スポンサーリンク

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット
この記事は約4分で読めます。

2017年公開の日米合作映画。火星を舞台に昆虫型生命体「バグ」と人類の戦いを描き、根強い人気を誇るSFアクション「スターシップ・トゥルーパーズ」のシリーズ第5作。前作「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」と同じフルCGアニメーションで描かれ、監督は前作に続いての登板となる荒牧伸志と、「アップルシード アルファ」でCGディレクターを務めた松本勝。脚本は「ロボコップ」や「スターシップ・トゥルーパーズ」シリーズを手がけるエド・ニューマイヤーが担当。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット 映画批評・備忘録


スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット(英題:Starship Troopers: Traitor of Mars)

脚本:25点
演技・演出:15点
撮影・美術:17点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計73点

前作より大きくCGアニメーションが向上しているので迫力ある映像と戦闘シーンは見物です。ストーリーについては捻っているようでそうでもないのが”らしい”といえばそうで、何も考えなくても楽しめる作品に仕上がっています。今作は吹替え版が強く押されていますが、やっぱり字幕版の方が良いと思います。前作も字幕版の方が臨場感がありました。今作はジョニー・リコをキャスパーが演じ、ディジーをディナが演じていますので思い入れもあり、こちらが良いと思います。また、英語版は役柄に合わせて声優をチョイスしているので、日本語吹き替え版と遜色ないどころかむしろ自然です。


amazonプライム・ビデオ

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット あらすじ

遠い未来、宇宙に進出した人類は恐るべき宇宙生命体”バグ”と長きにわたる戦いを繰り広げていた。
そんな戦争で活躍を見せてきたかつての英雄・リコは前線を退かされ、独立惑星”火星”で戦場に出たこともない落ちこぼれの「はぐれ小隊」の訓練を行っていた。
しかし、そんな腑抜けた平和は長く続かず、地球連邦のカリスマ指導者・エイミーの謀略によって火星は突如戦場と化す。
旧友たちの友情と、新たな戦友に支えられ、リコは、そして人類は思い出す。
バグがいる限り戦争は終わらないという事を―――。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット スタッフ

監督:荒牧伸志松本勝
脚本:エド・ニューマイヤー
プロデュース:ジョセフ・チョウ
エグゼクティブ・プロデューサー:キャスパー・ヴァン・ディーン,エド・ニューマイヤー,鎌形英一
プロデューサー:西雅太郎,橋本トミサブロウ
音楽:高橋哲也
制作:SOLA DIGITAL ARTS
企画・製作:ソニー・ピクチャーズ・ワールドワイド・アクイジションズ,ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント
配給:KADOKAWA

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット キャスト

ジョニー・リコ:キャスパー・ヴァン・ディーン/小山力也
ディジー・フローレス:ディナ・メイヤー/上坂すみれ
カール・ジェンキンス:ジャスティン・ドラン/小野賢章
カルメン・イバネス:リュシー・クリスチャン/喜多村英梨
エイミー・スナップ:エミリー・ネベス/内田彩
トシ・ババ:スコット・ギブス/寺島惇太
タミ・カマチョ:ジュリエット・シモンズ/佐々木舞香(=LOVE)
サナ:マギー・フレックノー/諸橋沙夏

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

スターシップ・トゥルーパーズ 映画シリーズ

スターシップ・トゥルーパーズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1997年公開のアメリカ合衆国の映画。ロバート・A・ハインラインの同名SF小説(邦題:『宇宙の戦士』)を実写映画化した作品。フィル・ティペットのストップモーション・アニメーションを使って「巨大昆虫と戦う映画」を作りたいというバーホーベン監督の構想と、『宇宙の戦士』の映画化企画とが合流したもので、1983年頃から準備が進められていたが、諸事情により企画は一時頓挫した。その後バーホーベンとティペットは『ロボコップ』を製作、さらにティペットは『ジュラシック・パーク』を機にCGへと転向した。そこで改めてCGを使ったSFアクション映画として企画が再浮上することとなった。この2人に加え、製作のジョン・デイ...
スターシップ・トゥルーパーズ2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2004年公開のアメリカ合衆国の映画。1997年のアメリカ映画『スターシップ・トゥルーパーズ』の続編で、宇宙戦争を描くSF映画である。監督は前作の特殊効果担当のフィル・ティペットで、この作品が彼の長編監督デビュー作となった。映画用ではなくTV番組として製作されたために5%ほどの予算しか与えられなかったとDVDの監督コメンタリーでは主張されている。大作だった前作とは違い、前作の10分の1以下という、かなりの低予算で製作された。撮影日数は26日。ティペットは「我々が作っているのはB級SF映画」と誇り高く断言している。ストーリーは、ウォリアー・バグと戦闘中の歩兵中隊が避難した基地に、新種の寄生型バグ...
スターシップ・トゥルーパーズ3|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2008年製作・公開のアメリカ合衆国の映画。前2作で脚本を務めたエド・ニューマイヤーの初監督作品。第1作の主人公であるジョニー・リコ(キャスパー・ヴァン・ディーン)を再び主人公とし、1作目の『スターシップ・トゥルーパーズ』で監督を務めたポール・バーホーベンが製作総指揮として再び参加した。 製作予算が前作の3倍であることを売りにしているが、前作が超低予算だったため、第1作との比較では5分の1にとどまる。 スターシップ・トゥルーパーズ3 映画批評・備忘録 スターシップ・トゥルーパーズ3(原題:Starship Troopers 3: Marauder) 脚本:20点 演技・演出:...
スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2012年公開の日米合作映画。アメリカ映画『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズの第4作に当たる。日本のCGスタジオSOLA DIGITAL ARTSが制作したフルCG作品であり、監督の荒牧伸志以下、主要スタッフを日本人が務めている。総員出撃! 死ぬまで戦え!「パワード・スーツ」が全員標準装備となったトゥルーパーズが大挙活躍!群れで襲い来るウォリアー・バグや新種の強敵バグを前に死闘を展開する。本作の続編として、『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』が、2018年2月10日に公開された。 スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン 映画批評・備忘録 スターシップ・トゥルー...
スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2017年公開の日米合作映画。火星を舞台に昆虫型生命体「バグ」と人類の戦いを描き、根強い人気を誇るSFアクション「スターシップ・トゥルーパーズ」のシリーズ第5作。前作「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」と同じフルCGアニメーションで描かれ、監督は前作に続いての登板となる荒牧伸志と、「アップルシード アルファ」でCGディレクターを務めた松本勝。脚本は「ロボコップ」や「スターシップ・トゥルーパーズ」シリーズを手がけるエド・ニューマイヤーが担当。 スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット 映画批評・備忘録 スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット(英題:Starshi...