富江 アナザフェイス 57点

富江 アナザフェイス

1999年製作の日本映画。ビデオ映画。3つのVシネマエピソードで構成されるテレビシリーズでしたが、後に長編映画に編集された作品です。

富江 アナザフェイス 映画批評・備忘録



富江 アナザフェイス

脚本:22点
演技・演出:12点
撮影・美術:10点
編集:7点
音響・音楽:6点
合計57点


テレビシリーズを長編映画化した作品ですが、編集は良くできていますし、ストーリーも映画『富江』よりも分かりやすい内容です。こちらの方が原作に近い印象ですが、あくまでも印象で富江役の永井流奈の演技がどうにかならなかったのかなと思います。映画版は女優陣の演技力に対して男優の演技不足がひどかったのですが、今作は逆です。富江に翻弄される男たちの演技が上手いんです。富江の棒読みセリフが不気味に感じる部分はあるのですが、ゾクリとするものが無くホラー映画にならなかったです。世にも奇妙な物語のエピソード程度でそれなりに楽しめる作品だとは思います。

今作品は Huluで見ました。


amazonプライム・ビデオ

富江 アナザフェイス あらすじ(ネタバレ)

第1話では、富江が高校生として紹介され、その遺体は路上でゴミが山積みになっているのを発見されたばかりです。彼女は元カレと再会するために戻ってきた。彼は以前に富江に彼女を残していたので、元カノは最初からやり直すことを考えている。そんな中、トレンチコートと眼帯を着た男が富江を追いかけて写真を撮っている。元カノは学校の屋上で富江の本性を彼氏にさらし、結局富江は屋上から投げ出される。二人は彼女を深い墓の森に埋めに行き、彼らの仕事を隠す計画を立て始めます、しかし彼らが朝学校に歩いているとき、富江は彼らに立ち向かうために奇跡的にそこにいます。

第2話は、写真への情熱を失ったが、今度はバーで一種のモデル/ダンサーである富江を見つけたときにそれを取り戻す写真家に焦点を当てています。彼女は彼にその情熱を与えた彼の過去からの女の子に似ており、彼女の許可を得て彼女の写真を何枚か撮り始めます。眼帯を持った男は、写真撮影の間、まだ富江を追いかけています。富江が写真家のベッドで寝ている間、彼は写真を現像して、それぞれが富江の顔と近くのグールの顔の2つの顔を持っていることを発見しました。それは彼のレンズではないと確信し、彼は富江にこれを伝え、彼女は彼女が幽霊ではないことを証明するために彼女を殺すように彼に言います。彼女が幽霊だったら、彼女は死ぬことができなかった。当然、彼女は死にますが、写真家が自分の体を車で運んでいるとき、彼女は生き返り、車から彼を怖がらせます。彼の走りは彼を彼の過去からの女の子を見た場所に連れて行きます、そして彼は前に死んだ富江が彼の後ろに現れるとき両方が富江であることを発見します。彼は崖から倒れ、前に死んだ富江は彼の体に立ち、ニヤリとVサインを作り、彼の過去の富江は彼らの写真を撮ります。

