともに美しくも哀れ深く描いている。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

蛇にピアス|吉高由里子の初主演映画。金原ひとみのデビュー作にして芥川賞受賞作を、演劇界の鬼才・蜷川幸雄が完全映画化!

蛇にピアスは、2008年公開の日本映画。金原ひとみのデビュー作にして芥川賞受賞作を、演劇界の鬼才・蜷川幸雄が完全映画化!吉高由里子の初主演映画にして、大胆なヌードと過激な性描写で話題を集めた。キャッチコピーは「19歳、痛みだけがリアルなら 痛みすら、私の一部になればいい。」映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

愛の渦|笑っちゃうほどむきだしの欲望。集まったのは性欲を満たしたいだけの男女。向かう先は愛か、底なしの欲望か。

愛の渦(あいのうず)は、2014年公開の日本映画。乱交パーティーに集った見ず知らずの男女8人が徐々に欲望を曝け出し本性を露わにしていく姿を真っ向から描いた問題作。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

欲動(よくどう)|バリ島でオールロケを敢行し、病に苦しむ夫とその妻の姿を通して男女の性愛と人間の生死を描く。

欲動(よくどう)は、2014年製作の日本映画。アジアを舞台に活躍する女優・杉野希妃がメガホンをとった監督作品。インドネシア・バリ島でオールロケを敢行し、病に苦しむ夫とその妻の姿を通して男女の性愛と人間の生死を描いた。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

私を抱いてそしてキスして|今、すべての人々が目を注ぐ<人類の存亡>─感動の衝撃作。 はじめてです、こんなに人を愛せたのは。 結婚、してくれますか。

私を抱いてそしてキスしては、1992年公開の日本映画。エイズ感染者の女性が、恋人やジャーナリストに励まされながら懸命に生きていく姿を描く人間ドラマ。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

はいからさんが通る|これでもシャイなの!恋しています。じゃじゃ馬お嬢さん。お嬢さん、お手やわらかに。ハイカラさんは、人さわがせな、つむじ風。

はいからさんが通る(実写版)は、1987年公開の日本映画。大正後期、お転婆でハイカラな女の子が許婚の青年軍人と出逢い、繰りひろげる恋と冒険を描く。大和和紀原作の同名漫画の映画化。阿部寛のデビュー作。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

海猫|たとえ2人の男と愛を交わしても。それが道にはずれた愛だとしても。その極みに「純愛」は存在する──

海猫(うみねこ)は、2004年公開の日本映画。谷村志穂が著した小説を映画化。刺激的な性愛描写が含まれているため、映倫でR15+指定になった。「失楽園」の監督・森田芳光が描く、待望のラブロマネスク 常に“新境地への挑戦”を続ける森田監督と、スケール感溢れる「映画女優」として期待される伊東美咲(初主演)が果敢に挑んだ、≪狂おしいまでに純粋な愛の本能≫。 風雪吹きすさぶ北の海を羽ばたく海猫のように、≪命懸けの純愛≫を巡る激しく濃厚な人間ドラマが生み出す、大きな感動が舞い降りる──。
ロマンス

失楽園|男と女はここまで愛しあえるのか。渡辺文学の頂点、遂に映画化。息をのむ究極の愛。

失楽園(しつらくえん)は、1997年公開の日本映画。渡辺淳一のベストセラー小説を森田芳光監督が映画化し大ヒットを記録した不倫ドラマ。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

化身|男が始める。女が終わらせる。|渡辺淳一のベストセラー小説「化身」を映画化。これが映画初主演となる黒木瞳が、魅力的な女性へと変貌していくヒロインに扮して大胆なヌードも披露

化身(けしん)は、1986年公開の日本映画。若いホステスを自分好みのいい女に変身させようとする男の悲哀を描く。黒木瞳の映画主演デビュー作で、全裸も披露、また阿木燿子も大胆なベッドシーンを演じた。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

昼顔|不倫の末に、夫とも不倫相手とも別れてから3年。偶然再会し、二人はかつての愛を振り切れずに逢瀬を重ねていくが……。

昼顔(ひるがお)は、2017年公開の日本映画。既婚者の道ならぬ恋を取り上げた2014年のドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の後日譚。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

世界の中心で、愛をさけぶ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

世界の中心で、愛をさけぶは、2004年公開の日本映画。高校時代に死別した恋人との想い出を引きずり続ける青年が、過去を辿る旅を経て、やがて現在の恋人と共に生きていこうとする姿を描いた恋愛ドラマ。興行収入85億円、観客動員数620万人を記録し、この年の実写映画No.1になった(興行収入85億円も首位)。主題歌の 平井堅「瞳をとじて」も大ヒットした。 世界の中心で、愛をさけぶ 映画批評・評価・考察 世界の中心で、愛をさけぶ 脚本:36点 演技・演出:18点 撮影・美術:18点 編集:9点 音響・音楽:9点 合計90点 過去と現在をリンクさせながら描く切なく爽やかなラブス...
ロマンス

Love Letter|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

Love Letter(らぶれたー)は、1995年公開の日本映画。雪の小樽と神戸を舞台にしたラブストーリー。テレビドラマやCMなどで活躍していた岩井俊二の劇場用長編映画監督第1作である。※第19回日本アカデミー賞にて、作品が優秀作品賞を、秋葉を演じた豊川悦司が優秀助演男優賞と話題賞(俳優部門)を、少年時代の藤井樹を演じた柏原崇と、少女時代の藤井樹を演じた酒井美紀が新人俳優賞を、REMEDIOSが優秀音楽賞を受賞した。一人二役を演じた中山美穂は、ブルーリボン賞、報知映画賞、ヨコハマ映画祭、高崎映画祭などで主演女優賞を受賞した。1995年度『キネマ旬報』ベストテン第3位、同・読者選出ベストテン第1...
ロマンス

愛のむきだし|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

愛のむきだしは、2009年公開の日本映画。20年ほど前に園子温監督が知り合った「盗撮のプロ」の実話を基に製作され、自身の体験や取材を組み込んだ3時間57分に及ぶ純粋かつ壮絶な恋愛叙事詩。この作品のメインとなる若い3人(ユウ(西島隆弘)、ヨーコ(満島ひかり)、コイケ(安藤サクラ)に共通していることは、親からの愛がほぼ完全に欠如していることであり、その愛を穴埋めするために変態行為、暴力、宗教等に走っている。盗撮、パンチラ、レズビアン、勃起などのキーワードがたびたび登場するためR-15指定である。 園子温監督の23作目の作品で、2008年の第9回東京フィルメックスにおいて観客の投票によって選出...