スポンサーリンク

ゴースト・オブ・マーズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ゴースト・オブ・マーズ
この記事は約5分で読めます。

2001年公開のアメリカ合衆国の映画。西暦2176年、地球人によって植民地化された火星を舞台に、火星の先住民族の亡霊と人間の死闘を描いたSFホラー。鬼才ジョン・カーペンターが監督・脚本・音楽を担当。登場する敵キャラクターは憑依する肉体が滅めば新たな肉体に憑依するもので不死のゾンビでは無いが、日本公開当時、映画誌などで多くのプロレビュアーが「ゾンビ映画」として紹介している。米国では、リリース以来、アクションシーケンス、サウンドトラック、ジャンルのブレンドを賞賛する批評家とともに、熱狂的な支持を受けている。

ゴースト・オブ・マーズ 映画批評・備忘録


ゴースト・オブ・マーズ(原題:Ghosts of Mars)

脚本:25点
演技・演出:13点
撮影・美術:15点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計67点

火星の先住民の悪霊が憑りつき自傷行為を繰り替えしはじめたら、獰猛な蛮族型ゾンビに変貌し、地球人を襲い始めだすという、斬新過ぎるアイデアがいかにもカーペンターの作品らしく、主役級のキャスト達が次々に退場(惨殺される)していくなどB級映画特有の容赦ない突き抜けた表現がグロくも面白い。ジェイソン・ステイサムやパム・グリア、クレア・デュバルなどが脇を固め、スーパーモデルにして、スピーシーズのセクシー宇宙人役で有名なナターシャ・ヘンストリッジとラッパーのアイス・キューブが主役として活躍。このキャスティングが現在では不可能なほど豪華で、素晴らしく無駄遣いしていてそれが面白かったりする。

amazonプライム・ビデオ

ゴースト・オブ・マーズ [DVD]
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
¥1(2022/05/24 16:20時点)

ゴースト・オブ・マーズ あらすじ(ネタバレ)

22世紀の後半に設定された火星は、84%がテラフォーミングされており、地球のような大気がある。火星社会は、クリス・シティを中心に家母長制になり、広大な列車のネットワークで接続された、より小さく、広範囲にわたる前哨基地があった。一連の不可思議な「事件」をきっかけに、火星警察官のメラニー・バラード警部補が法廷の前に呼ばれ、有罪判決を受けた重罪犯のジェームズ・“デゾレーション”・ウィリアムズの護送と遠隔地の採掘前哨基地シャイニングキャニオンへの悲惨な出来事を証言した。

バラードはシャイニングキャニオンでの任務について語りだした。指揮官のヘレナ・ブラドック、生意気な軍曹のジェリコ・バトラー、新人の将校バシラ・キンケイド、マイケル・デスカンソを伴って、バラードはシャイニング・キャニオンに到着し、あたりを見回しても町が人けのないように見えた。町の刑務所を調査していると、ブラドックは自分たちを独房の1つに閉じ込めたように見える3人を発見しました。その中には、科学官のアーリーン・ホイットロック博士がいた。

バラードとバトラーは、多くの混乱した鉱夫と逃げ出したデゾレーションを発見した。グループはすぐに数人の鉱夫に襲われ、バラードとデゾレーションは団結して彼らを無力化することを余儀なくされた。バラードは鉱夫のうちの1人を撃ち殺すことを余儀なくされ、彼らの苦痛は3人の生存者のうちの1人に受け継がれた。バトラーは、野蛮化した鉱夫の1人を追いかけて町の端に出かけ、ブラドック司令官の切断された頭が並ぶ首塚があり、下の峡谷で儀式的な自傷行為のを行っている大規模な集会を見た。

デゾレーションの仲間はすぐに到着し、バラードとバトラーに彼を解放するように強制した。彼らは当初、将校と残りの鉱山労働者を死なせることを計画していたが、バラードは生き残るために一緒に戦うように説得した。野蛮化した鉱夫の軍隊が彼らの前に集結し、彼らのうち数名を殺し、負傷させ、感染させたとき、彼らの最初の脱出の努力は止められた。バラードに問い詰められたウィットロックは、絶滅した火星文明によって作られた古代の地下金庫を発見した後、金庫室への扉が開かれると、それは敵対的な精神または「ゴースト」を解放され、それが鉱夫らを支配し、暴力的な行動を引き起こさせた。憑依された人間を殺すと、ゴーストが解放されて別のホストに憑依する。バラードは、これらの火星のゴーストは人間が侵略的な種族であると信じていると推測した。バラードは、ゴーストに憑依されたがデゾレーションが幻覚剤を投与するとゴーストが彼女から逃げ出した。

野蛮化した鉱夫らが刑務所を突破し、バラード、デゾレーション、バトラー、キンケイド、ホイットロックだけが生き残ったため、グループは逃げることを余儀なくされた。彼らは列車に乗ることができたが、バラードは火星の脅威を根絶するためには、シャイニングキャニオンに戻って前哨基地の原子力発電所をメルトダウンさせる必要があることを認識していた。彼らはメルトダウンを開始したが、ホイットロックは憑依されており、バトラー、キンケイド、および2人の列車の運転手は殺された。列車に乗り込み、野蛮化した鉱夫の軍隊が爆発に巻き込まれているのを見守る二人。デゾレーションは当局と向き合うことを望まず、バラードを彼女のベッドに手錠をかけ、その場を去ろうとした。バラードは彼を撃つことをためらい、そのまま逃がした。

法廷の後で休んでいたバラードは、街が攻撃を受けているという警報に目覚めた。ゴーストを殲滅させることに失敗したことに気づき、彼女は一人で猛攻撃に立ち向かとしたところデゾレーションが現れ銃を渡した。二人は一緒に街から出て行くために戦うことに同意した。

ゴースト・オブ・マーズ スタッフ

監督:ジョン・カーペンター
製作:
脚本:,ジョン・カーペンター
撮影:
音楽:ジョン・カーペンター,
編集:

ゴースト・オブ・マーズ キャスト

メラニー・バラード警部補 –
ジェームズ・“デゾレーション”・ウィリアムズ –
ジェリコ・バトラー –
バシラ・キンケイド –
ヘレナ・ブラドック指揮官 –
ウィットロック –
尋問官 –
ビッグ・ダディ・マーズ –
アクーシェイ –
マイケル・デスカンソ –
ウノ –
ドス –
トレス –
マクシムズ –

ゴースト・オブ・マーズ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

ゴースト・オブ・マーズ [DVD]
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
¥1(2022/05/24 16:20時点)