最後のエピソードでは、富江は20代前半から半ばの若い女性であり、ボーイフレンドからプロポーズされようとしています。彼女は後に眼帯を持った男に襲われそうになり、彼女への愛を証明するために彼氏を送ってこの男を殺しました。男との対決の最中に、彼氏は服従に味わわれ、太田という名前のトレンチコートを着た男が警察署の元検死官であり、富江は彼が検死を行わなければならなかった遺体の1人であることがわかりました。彼女はその過程で彼の目を刺し、這い去った。太田は彼氏に他の犯罪現場の写真をいくつか見せている。全員が富江で、さまざまな場所や方法で殺されました。富江の遺体を失ったことで解雇され、妻は富江を離れて子供たちを連れて行った。彼の人生を台無しにするために、太田は富江を完全に殺す方法を探しています。彼は富江を殺す方法も探しているなら彼に電話するように彼に言います。彼氏は後に公園で目を覚まし、富江は彼にどこにいたのか尋ねた。太田を殺さなかったことを知った富江は、婚約指輪を地面に投げて立ち去る。彼氏がナイフを取り出して富江を追いかけるのが見えます。その後、太田に連絡を取り、富江の遺体を太田が待っている焼却炉に運ぶ。富江の遺体はバンの後ろにあるが、彼女は死んでいない-彼氏は彼が彼女を殺すことは決してできないと言っている。太田はなんとか体を焼却炉に入れて燃やしたが、すぐに灰が集まって太田の前で顔を空中に浮かび上がらせた。彼女は彼に、決して死ぬことはなく、彼女の灰の一つ一つが新しい富江になるだろうと言います。彼氏は後に公園で目を覚まし、富江は彼にどこにいたのか尋ねた。太田を殺さなかったことを知った富江は、婚約指輪を地面に投げて立ち去る。彼氏がナイフを取り出して富江を追いかけるのが見えます。その後、太田に連絡を取り、富江の遺体を太田が待っている焼却炉に運ぶ。富江の遺体はバンの後ろにあるが、彼女は死んでいない-彼氏は彼が彼女を殺すことは決してできないと言っている。太田はなんとか体を焼却炉に入れて燃やしたが、すぐに灰が集まって太田の前で顔を空中に浮かび上がらせた。彼女は彼に、決して死ぬことはなく、彼女の灰の一つ一つが新しい富江になるだろうと言います。彼氏は後に公園で目を覚まし、富江は彼にどこにいたのか尋ねた。太田を殺さなかったことを知った富江は、婚約指輪を地面に投げて立ち去る。彼氏がナイフを取り出して富江を追いかけるのが見えます。その後、太田に連絡を取り、富江の遺体を太田が待っている焼却炉に運ぶ。富江の遺体はバンの後ろにあるが、彼女は死んでいない-彼氏は彼が彼女を殺すことは決してできないと言っている。太田はなんとか体を焼却炉に入れて燃やしたが、すぐに灰が集まって太田の前で顔を空中に浮かび上がらせた。彼女は彼に、決して死ぬことはなく、彼女の灰の一つ一つが新しい富江になるだろうと言います。彼氏がナイフを取り出して富江を追いかけるのが見えます。その後、太田に連絡を取り、富江の遺体を太田が待っている焼却炉に運ぶ。富江の遺体はバンの後ろにあるが、彼女は死んでいない-彼氏は彼が彼女を殺すことは決してできないと言っている。太田はなんとか体を焼却炉に入れて燃やしたが、すぐに灰が集まって太田の前で顔を空中に浮かび上がらせた。彼女は彼に、決して死ぬことはなく、彼女の灰の一つ一つが新しい富江になるだろうと言います。彼氏がナイフを取り出して富江を追いかけるのが見えます。その後、太田に連絡を取り、富江の遺体を太田が待っている焼却炉に運ぶ。富江の遺体はバンの後ろにあるが、彼女は死んでいない-彼氏は彼が彼女を殺すことは決してできないと言っている。太田はなんとか体を焼却炉に入れて燃やしたが、すぐに灰が集まって太田の前で顔を空中に浮かび上がらせた。彼女は彼に、決して死ぬことはなく、彼女の灰の一つ一つが新しい富江になるだろうと言います。しかし、彼女の灰はすぐに集まり、太田の前で空中に顔を作ります。彼女は彼に、決して死ぬことはなく、彼女の灰の一つ一つが新しい富江になるだろうと言います。しかし、彼女の灰はすぐに集まり、太田の前で空中に顔を作ります。彼女は彼に、決して死ぬことはなく、彼女の灰の一つ一つが新しい富江になるだろうと言います。

富江 アナザフェイス スタッフ

監督:猪俣敏郎
原作:伊藤潤二
脚本:及川章太郎
音楽:村田英昭

富江 アナザフェイス キャスト

永井流奈
白井昇
金子統昭
田中千絵
奥野敦士
吉田智則

富江 アナザフェイス 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