スポンサーリンク

ハムナプトラ/失われた砂漠の都|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ハムナプトラ/失われた砂漠の都
この記事は約11分で読めます。

1999年公開のアメリカ合衆国の映画。砂漠の奥地に眠る”死者の都”に財宝探しに赴いた一行。封印されていた邪悪な呪いをうっかり解き放してしまい、呪われたミイラがこの世によみがえり…。スティーヴン・ソマーズ監督・脚本のアドベンチャー映画。1959年に英国ハマー・フィルム・プロダクションが制作した『ミイラの幽霊』(テレンス・フィッシャー監督)に続き、1932年公開の『ミイラ再生』(カール・フロイント監督)の二度目のリメイク作品である。

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 映画批評・備忘録


ハムナプトラ/失われた砂漠の都(原題:The Mummy)

脚本:36点
演技・演出:17点
撮影・美術:17点
編集:8点
音響・音楽:9点
合計87点

初見は劇場で見ましたが、今作が公開された当初、話題になっておらず一番小さいスクリーンでの鑑賞になってしまいました。しかし予想を大きく裏切り、面白くて楽しめた思い出があります。他の観客の反応も上々で楽しめてる空気感が漂っていました。インディ・ジョーンズと比較されがちですが、これはこれで面白いと思うんです。主演のブレンダン・フレイザーが、愛嬌があって親近感が沸くキャラクターなのも良いし、エヴリン役のレイチェル・ワイズが魅力的なんですよね。イムホテップ役のアーノルド・ヴォスルーは完全な当たり役でしたね。どこかコミカルなところも良いですし、個性的な悪役として印象的でした。ダークマン2,ダークマン3の演技がここで活きたのかもしれませんね。


amazonプライム・ビデオ
今作品はU-NEXT で見ました。

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 あらすじ(ネタバレ)

今から約3000年前。大神官イムホテップはセティ1世の愛人であるアナクスナムンと恋に落ちる。セティ1世から仲を疑われた2人はとっさに彼を殺害。イムホテップはアナクスナムンを生き返らせることを彼女に約束し逃亡、アナクスナムンは自害する。死者の書を手に、死者の都ハムナプトラへ赴き儀式を行うイムホテップだが、完遂を目前にして王の兵団が乱入。儀式の中断によりアナクスナムンの蘇生は失敗に終わる。部下の僧たちは罰として生きながらミイラにされ、イムホテップは“その残酷さゆえに一度も行われたことが無い”という禁断の呪い「ホムダイ」にかけられ、石棺に封じ込められた。

1923年。フランス外人部隊所属のリック・オコーネルは、部隊がトゥアレグ族に敗北、部下のベニーにも見放され、1人で砂漠を放浪するはめになる。3年後、死刑が確定し、カイロ刑務所に服役していたオコーネルの元を、カイロ博物館に勤務する女性エヴリンとその兄でお宝目当てのジョナサンが訪れ、救い出す。

船でハムナプトラに向かうオコーネル一行は、同じくハムナプトラを目指すアメリカ人のグループと、彼らの案内役を務めるベニーに遭遇する。途中で謎の組織からの攻撃を受け、船は沈没するも、彼らはハムナプトラに辿り着いた。

敵対しながら発掘作業を進める2つのグループを再び謎の組織が襲い、「去らねば死ぬ」と言い残して去る。そして、アメリカ人達は死者の書を、エヴリン達は謎の石棺とそこに眠る生乾きの奇妙なミイラを発見する。こっそり拝借した死者の書をエヴリンが解読し音読すると、叫び声をあげるミイラ。イムホテップが蘇ったのだ。

イムホテップは人々の生気を吸うたびに完全復活していき、呪いから復活するとエジプトに10の災いが起きると言われ、蝗の大群の襲撃、火球の落下、日蝕、水が血に染まるなどの異変が次々と起きる。ベニーはイムホテップに仕えることで、生気を吸われることを免れた。オコーネル一行は太古よりイムホテップの復活を防いで来た集団「メジャイ」らと協力し、イムホテップを倒す相談をしている途中、イムホテップはアナクスナムンを復活させる為の生け贄としてエヴリンを選び、連れ去る。

