愛と憎しみのクソ映画

SFパニック

サイレント・ワールド2013|大寒波と地殻変動が人類を襲うSFパニック映画。人間の愛と勇気が試される、運命との戦いがはじまる。

サイレント・ワールド2013は、2013年製作のアメリカ合衆国の映画。大寒波と地殻変動が人類を襲うSFパニック映画。ヨーロッパ全土を襲った、連鎖的な火山の大噴火。 空は暗黒の火山灰に覆われ、気温は急激に低下。幕を開けた極寒の氷河期、迫りくる滅亡の瞬間。そして人間の愛と勇気が試される、運命との戦いがはじまる。
SFパニック

インパクト・アース|巨大彗星が地球を恐怖に陥れるディザスターパニック

インパクト・アースは、2015年製作のアメリカ合衆国の映画。巨大彗星が地球を恐怖に陥れるディザスターパニック。輝く長い尾で人々を魅了する彗星。しかし、そのひとつが地球に衝突する軌道にあることが発覚。絶望的な時間との戦いの中、全人類の運命を賭けて天文学者のティムとその家族が立ち上がる。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ファンタジー

魔女の宅急便(実写版)|空とぶお届け屋、はじめました。|13歳で見知らぬ町で1年間暮らす。それが魔女になるための決まりなのです。

魔女の宅急便(実写版)は、2014年公開の日本映画。宮崎駿によってアニメ化もされた、角野栄子の名作児童文学を原作にしたファンタジードラマ。一人前の魔女になるための修行として、知らない町で1年間生活する13歳の少女キキがさまざまな出来事を通して成長するさまを見つめる。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFホラー

漂流教室 (DRIFTING SCHOOL)|あの惨劇から9年・・・。今度はアメリカで学校が消えた!

漂流教室 (DRIFTING SCHOOL)は、1995年製作の日米合作のビデオ映画。アメリカの高校が舞台となった漂流教室。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFホラー

宇宙からのツタンカーメン|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

1982年公開のアメリカ合衆国の映画。ミイラ、宇宙人、UFOなど、当時のヒット映画のコンテンツを詰め込んだSFホラー映画。あまりにも意外なオチが、多くの映画ファンを虜にしたカルト映画でもある。テレビ朝日で『宇宙から来たツタンカーメン/消えたミイラ!全裸美女に迫る古代エジプトの魔神』、テレビ東京では『タイム・ウォーカー/時空の聖櫃』の題で放映された。 宇宙からのツタンカーメン 映画批評・備忘録 宇宙からのツタンカーメン(原題:Time Walker)脚本:5点演技・演出:9点撮影・美術:6点編集:3点音響・音楽:6点合計29点 元祖Z級映画とも言える今作。初見は日曜洋画劇場だったと思い...
コメディ

新解釈・三國志|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

新解釈・三國志(しんかいしゃくさんごくし)は、2020年公開の日本映画。日本でも広く親しまれている中国の「三國志」に独自の解釈を加え、今回が初タッグとなる大泉洋を主演に迎えて描いた歴史エンタテインメント。劉備を演じる大泉のほか、ムロツヨシ、山田孝之、佐藤二朗、賀来賢人、橋本環奈、山本美月、岩田剛典、渡辺直美、小栗旬ら福田組おなじみの顔ぶれを含めてオールスターキャストが集結。さらに名優・西田敏行が、「三國志」の新解釈を講義する歴史学者・蘇我宗光役で福田作品に初出演した。2020年12月23日、大泉洋が大ヒット御礼舞台あいさつに登場した。11日の公開初日から興収17.8億円、動員130万人を突破し...
SFパニック

漂流教室|学校が突然、消えた!時を超え遥か「異空間」へ|楳図かずおの同名SFコミックを映像化。

漂流教室(ひょうりゅうきょうしつ)実写版は、1987年公開の日本映画。ある日、突然学校が未来にタイム・スリップする。中にいた先生と生徒の必死のサバイバルを描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
コメディ

劇場版パタリロ!(実写版)|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察

2019年公開の日本映画。1978年に連載が開始された魔夜峰央のコミックを、2016年の舞台版のスタッフやキャストで映画化。マリネラ王国、宇宙、埼玉県春日部、過去を舞台にしたドタバタ劇が、歌やダンスと共に描かれる。主人公のパタリロは魔夜の原作を基にした映画『翔んで埼玉』にも出演し、舞台版でも主演した加藤諒。青木玄徳、佐奈宏紀、西岡徳馬、哀川翔らが共演している。監督を舞台版の演出を手掛けた小林顕作が務めた。舞台のアナログ感と、映像化ならではのVFXが融合して、“見たことはあるけど、観たことのない"パタリロ! ワールドが展開。いちいち拾うのが面倒になる細かいギャグから、パクリすれすれの壮大なパ...
香港・台湾・中国映画

