スポンサーリンク

昆虫大戦争|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

昆虫大戦争
この記事は約3分で読めます。

1968年公開の日本映画。松竹大船撮影所作品。『吸血鬼ゴケミドロ』に続く、終末テーマのSFパニック映画シリーズ。当時泥沼化していたベトナム戦争と東西陣営による核戦争の脅威をテーマに、孤島を舞台に愛憎、スパイ戦、大国のエゴなど、濃厚な人間ドラマが描かれた。「水爆搭載機の墜落と捜索」がストーリーの骨子となっているが、本作公開の二年前の1966年に、パロマレス米軍機墜落事故が起こっており、これは当時かなり現実味の強いテーマだった。

昆虫大戦争 映画批評・備忘録


昆虫大戦争

脚本:20点
演技・演出:13点
撮影・美術:11点
編集:6点
音響・音楽:5点
合計55点

昆虫大戦争のタイトルに惹かれて見たら、あれ?となる事は間違いありません。巨大昆虫やらモンスターが激闘を繰り広げるパニック映画を連想してたら、社会派のSFサスペンス映画だったみたいな感じです。社会派というだけあっていろいろなテーマを盛り込んでいるストーリーでしたが、科学的なリサーチはありません、あきらかに文系が考えそうなものでした。この時代だからこそこの作風なのでしょうが、あまり良い気分では見終えれない作品でした。

amazonプライム・ビデオ

昆虫大戦争 あらすじ

物語は、キノコ雲と「人類は、この瞬間に核エネルギーを手に入れた。その時から核の恐怖が始まった」という字幕で始まる。ある日、ベトナムへ向かう途中の米軍の水爆機が毒虫の大群に襲われ、亜南群島近海に墜落する。亜南群島は、日本敗戦後米軍の占領下となり、20数年ぶりに本土復帰したばかりだった。

米軍はゴードン中佐を隊長に、そばの小島で行方不明の水爆の捜査「折れた矢作戦」が始まるが、この島では異変が起きていた。生物兵器として、かつてナチによる虐待を受けて人間不信となったユダヤ人女性の生物学者アナベルによって、人間を狂わせる猛毒と知能をもたされた昆虫の群れが、「核兵器をもてあそぶ人類は破滅する。しかしその巻き添えで破滅するのはごめんだ!」と人間を襲い始めていたのだ…。

昆虫大戦争 スタッフ

製作:小角恒雄
原案:天田欽元
監督:二本松嘉瑞
脚本:高久進
音楽:菊池俊輔
撮影:平瀬静雄
美術:芳野尹孝
録音:中村 寛
照明:青木辰夫
現像:東洋現像所
協力(特撮監督):川上景司,菅沼峻日本特撮株式会社

昆虫大戦争 キャスト

南雲:園井啓介
秋山譲治:川津祐介
秋山ゆかり:新藤恵美
アナベル:キャシー・ホーラン(声:北浜晴子
チャーリー:チコ・ローランド(声:たてかべ和也
小室:瞳麗子
ゴードン中佐:ロルフ・ジェッサー(声:納谷悟朗
軍医:フランツ・グルーベル
水爆機機長:マイク・ダーニン
米軍司令官:ハロルド・コンウェイ
松永:上田忠好
刑事:青沼三郎
藤井:青山宏
工藤:市村俊幸
南雲の助手:園江梨子
副官:ウォルフラム・ベギシャス
副操縦士:ゲルマン・ライナー
通信兵:ウィリアム・ドュウク
搭乗員:ハッピー・バーマン
声の出演:テアトルエコー

昆虫大戦争 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