「メジャイ」の指導者アーデスとオコーネル、ジョナサンは再びハムナプトラに向かい、イムホテップを倒す方法が書かれている黄金の書「アムン・ラーの書」を発見する。リックは手下のミイラ達を次々と倒していくなか、ジョナサンは「アムン・ラーの書」を解読しようとする。エヴリンは、甦ったアナクスナムンに襲われる。ジョナサンは必死に書の解読を試みたが、誤ってミイラ衛兵達を呼び出す呪文を読み上げてしまい、召喚してしまった事で更なる窮地に陥らせてしまう。ミイラ衛兵達の襲撃に遭いながらも、どうにかかわしつつ、順調に解読する。最後のコウノトリの文字だけがわからなかったもののエヴリンの力を借りてどうにか解読に成功。間一髪でミイラ衛兵達を味方に付けることに成功し、アナクスナムンはジョナサンの命令によってミイラ衛兵によって殺害される。それに怒り狂ったイムホテップは再度リックに襲い掛かったが、「アムン・ラーの書」を手にしたエヴリンに封印の呪文を唱えられた事でようやく倒された。

イムホテップの目を盗んで財宝を持ち出そうとしていたベニーが、ハムナプトラ諸共崩す罠を起動してしまう。ジョナサンが本を落としてしまうが、彼ら3人はハムナプトラから脱出する。逃げ遅れたベニーはハムナプトラに閉じ込められ、夥しい数のスカラベに襲われて死んだ。リック、エヴリン、ジョナサン、アーデスの4人は無事に生還し、ベニーが駱駝に積んだ財宝を持ち帰る。

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 スタッフ

監督:スティーヴン・ソマーズ
脚本:スティーヴン・ソマーズ
製作:パトリシア・カー,ショーン・ダニエル,ジェームズ・ジャックス
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
撮影:エイドリアン・ビドル
編集:ボブ・ダクセイ
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ,UIP

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 キャスト

リック・オコーネル(Rick O’Connell)ブレンダン・フレイザー
外国人部隊に所属していた勇猛果敢なアメリカ人。3年前にハムナプトラ付近での戦闘中に謎の超常現象によって命拾いした。その後、カイロ刑務所に投獄されていたところをエヴリンらに救われ、共にハムナプトラへ向かうこととなる。容姿は整っており、身だしなみを整えて現れたリックを見たエヴリンはときめいていた。

エヴリン・カナハン(Evelyn Carnahan)レイチェル・ワイズ
カイロ博物館に勤務するイギリス人女性。母親はエジプト人のハーフ。好奇心や冒険心が旺盛で、時にはしたたかさも見せるが、そそっかしい部分もある。博物館での資料発見をきっかけにハムナプトラ探索に乗り出す。“死者の書”を解読し、事件の幕上げ役となる。その後事態の収拾の為に“アムン・ラーの書”を見つけることを決意するも、イムホテップにアナクスナムンを復活する為の生け贄に選ばれてしまう。

ジョナサン・カナハン(Jonathan Carnahan)ジョン・ハナー
エヴリンの兄。風来坊で根っからの遊び人でもあるお調子者な三枚目。常に金儲けが頭にあり、ハムナプトラ探索への協力もお宝が目当てである。ペテン師だけあって機転が利くほか、射撃の心得もある[5]。基本的には善良で正義感はあり、妹想いの一面もある。最後の戦いではアムン・ラーの書を解読しようとするが間違えてミイラ衛兵を呼び出す呪文を唱えてしまい、逆にリックを窮地に追い込んでしまう。エヴリンの力を借りてなんとか解読してミイラ衛兵に命令してアナクスナムンを殺害に成功し、リックとエヴリンを危機から救う。ハムナプトラ脱出の際にうっかりアムン・ラーの書を落としてしまった。