RIKI-OH/力王|日本の人気漫画を香港が完全映画化!飛び散る血吹き飛ぶ肉塊。バイオレンス・ヒーロー伝説。

RIKI-OH/力王(りきおう)は、1991年公開の香港映画。鷹匠政彦・原作、猿渡哲也・作画の同名コミックを、香港映画界が総力を結集して完全映画化。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFアクション

爆裂都市 BURST CITY|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

1982年公開の日本映画。石井聰亙(のちの石井岳龍)監督の8作目の作品。1980年に発表した自主制作映画『狂い咲きサンダーロード』でさまざまな賞を受賞し、各方面から脚光を浴びていた石井監督による、荒廃した近未来を舞台とした作品。過激なパフォーマンスを繰り広げるロックバンドに熱狂する若者たちと、それを取り締まろうとする武装警察の衝突および、原子力発電所を建設するために強制労働や立ち退きを迫る暴力団に対して不満が爆発したスラムの住民たちの暴動を同時に描く。陣内孝則、大江慎也、町田町蔵(のちの町田康)、泉谷しげるなどのミュージシャンがメインキャストに起用された。この映画が初主演となった陣内はその...
コメディ

鉄板英雄伝説|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2007年公開のアメリカ合衆国の映画。『最'愛'絶叫計画』に続くジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァーのコンビのパロディ作品。『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』、『チャーリーとチョコレート工場』『パイレーツ・オブ・カリビアン』、 『X-MEN:ラストスタンド』、『ハリーポッター』、『スネーク・フライト』etcなどが取り上げられている。邦題は『銀河英雄伝説』のもじりである。 鉄板英雄伝説 映画批評・備忘録 鉄板英雄伝説(原題:Epic Movie)脚本:5点演技・演出:3点撮影・美術:4点編集:5点音響・音楽:3点合計20点 その当時に流行っていた映画を思い出すのには...
アクション映画

Diner ダイナー|ようこそ 殺し屋専用の食堂ダイナーへ。客は全員、殺し屋。命が“クズ同然”の食堂ダイナーで、殺し合いゲーム開宴。

Diner ダイナーは、2019年公開の日本映画。藤原竜也と蜷川実花監督が初タッグを組み、平山夢明の小説「ダイナー」を映画化。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
アクション映画

デス・レース4 アナーキー|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察

デス・レース4 アナーキーは、2017年製作のアメリカ合衆国の映画。「デス・レース」シリーズの第4作となるバイオレンスカーアクション映画。ポール・W・S・アンダーソンが手掛けた人気バトルカーアクション第4弾。謎の覆面レーサー・フランケンシュタインが君臨する殺人レースに、囚人・コナーが戦いを挑む。 デス・レース4 アナーキー 映画批評・備忘録 デス・レース4 アナーキー(原題:Death Race 4: Beyond Anarchy)脚本:2点演技・演出:2点撮影・美術:7点編集:3点音響・音楽:5点合計19点  僕は何も考えずに今作品のDVDを買いました。デス・レースシリーズに外れ無...
香港・台湾・中国映画

黒い太陽七三一 戦慄!石井七三一細菌部隊の全貌|戦後50年の沈黙を破って、いま語られる驚愕の真実!!

黒い太陽七三一 戦慄!石井七三一細菌部隊の全貌 1988年公開の香港映画。香港映画分類システムで初のレベル3認定(18禁)された最初の作品。関東軍石井731部隊の日中戦争・太平洋戦争時の人体実験の描写が主なテーマとなっており、グロテスクなエピソードが多いが、それらの多くは森村誠一のルポ『悪魔の飽食』に紹介されているものでもある。
ホラー映画

吐きだめの悪魔|マンハッタンの下町を舞台に、人間の体をドロドロに溶かしてしまう腐ったワインが巻き起こす恐怖と騒動を描く!

吐きだめの悪魔は、1987年公開のアメリカ合衆国の映画。マンハッタンの下町を舞台に、人間の体をドロドロに溶かしてしまう腐ったワインが巻き起こす恐怖と騒動を、グロテスクなSFXとおふざけ感覚で描いた誰得のカルトホラー映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
コメディ

ゾルタン★星人|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2000年公開のアメリカ合衆国の映画。原題のDude, Where's My Car?は、おい、俺の車はどこだ?の意。宇宙の平和はおばかコンビ2人の活躍にかかっていた! おばか度1000%のギャグ満載で贈る、超ばかちんSFコメディ!? ゾルタン★星人 映画批評・備忘録 ゾルタン★星人(原題:Dude, Where's My Car?)脚本:8点演技・演出:10点撮影・美術:5点編集:3点音響・音楽:3点合計29点  B級SF映画の最高傑作とも呼び声もある?『バタフライ・エフェクト』のアシュトン・カッチャーの黒歴史とも言われる今作です。クソ映画といえども愛すべきクソ映画で、馬鹿馬鹿しく...
アクション映画

北斗の拳(実写版)|おまえはもう死んでいる─|伝説のコミック ハリウッドで完全映画化!

