スポンサーリンク

ファースト・キル|凶悪誘拐事件の裏に隠された、驚愕の真相とは―

ファースト・キル
この記事は約3分で読めます。

ファースト・キルは、2017年製作のアメリカ合衆国の映画。ブルース・ウィリスと「スターウォーズ」シリーズのヘイデン・クリステンセン共演のクライム・アクション。狩りを楽しもうと森へ入ったウィルと息子ダニー。だが、偶然にも殺人を目撃。息子を人質にとられてしまったウィルは、地元の警察署長と共に犯人を追う。アメリカ合衆国では劇場公開はされず、2017年7月21日にビデオ発売がなされた。日本では「未体験ゾーンの映画たち2018」の上映作品の一つとして2018年1月16日に劇場公開された。

ファースト・キル 映画批評・評価・考察

ファースト・キル ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥1,760(2024/07/15 11:30時点)

ファースト・キル(原題:First Kill)

脚本:11点
演技・演出:13点
撮影・美術:14点
編集:6点
音響・音楽:6点
合計50点

脚本が、破綻しているというか、どうしてそうなる感があり常人には理解できないところがあります。ポスターには主役より大きく出ているブルース・ウィリスは友情出演だったのかな?彼である必要性を全く感じない役柄でした。


今作品はAmazonプライムで見ました。
amazonプライム・ビデオ

ファースト・キル あらすじ

幼い息子ダニーが学校でいじめられていると知ったウィルは、息子との時間を過ごすため家族を連れて故郷の田舎町を訪れる。ウィルはダニーと共に森の奥へ鹿狩りに出かけるが、そこで二人の男が言い争いの末に、片方の男がもう一人の男を銃で撃つ現場に遭遇する。しかもその男に存在を知られたウィルとダニーは命を狙われるが、ウィルはダニーを守るために鹿狩り用のライフルでその男を仕留めるのだった。

もう一方の男にまだ息があると知ったウィルは、その男を宿泊先へ連れ帰り応急処置を行う。だが、息を吹き返したその男リーバイは突然ダニーを人質に取り、撃たれたあの場所へ案内するようウィルに要求する。ダニーのため渋々従うウィルだったが、そこで待ち伏せしていた警官と銃撃戦になり、結果ダニーはリーバイに連れ去られてしまうのだった。

一連の事件の捜査を指揮するのは、ウィルと旧知の警察署長ハウエルだった。自分が射殺した男が警官だと知ったウィルは、警察に真相を正直に話すことが出来ず、ダニーを救うため独自にリーバイとの取引を進めるが、事件の裏には驚きの真実が隠されていた。

ファースト・キル スタッフ

監督:スティーヴン・C・ミラー
脚本:ニック・ゴードン
製作:ランドール・エメット,ジョージ・ファーラ,マーク・スチュワート
音楽:ライアン・フランクス,スコット・ニッコリー
撮影:ブランドン・コックス
編集:トーマス・カルデロン
製作会社:ブルックストリート・ピクチャーズ,エメット/フルラ/オアシス・フィルムズ
配給:ライオンズゲート,ハピネット

ファースト・キル キャスト

ウィル:ヘイデン・クリステンセン
ハウエル:ブルース・ウィリス
ダニー:タイ・シェルトン
ローラ:メーガン・レナード
リーバイ:ゲシン・アンソニー
リッチー:ウィリアム・デメオ
ドッティ:デブ・G・ガードラー
チャーリー:シェイ・バックナー
アデル:マギ・アビラ

ファースト・キル 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

ファースト・キル ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥1,760(2024/07/15 11:30時点)