イムホテップ(Imhotep)アーノルド・ヴォスルー
約3000年前の大神官。セティ1世の愛人であるアナクスナムンと禁断の恋に落ちる。彼女と共にセティ1世を殺害し、自身はその場から逃亡する。その後、自害したアナクスナムンを生き返らせるためハムナプトラへ赴き儀式を行うが、完遂を目前にして捕えられる。「ホムダイの刑」に処され、ハムナプトラに封印された。しかし、永い時を経て“死者の書”により蘇生、復活直後こそは、干からびたミイラの姿だったものの、バーンズから眼球と舌を奪い取った後、後述の「アメリカ人グループ」の生気と水分を吸収して、徐々に生前の姿を甦らせていく。完全に元の姿に戻っていない不完全な内は聖獣の化身である猫が苦手であり、その姿を見ただけで恐怖におののき2度退却している。また、身体を自在に砂に変化させる事が可能であり、鍵穴等の狭い穴から、部屋に侵入することが出来る他、砂の中に人間を取り込みながらの移動や取り込んだ人間の生気と水分を吸収することも可能。完全に元の姿に戻って復活をし切ると、エヴリンをアナクスナムン復活の器とした儀式の成功を画策するが、リック達に敗れて「死は始まりにすぎない」と言い残した後再び封印される。

ベニー・ガーバー(Beni Gabor)ケヴィン・J・オコナー
外国人部隊でのリックの部下。臆病者且つ間抜けな性格で憎めないところもあるが、本性は狡猾で自己中心的。3年前のハムナプトラでの戦闘でリックを見捨てて逃走したが、リックらと同じくハムナプトラ発掘を目指すアメリカ人グループの案内役として再会する。イムホテップ復活後はその部下となる[6]がハムナプトラに到着後、黄金を持ち逃げしようとする。イムホテップが再封印された後で誤ってハムナプトラ諸共崩す罠を起動させてしまい、リック達を見付け脱出しようとするも間に合わず一人ピラミッド内に取り残され、スカラベの大群に貪り食われるという因果応報な最期を遂げた。

アーデス・ベイ(Ardeth Bay)オデッド・フェール
太古よりハムナプトラを守護しイムホテップ復活を防いできた集団「メジャイ」の戦士。剣術の達人。一見堅物だが、生まれて初めて乗る飛行機に興奮するなど茶目っ気も見せる。ハムナプトラを目指すリックらを守護者として度々妨害するが、イムホテップの復活後は共に闘う。

テレンス・ベイ博士(Dr. Terrence Bey)エリック・アヴァリ
カイロ博物館館長。館内で度々トラブルを起こすエヴリンに手を焼いている。ハムナプトラへの地図を発見したエヴリンやジョナサンに対してハムナプトラは空想だと一蹴した上、直後にアクシデントで地図を燃やしてしまう。その正体はアーデスと同じ「メジャイ」の一員。完全復活を遂げたイムホテップがけしかけたゾンビの大軍にリック達と共に襲われ、自ら足止めを担うも最後はイムホテップの奴隷達に嬲り殺された。

アレン・チェンバレン博士(Allen Chamberlain)ジョナサン・ハイド
挙動不審なエジプト学者。ハムナプトラ行きの目的は学術的調査。呪いを信じないエヴリンとは違いハムナプトラの呪いに注意をしており、死者の書を読み上げていたエヴリンを止めようとした。カイロへ逃げ帰った後は単独行動を取っていたが、リック達が発見した際には既に生気を吸収されていた。アメリカ人グループの犠牲者第二号。

アイザック・ヘンダーソン(Isaac Henderson)スティーヴン・ダンハム
金髪が特徴のアメリカ人グループメンバー。ハムナプトラ行きの船でメジャイの戦士からジョナサンを救う。その後はカイロのホテルでエヴリンを警護していた最中、イムホテップに襲われ、アメリカ人グループの犠牲者第三号となる。

デヴィッド・ダニエルズ(David Daniels)コーリイ・ジョンソン
アメリカ人グループのリーダー格。イムホテップから逃げる途中、車から振り落とされ、イムホテップに生気を吸収される。グループ最後の犠牲者。彼の生気を吸収したイムホテップは完全な復活を果たした。

バーナード・バーンズ(Bernard Burns)タック・ワトキンス
財宝目当てにハムナプトラへと向かったアメリカ人グループのメンバー。丸渕の眼鏡がトレードマークだが、ハムナプトラではそれが仇となり、混乱の最中に事故で眼鏡が壊れて行動不能になったところを、イムホテップに襲われて目と舌を失う重傷を負う。メジャイの戦士達に助けられて一旦はカイロへ逃げ帰るもベニーに陥れられる形でイムホテップと再度相対させられ、生気を吸収されて死亡。アメリカ人グループの犠牲者第一号となる。因みに生気を吸われた犠牲者は干からびたミイラのような姿になってしまう。