北斗の拳(実写版)は、1995年公開のアメリカ合衆国の映画。ハリウッドで制作された実写版。ただし日本の東映ビデオと東北新社の共同製作であり、いわゆる「ハリウッド映画」ではなく東映Vシネマのアメリカ版である「Vアメリカ」として作られた。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFホラー

ヘルドライバー|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2011年公開の日本映画。愛する父と心臓を奪った母への復讐を誓ったヒロインが、ゾンビとの壮絶なバトルを繰り広げるスプラッター・アクション。海外向けの映画レーベル「SUSHI TYPHOON」の企画として製作。土葬文化ではない日本特有のゾンビ映画を作り出すことをめざし、死者がよみがえるのではなく宇宙からの飛来物を根源とし、生者が感染によって変容していくものとしている。 ヘルドライバー 映画批評・備忘録 ヘルドライバー脚本:8点演技・演出:5点撮影・美術:6点編集:4点音響・音楽:5点合計28点 悪趣味だね~。今作も。なんらかのエネルギーは感じるんですが、いつもね。でも、やっぱり悪趣味な...
SFホラー

戦闘少女 血の鉄仮面伝説|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2010年公開の日本映画。日本での劇場公開時のキャッチフレーズは「全世界へ、宣戦布告。」「死んでなんか いられない」。劇場公開前の告知などでは、「監督:井口昇×西村喜廣×坂口拓」との表記に対して、「トリプル主演:杉本有美×森田涼花×高山侑子」「美しき新人類(ミュータント)、覚醒。」と謳っている。約90分の本編を3章に分けたうえで、3人の監督が各章を撮影するという異例の構成。井口昇を総監督(ドラマパート担当)に、西村喜廣が特殊効果パート、坂口拓がアクションパートの監督を務めた。坂口は、映画の本編でも、俳優として物語のキーパーソンを演じている。 戦闘少女 血の鉄仮面伝説 映画批評・備忘録 ...
犯罪(クライム)

コンクリート|「女子高生コンクリート詰め殺人事件」少年犯罪史上最悪の事件、戦慄の映画化。

コンクリートは、2004年に公開された日本映画。ノンフィクション小説『十七歳、悪の履歴書』を原作とし、女子高生コンクリート詰め殺人事件をモチーフとして、わずか5日間で撮り上げた作品。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

13日の金曜日 ジェイソンの命日|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

1994年公開のアメリカ合衆国の映画。本作よりニュー・ライン・シネマによる製作となる。前作のラストとも全く繋がらず、シリーズとしては雰囲気も異なる。第1作の監督でもある、シリーズ生みの親ショーン・S・カニンガムが自ら製作にあたったシリーズ最終作。 13日の金曜日 ジェイソンの命日 映画批評・備忘録 13日の金曜日 ジェイソンの命日(原題:JASON GOES TO HELL: THE FINAL FRIDAY) 脚本:-20点 演技・演出:10点 撮影・美術:12点 編集:6点 音響・音楽:5点 合計13点 もはや、違う題材の映画の内容をコピーしてくるような映画に...
コメディ

ほぼ300|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ほぼ300は、2008年公開のアメリカ合衆国の映画。ジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァーのコンビのパロディ映画である。邦題にもなっている『300 〈スリーハンドレッド〉』をベースに、『スパイダーマン3』、『シュレック』、『ハッピー フィート』、『アメリカンアイドル』などのパロディやブリトニー・スピアーズ、パリス・ヒルトンらへの弄りネタが詰め込まれている。13人のスパルタ戦士たちが約20人のペルシア軍へ戦いを挑むアクション・コメディ。 ほぼ300 映画批評・備忘録 ほぼ300(原題:Meet the Spartans) 脚本:3点 演技・演出:6点 撮影・美術:3点...
SFホラー

寄生獣|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察

寄生獣(きせいじゅう)は、岩明均の同名漫画を原作とする実写の日本映画。2部構成の作品であり、前編にあたる『寄生獣』は2014年11月29日に公開され、後編にあたる『寄生獣 完結編』(きせいじゅう かんけつへん)が2015年4月25日に公開された。原作全10巻の内容を全2部作の映画に圧縮するため、物語の主軸は「生物としての人類、人類としての母」というテーマに絞られ、そこに関わらない登場人物については制作スタッフ個人の好き嫌いに関わりなく整理された。キャッチコピーは「日常は、ある日とつぜん、食べられた。」 寄生獣 映画批評・備忘録 寄生獣(きせいじゅう) 脚本:-20点 演技・演出...
スーパーヒーロー映画

ドラゴンボール・エボリューション|日本発の世界的人気コミックを実写化!衝撃のライブ・アクション超大作!!

