スポンサーリンク

ライフ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

映画 ライフ
この記事は約6分で読めます。

2017年公開のアメリカ合衆国の映画。国際宇宙ステーションを舞台に、火星で発見された生命体の脅威にさらされた宇宙飛行士たちの運命を描く。傑作SFホラー「エイリアン」をほうふつとさせる恐怖を生み出したのは、レット・リース&ポール・ワーニックの脚本家コンビ。「デッドプール」の制作チームと聞くだけで、「絶対に面白い(怖い)はず」と確信できる。「チャイルド44 森に消えた子供たち」を手掛けたダニエル・エスピノーサ監督が、恐るべき緊張感と衝撃を描き出した。

ライフ 映画批評・備忘録


ライフ(原題:Life)

脚本:35点
演技・演出:18点
撮影・美術:19点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計88点

『エイリアン』や『ゼロ・グラビティ』を組み合わせたような作品との評が多い作品ですが、それ以上に多く作品の影響を受けているように思えました。過去の名作SF映画のエレメントを上手に取り入れた作品だと思います。それがラストの衝撃にも繋がるわけです。

結末に至るまでの乗員たちの自己犠牲やサバイバルアクションは、名作SFドラマ要素で組み立てられ、胸が熱くなる演出でしたし、クリーチャーの要素はSFホラーに出てきたエイリアンやモンスター達の要素が組み合わさったような能力でした。

ラストについては、SF映画といえば。。。かつて現世代への警告(のような終わり方)というのが多かったのですが、SFホラーが『エイリアン2』あたりから娯楽化が進んでいき、SFアクションホラーになり、エンタメ性が重視される傾向になりました。

今作品は、『猿の惑星』や『SFボディ・スナッチャー』を思い浮かぶ原点回帰のような演出でした。

その他に、国際宇宙ステーションを細かく再現しているところや、我らが真田広之を準主役級で大活躍させてるところなど見どころ満載の作品です。


amazonプライム・ビデオ

ライフ [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥1,386(2021/08/25 06:15時点)

ライフ あらすじ(ネタバレ)

近未来、無人火星探査機ピルグリムが火星から地球軌道に戻り、土壌サンプルには地球外生命の証拠が含まれている可能性がありました。プローブは国際宇宙ステーションによって傍受され、6人の乗組員がサンプルを回収します。宇宙生物学者のヒュー・デリーは、サンプルから休眠中の細胞を復活させます。この細胞は、アメリカの学童が「カルビン」と名付けた多細胞生物に急速に成長します。デリーは、カルビンの細胞がその特殊化を変えて、筋肉、ニューロン、および光感覚細胞として一度に機能できることを気づきました。

デリーがカルビンについてさらに研究を行っていると、それは彼の手を押しつぶし、彼を気絶させました。カルビンはその囲いから逃げ出し、実験用ネズミをむさぼり食い、サイズを大きくします。エンジニアのロリー・アダムスはデリーを救助しますが、カルビンが彼を攻撃すると、ラボで隔離されます。アダムスはカルビンと火炎放射で戦いますが、燃料が底をつくと、口から体内に侵入されてしまい、殺されてしまいました。カルビンは射撃統制装置の通気口から脱出します。その後すぐに、ステーションの通信システムが過熱し、地球とのすべての接触が遮断されます。ISSの司令官エカテリーナ・ゴロフキナは、問題を見つけて修正するために船外活動を行います。船外にいたカルビンが彼女を攻撃し、彼女の宇宙服の冷却システムを破壊しました。彼女のスーツが冷却水で満たされると、ゴロフキナはやみくもにエアロックに向かいます。彼女と乗組員は、彼女を入れればカルビンがステーションに再び入ることを理解しているので、彼女は外にとどまり、冷却水で溺れることを選択します。

カルビンは、操縦スラスターを介してステーションに侵入しようとします。乗組員はスラスターを発射して爆破しますが、燃料を大量に排出するため、ISSは減衰軌道になり大気圏に降下してしまいます。航空エンジニアのショウ・ムラカミは、ISSの残りの燃料を使用して、カルビンが侵入できるとしても、安全な軌道に戻ることを提案します。乗組員はステーションの片側でロックし、カルビンを休眠状態にするために反対側から大気を放出する準備をします。デリーは弱くなり、予期せず死にます。乗組員は、デリーが腰の下に感覚のない対麻痺であったために、カルビンが彼の足に巻き付いて彼を食べていたことを発見しました。その後、攻撃されます。ショウ・ムラカミは睡眠ポッドの中に身を封じ、カルビンは中に侵入しようとします。医師のデイビッド・ジョーダンと検疫官のミランダ・ノースは、デリーの死体を餌として使用して、カルビンを誘い出し、反対側に閉じ込めます。

ソユーズ宇宙船は宇宙空間にステーションを押しだす試みでISSにドッキングしました。これは地球を保護するためのフェイルセーフです。これが救助だと信じたショウ・ムラカミはソユーズに乗り込む。彼の後には、ソユーズの乗組員を殺すカルビンが続きます。ドッキング解除が発生し、ショウ・ムカラミはカルビンをソユーズに閉じ込めようとして失敗したために自分自身を犠牲にしました。ソユーズは分離してISSに衝突し、ISSの軌道を再び崩壊させます。

残りの生存者であるジョーダンとノースは、カルビンが地球の大気圏への突入を生き残ることができると推測しているので、彼らはカルビンをISSの2つの脱出ポッドの1つに誘い込むことを計画しています。中に入ると、ジョーダンはカルビンを含むポッドを手動で深宇宙に操縦し、それを隔離して、ノースがもう一方のポッドで地球に戻ることを可能にします。彼らの計画は明らかに機能します。しかし、ノースのポッドは最終的に破片にぶつかり、ジョーダンはポッド内のカルビンに攻撃されます。しかし、カルビンはジョーダンを殺さず、繭の形で彼を包みます。ノースのポッドが一方向に飛ぶと、彼女はカルビンの脅威を地球に警告するメッセージをブラックボックスを記録します。最終的に、これら2つのポッドの1つは海に着陸し、ベトナムの漁師によって発見され、もう1つのポッドは地球から離されていきました。ベトナムの漁師が見つけたのは、ノースのポッドではなく、ヨルダンのポッドであることが判明しました。ベトナムの漁師は警告にもかかわらずジョーダンのポッドを開き、他のボートが現場に到着しているのが示されています。ノースのポッドは、彼女が叫んでいる間、制御不能に深宇宙に飛んでいるのが示されています。

ライフ スタッフ

監督:ダニエル・エスピノーサ
脚本:レット・リース,ポール・ワーニック
製作:デヴィッド・エリソン,ダナ・ゴールドバーグ,ボニー・カーティス,ジュリー・リン
製作総指揮:ドン・グレンジャー,ヴィッキー・ディー・ロック
音楽:ヨン・エクストランド
撮影:シェイマス・マクガーヴェイ
編集:フランシス・パーカー,メアリー・ジョー・マーキー
製作会社:スカイダンス・プロダクションズ
配給:コロンビア ピクチャーズ,ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

ライフ キャスト

デビッド・ジョーダン – ジェイク・ジレンホール: 医者
ミランダ・ノース – レベッカ・ファーガソン: 検疫官
ローリー・アダムス – ライアン・レイノルズ: 航空エンジニア
ショウ・ムラカミ – 真田広之: システム・エンジニア
ヒュー・デリー – アリヨン・バカレ: 宇宙生物学者
エカテリーナ・“キャット”・ゴロフキナ – オルガ・ディホヴィチナヤ:司令官

ライフ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

ライフ [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥1,386(2021/08/25 06:15時点)