ガド・ハッサン(Gad Hassan)オミッド・ジャリリ
リックが投獄されていたカイロ刑務所所長。エヴリンらに対して自分に有利な条件を付けてリックを釈放し共にハムナプトラへ向かうが、発掘中にスカラベが体内に侵入し、パニックに陥った末に壁に頭を強打して命を落とす。ジョナサン曰く「ゴキブリみたいな奴だったが、酒の趣味はいい」。

ウィンストン・ハブロック(Winston Havelock)バーナード・フォックス
リックの知人の英国空軍パイロット。戦場で死ぬ事を望む程の誇り高い兵士だが、第一次大戦終戦後カイロの酒場で怠惰と酒だけの日々を送っていた。
エヴリン奪還の為、再度ハムナプトラへと向かう事になったリック達の為に自ら飛行機を飛ばすも、イムホテップの術を前に激しい空戦を繰り広げた末、最後は墜落し本人が望んでいた“名誉ある”戦死を遂げ、骸は流砂に呑まれてしまった。

アナクスナムン(Anck Su Namun)パトリシア・ヴェラスケス
セティ1世の愛人。イムホテップと恋に落ち、セティ1世殺害後に自ら囮となって彼を逃がして自害する。程なくイムホテップが死者の書を用いて儀式を行い、復活しかけるが儀式が中断してしまい失敗する。3000年後にイムホテップの儀式により復活する。生け贄であるエヴリンに襲い掛かるも、アムン・ラーの書を解読し、ミイラ衛兵達を味方に付けたジョナサンによって殺害された。

セティ1世(Seti I)アーロン・イパール
3000年前のエジプトのファラオ。大神官イムホテップと自身の愛人アナクスナムンによって殺害された。

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

ハムナプトラ 映画シリーズ

ハムナプトラ/失われた砂漠の都|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1999年公開のアメリカ合衆国の映画。砂漠の奥地に眠る"死者の都"に財宝探しに赴いた一行。封印されていた邪悪な呪いをうっかり解き放してしまい、呪われたミイラがこの世によみがえり...。スティーヴン・ソマーズ監督・脚本のアドベンチャー映画。1959年に英国ハマー・フィルム・プロダクションが制作した『ミイラの幽霊』(テレンス・フィッシャー監督)に続き、1932年公開の『ミイラ再生』(カール・フロイント監督)の二度目のリメイク作品である。 ハムナプトラ/失われた砂漠の都 映画批評・備忘録 ハムナプトラ/失われた砂漠の都(原題:The Mummy)脚本:36点演技・演出:17点撮影・美術:17...
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2001年公開のアメリカ合衆国の映画。1999年の映画『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』の続編で、リックとエヴリンは結婚し、二人の間に生まれたアレックスという息子が新しいキャラクターとして加わっている。腕輪が映し出す黄金のピラミッド―そこに隠された謎は解けるのか!?大ヒット・アドベンチャー大作の続編! ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 映画批評・備忘録 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド(原題:The Mummy Returns)脚本:34点演技・演出:17点撮影・美術:16点編集:6点音響・音楽:7点合計80点 前作以上の作品するべくスケールアップした続編で、スコーピオン・キングなど...
ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2008年公開のアメリカ合衆国の映画。1999年の映画『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』、2001年の映画『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』の続編で、物語の舞台をエジプトから中国に移した。1、2作目にエヴリン・オコーネル(1作目は結婚前のカナハン)役で出演したレイチェル・ワイズは降板し、代役はマリア・ベロとなった。 ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 映画批評・備忘録 ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝(原題:The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor) 脚本:28点演技・演出:9点撮影・美術:17点編集:6点音響・音楽:7点合計67点 メインキャス...
スコーピオン・キング|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2002年公開のアメリカ・ドイツ・ベルギー合作映画。「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」に登場したキャラクター“スコーピオン・キング”を主役にしたスピンオフ映画。砂漠に住む種族を支配すべく殺戮を繰り広げる邪悪な王・メムノンに、スコーピオン・キングが戦いを挑む。 スコーピオン・キング 映画批評・備忘録 スコーピオン・キング(原題:The Scorpion King)脚本:25点演技・演出:11点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:7点合計63点 プロレスラー・ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンが俳優として一躍有名となった初主演映画が今作なのですが、『ハムナプトラ2/黄金のピラミッ...