DORAGONBALL EVOLUTION(ドラゴンボール・エボリューション)は、2009年公開のアメリカ合衆国の映画。鳥山明の漫画作品『ドラゴンボール』を実写で映画化した作品である。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

のぞきめ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2016年公開の日本映画。ホラー作家・三津田信三の同名小説を、元「AKB48」の板野友美主演で実写映画化。日常のあらゆる隙間から視線を投げかけ、目のあった人間を恐怖の底に突き落とす怪異「のぞきめ」をモチーフに、現在・過去の同じ場所で起きた2つの怪事件の顛末を描く。「トリハダ」シリーズの三木康一郎監督がメガホンをとった。 のぞきめ 映画批評・備忘録 のぞきめ 脚本:20点 演技・演出:-20点 撮影・美術:13点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計27点 演技ができない女優を主演に据えて、良い映画ができるわけがない。という典型的な作品でした。主演のともちんの演技が棒...
ファンタジー

帝都物語外伝|「帝都物語外伝 機関童子」を映画化。露骨な性描写と狂気を中心に描いており、過去2作とは全くテイストの異なった作品。

帝都物語外伝(ていとものがたりがいでん)は、1995年公開の日本映画。『帝都物語』、『帝都大戦』につづくシリーズ3作目の作品。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
任侠・ヤクザ・実録ドラマ映画

援助交際撲滅運動 地獄変|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察

援助交際撲滅運動 地獄変(えんじょこうさいぼくめつうんどう じごくへん)は、2004年製作の日本映画。『殺し屋1』『ホムンクルス』の山本英夫と『リモート』のこしばてつや共著による同名コミックを遠藤憲一主演で映画化した「援助交際撲滅運動」の続編。変態中年男と暴力美少女の壮絶な殺し合いを、暴力描写の中に詩情を織り交ぜて描いた映画。 援助交際撲滅運動 地獄変 映画批評・備忘録 援助交際撲滅運動 地獄変 脚本:4点 演技・演出:1点 撮影・美術:2点 編集:5点 音響・音楽:6点 合計18点 前作もかなりキワモノの作風でしたが、今回はストーリーが無く、ひたすら変態描写が続...
コメディ

鈍獣|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

鈍獣(どんじゅう)は、2009年公開の日本映画。宮藤官九郎が演劇界の芥川賞、岸田國士戯曲賞を受賞した芝居を自ら映画用に書き下ろした、ファンタジック・ミステリー・コメディ映画。キャッチコピーは、「なぜ気付かない?なぜ分からない?なぜ…、死なない?」「世界一鈍いアイツが、俺たちの人生を壊しにやってくる」。 鈍獣 映画批評・備忘録 鈍獣 脚本:10点 演技・演出:5点 撮影・美術:8点 編集:2点 音響・音楽:3点 合計28点 おもしろい映画を撮ろうとして、つまらない映画になった感じで、クドカンの脚本が悪いのか監督の演出が悪いのか、はてさてどちらも悪いのか。クドカンの脚...
犯罪(クライム)

DEAD OR ALIVE 犯罪者|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

DEAD OR ALIVE 犯罪者(でっどおああらいぶ はんざいしゃ)は、1999年に三池崇史監督、哀川翔、竹内力、主演で制作された日本映画。刑事と中国残留孤児3世との戦いを描いたバイオレンス・アクション。衝撃的なラストシーンで話題になった。R-15指定。キャッチコピー「フツーに生きたいなら、このクライマックスは知らない方がいい。」 DEAD OR ALIVE 犯罪者 映画批評・備忘録 DEAD OR ALIVE 犯罪者 脚本:0点 演技・演出:0点 撮影・美術:0点 編集:0点 音響・音楽:0点 合計0点 キャッチコピー「フツーに生きたいなら、このクライマックス...
コメディ

珍遊記(実写版)|伝説のクソ漫画の実写化という前代未聞のクソ映画化だった。

珍遊記(実写版)は、2016年2月27日に公開された日本映画。伝説のクソ漫画の実写化という前代未聞のクソ映画化だった。監督の山口は、同じ漫☆画太郎原作の『地獄甲子園』を監督した際に巨人を登場させたかったが技術的な問題から叶わなかったため、本作品での巨大な山田太郎の描写にこだわりを持って挑んでいる。