SFパニック

SFパニック

AI崩壊|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

AI崩壊は、2020年公開の日本映画。2030年の日本を舞台に、突如として暴走を始めたAIとそれを阻止しようと奔走する天才科学者の攻防を描く。主役の天才科学者・桐生には世界を舞台に活躍する俳優=大沢たかお、すべての鍵を握る有能なAI管理者に賀来賢人、桐生を追う天才捜査官に岩田剛典、泥臭い捜査で桐生に迫る刑事に三浦友和と広瀬アリス、桐生の亡き妻に松嶋菜々子のほか、豪華実力派キャストが集結!キャッチコピーは「その日、AIが命の選別を始めた」。 AI崩壊 映画批評・評価・考察 AI崩壊(えーあいほうかい)脚本:25点演技・演出:10点撮影・美術:16点編集:7点音響・音楽:7点合計65点 ...
SFパニック

日本以外全部沈没|日本以外すべて消える。64億420万人の日本以外全ての外国人に捧ぐ

日本以外全部沈没(にほんいがいぜんぶちんぼつ)は、2006年公開の日本映画。 小松左京の大ベストセラー小説「日本沈没」を、強烈に皮肉った筒井康隆のパロディ小説「日本以外全部沈没」を、本家「日本沈没」のリメイク映画化に対抗し(あやかって?)、かの河崎実監督が完全映画化した作品。
SFパニック

首都消失|日本の「心臓」が止まった・・・その時!明日にも起こるかもしれない衝撃のスペクタクル巨編。

首都消失(しゅとしょうしつ)は、1987年公開の日本映画。SF作家小松左京の同名小説を映画化。首都東京の上空を雲が覆い、連絡がとれなくなり、日本がパニックに陥るというSFパニック映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFパニック

昆虫大戦争|人類絶滅の危機!異常発生を続ける猛毒昆虫群の大襲撃!現代の科学も及ばぬ恐怖の謎!

昆虫大戦争(こんちゅうだいせんそう)は、1968年公開の日本映画。松竹大船撮影所作品。『吸血鬼ゴケミドロ』に続く、終末テーマのSFパニック映画シリーズ。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFパニック

漂流教室|学校が突然、消えた!時を超え遥か「異空間」へ|楳図かずおの同名SFコミックを映像化。

漂流教室(ひょうりゅうきょうしつ)実写版は、1987年公開の日本映画。ある日、突然学校が未来にタイム・スリップする。中にいた先生と生徒の必死のサバイバルを描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFパニック

ノストラダムスの大予言|1999年人類滅亡!残された恐怖の25年、科学の粋と無限のイマジネーションを集めて、鮮烈の映像化

ノストラダムスの大予言は、1974年公開の日本映画。前年の『日本沈没』の大ヒットを受けて東宝が製作したパニック映画の第二弾。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFパニック

日本沈没|溶岩の血を流し咆哮する火山列島!一億の民族をのせ、ああ日本が沈む!

日本沈没(にほんちんぼつ)は、1973年公開の日本映画。同年に刊行された小松左京原作小説の映像化作品。配給収入は16億4000万円(1974年邦画部門配給収入1位)を挙げる大ヒットを記録。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFパニック

感染列島|神に裁かれるのは、人間か?ウィルスか?人類が体験したことがない新型ウイルスが原因で起こる、感染拡大の恐怖と闘う人々の姿を描く

感染列島(かんせんれっとう)は、2009年公開の日本映画。人類が体験したことがない新型ウイルスが原因で起こる、感染拡大の恐怖と闘う人々の姿を描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFパニック

復活の日|神が仕組んだ壮大なドラマ。人類は地球を誰にゆずるのか ─ 全世界死滅!日本映画史上空前のスペクタクル巨編!

復活の日は、1980年公開の日本映画。角川春樹事務所とTBSが共同製作し、東宝が配給した。アメリカ大陸縦断ロケや南極ロケを敢行し、総製作費は25億円とも32億円ともいわれたSF大作映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。