螢雪次朗

ヒューマンドラマ

クライマーズ・ハイ|1985年の日航機墜落事故を背景に、特ダネをものにしようと奔走する地方紙の記者たちの苦闘を描く。

クライマーズ・ハイは、2008年公開の日本映画。地方の新聞社を舞台に、大事件(日航機墜落事故)が起こって興奮状態に陥った人々の姿を生々しく描いた群像ドラマ。原作は、元新聞記者として自身の体験も踏まえて書いた横山秀夫のベストセラー小説。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
時代劇

陰陽師II|陰陽師・安倍晴明が都で起こる奇怪な事件を解決するという伝奇時代劇。陰陽師・安倍清明の活躍を描くSF時代劇シリーズの第2作。

陰陽師II(おんみょうじつー)は、2003年公開の日本映画。陰陽師・安倍清明の活躍を描くSF時代劇シリーズの第2作。前作と同様、陰陽師・安倍晴明が都で起こる奇怪な事件を解決するという伝奇時代劇。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
時代劇

陰陽師|野村萬斎主演。平安京を舞台に、陰陽師・安倍晴明の活躍を描く時代活劇。

陰陽師(おんみょうじ)は、2001年公開の日本映画。夢枕獏原作の陰陽師・安倍晴明の活躍を描いた伝奇小説『陰陽師』の映画化作品。平安京を舞台に、陰陽師・安倍晴明の活躍を描く時代活劇。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

テケテケ2|この都市伝説に、逃げ場はない!“テケテケ”という音とともに下半身のない女性が現れ、女子高生を次々と襲うホラー。

テケテケ2は、2009年公開の日本映画。都市伝説「テケテケ」を元にした作品で、「テケテケ」に続いて同時公開された。“口裂け女”、“こっくりさん”、“トイレの花子さん”に並ぶ都市伝説を映画化したシリーズ第二弾。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

テケテケ|この都市伝説に、逃げ場はない!映像化不可能とされてきた都市伝説『テケテケ』が、時代を超え恐怖と脅威を現世にもたらす!!

テケテケは、2009年公開の日本映画。映像化不可能とされてきた都市伝説『テケテケ』が、時代を超え恐怖と脅威を現世にもたらす!!続編『テケテケ2』と同時公開。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
特撮映画

牙狼-GARO- 〜蒼哭ノ魔竜〜|これまでよりもファンタジー要素を前面に押し出し、最強の魔戒騎士・冴島鋼牙の最後の物語を描く。

牙狼-GARO- 〜蒼哭ノ魔竜〜は、2013年公開の日本映画。『牙狼〈GARO〉シリーズの劇場版第2作(呀〈KIBA〉を含めると第3作目)であり、“冴島鋼牙編”の最終作。 これまでの『牙狼シリーズ』とは趣が異なり、異世界・約束の地を舞台にファンタジー色を前面に出した独特の世界観となっており、前作『牙狼〈GARO〉 RED REQUIEM』と同様に、これまでのTVシリーズを知らなくても楽しめる作品となっている。
SFアクション

ゼイラム2|宇宙を舞台に活躍する女賞金稼ぎと、制御不能となったゼイラム・ロボットとの戦いを描くシリーズ第2弾。

ゼイラム2は、1994年公開の日本映画。1991年に公開された『ゼイラム』の続編である。宇宙を舞台に活躍する女賞金稼ぎと、制御不能となったゼイラム・ロボットとの戦いを描くシリーズ第2弾。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFアクション

ゼイラム|異形の凶悪犯ゼイラムとバウンティハンターのイリアの死闘を描いたSFアクション映画。

ゼイラムは、1991年公開の日本映画。異形の凶悪犯ゼイラムとバウンティハンターのイリアの死闘を描いたSFアクション映画。監督の雨宮慶太の初劇場公開作品。雨宮は元々オリジナルビデオ作品『未来忍者 慶雲機忍外伝』(1988年)の続編を企画しようとしていたが実現せず、3000万円ぐらいの低予算の中で出来る作品を再考し、本作の製作に至った。脚本を執筆したのは雨宮と、視覚効果スーパーバイザーとして著名な松本肇。
特撮映画

人造人間ハカイダー|歪んだ「正義」や「秩序」を破壊する者の名はハカイダー。日本特撮作品のダークヒーローの原点。

人造人間ハカイダーは、1995年公開の日本映画。東映スーパーヒーローフェアの作品の一つ。タイトルにあるとおり、原典の『人造人間キカイダー』に登場する敵役のロボット、ハカイダーを主人公とした作品である。しかし原典とは設定が大きく異なり、名前とイメージだけを使用したスピンオフ作品。原典のイメージを元に、正義の味方というよりはアンチヒーロー、あるいはダークヒーローといった立場で、歪んだ「正義」や「秩序」を破壊する者として描かれている。
ヒューマンドラマ

手紙|東野圭吾の小説『手紙』の映画化作品。犯罪加害者の親族の視点に立って、その心情の動向を丹念に追う!

手紙(てがみ)は、2006年公開の日本映画。東野圭吾の小説『手紙』の映画化作品。犯罪加害者の親族の視点に立って、その心情の動向を丹念に追った作品である。主人公・武島直貴は、原作ではバンドを結成するが、映画では漫才コンビを結成する。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
コメディ

木村家の人びと|バブル期の日本を舞台に、異常に金銭に執着する一家を明るいタッチで描いたコメディ映画。

木村家の人びとは、1988年公開の日本映画。バブル期の日本を舞台に、異常に金銭に執着する一家を明るいタッチで描いたコメディ映画。香港で大ヒットするなど海外でも評価の高い作品。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。