サスペンス

サスペンス

千里眼|松岡圭祐原作の大ヒット作『催眠』の続編。謎のテロ集団‘ミドリの猿’が巻き起こす、爆発事件の真相を描く。

千里眼(せんりがん)は、2000年公開の日本映画。謎のテロ集団の脅威に挑む女性自衛官の活躍を描くサスペンス。あの「催眠」の“ミドリの猿事件”は終わっていなかった!映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
サスペンス

不能犯|愚かだね、人間は ─ ある電話ボックスを介した殺人依頼に応える黒スーツの男。果たして彼は天使か? 悪魔か?

不能犯(ふのうはん)は、2017年公開の日本映画。『テケテケ』『カルト』『貞子VS加耶子』『戦慄怪奇ファイル』シリーズなどの白石晃士が監督を務め、グランドジャンプ連載のコミックを映画化したサスペンス。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
サスペンス

彼女がその名を知らない鳥たち|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2017年10月28日公開の日本映画。R15+指定作品。 原作は沼田まほかるの同名ミステリー小説。同居する相手の稼ぎに依存しながらも彼を嫌い、家庭のある別の男性とも関係を持つ身勝手な女と、彼女に執着するさえない中年男の関係を軸に、究極の愛とは何かを問い掛ける。メガホンを取るのは、『凶悪』などの白石和彌。 彼女がその名を知らない鳥たち 映画批評・評価・考察 彼女がその名を知らない鳥たち 脚本:20点 演技・演出:14点 撮影・美術:15点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計64点 いくつかの賞を受賞した作品なのですが、竹野内豊のバイオレンスシーンや松坂桃李との濡れ場...
サスペンス

ミュージアム|雨の日に現れ、次々と猟奇殺人を繰り広げる謎のカエル男に妻子を狙われた警視庁捜査一課巡査部長を描くサスペンスホラー

ミュージアムは、2016年公開の日本映画。雨の日に現れ、次々と猟奇殺人を繰り広げる謎のカエル男と、カエル男に妻子を狙われた警視庁捜査一課巡査部長・沢村を描くサスペンスホラー。WOWOW開局25周年記念作品。過激な描写と緊迫のストーリー展開で人気を博す巴亮介の人気サイコスリラー漫画を、これが初タッグとなる小栗旬主演×大友啓史監督により実写映画化。
サスペンス

予告犯|明日の予告を教えてやる。予告犯の過去に隠された、真の目的とは…! ?そして、ゲイツの選んだ結末とはー。

予告犯は、2015年公開の日本映画。高度情報化社会におけるテロリズムを描いた筒井哲也の同名コミックを、『白ゆき姫殺人事件』の中村義洋監督と生田斗真&戸田恵梨香共演で実写映画化。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
サスペンス

恋の罪|水野美紀、冨樫真、神楽坂恵3人の女たちの行き着く果て、誰も見たことのない壮絶な愛の地獄が始まる。

恋の罪は、2011年公開の日本映画。水野美紀、冨樫真、神楽坂恵3人の女たちの行き着く果て、誰も見たことのない壮絶な愛の地獄が始まる。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
サスペンス

22年目の告白 -私が殺人犯です-|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

22年目の告白 -私が殺人犯です-は、2017年公開の日本映画。2012年の韓国映画『殺人の告白』をリメイクしたスリラー映画、監督は、「SR サイタマノラッパー」の入江悠。アクション・サスペンス調であった韓国版に対し、本作では社会派サスペンスとしての側面が強調されている。また、2010年以降の日本では殺人への公訴時効が撤廃されているため、その事もストーリーの要素として組み込まれている。 22年目の告白 -私が殺人犯です- 映画批評・評価・考察 22年目の告白 -私が殺人犯です- 脚本:34点 演技・演出:17点 撮影・美術:14点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計80...
サスペンス

脳男|首藤瓜於の推理小説を映画化。連続殺人事件を起こす謎の青年を巡るサスペンス作品。

脳男(のうおとこ)は、2013年2月9日公開の日本映画。PG12指定。日本テレビ放送網開局60周年・日活創立100周年記念作品。首藤瓜於の推理小説を映画化。連続殺人事件を起こす謎の青年を巡るサスペンス作品。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
サスペンス

DOG×POLICE 純白の絆|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

DOG×POLICE 純白の絆(どっぐぽりす じゅんぱくのきずな)は、2011年公開の日本映画。警視庁管内で警備犬の訓練にあたる警視庁警備部警備第二課装備第四係を舞台に、不祥事で転属させられた熱気ある新人警察官・早川勇作とバディーの警備犬・シロとの友情、勇作と同僚警官とのチームワークを通じて、連続爆破テロ事件の解決に挑むサスペンス映画。 劇中、警視庁を題材としているため舞台は東京都内であるが、爆破される商業施設名は全て架空の名称となっている。実際の屋外ロケは神戸市(ハーバーランド、ポートアイランド市民広場)・滋賀県(ビバシティ彦根)・広島市の「基町クレド・パセーラ」など西日本を中心に行われた...
サスペンス

白ゆき姫殺人事件|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

白ゆき姫殺人事件は、2014年公開の日本映画。湊かなえ原作。ノンストップで描く、ネット炎上をテーマにした衝撃作! 美人OL殺人事件の容疑者として浮上した【城野美姫】を取り巻き、炎上するネット、過熱するテレビ報道、噂が噂を呼ぶ口コミの恐怖などを描き、累計80万部を突破したベストセラー傑作サスペンスの映画化。 白ゆき姫殺人事件 映画批評・評価・考察 白ゆき姫殺人事件 脚本:33点 演技・演出:16点 撮影・美術:14点 編集:8点 音響・音楽:6点 合計77点 映画用に原作を殺さずうまく脚本化できていることや、監督の演出力も良く、俳優の特性や持ち味を上手く引き出せてい...
サスペンス

メノット|国分佐智子と本作で引退を宣言したアイドル藤本綾のセクシー・シーンが公開前から話題を集めていたサスペンス映画。

2005年公開の日本映画。国分佐智子と本作で引退を宣言したアイドル藤本綾のセクシー・シーンが公開前から話題を集めていたサスペンス映画。公開後は、藤本綾の映画初主演にして芸能界引退作品であり、劇中でヌードを披露して大胆な濡れ場を演じたことが話題を集めた。「メノット」はフランス語で「手錠」を意味する。 揺れる藤本綾のおっぱいを見るための映画。
サスペンス

MW-ムウ-(実写版)|手塚治虫が遺した作品の中でも、過激な内容から禁断の問題作と呼ばれてきた「MW(ムウ)」を映画化。

MW-ムウ-(実写版)は、2009年公開の日本映画。漫画界の巨匠、手塚治虫が遺した作品の中でも、過激な内容から禁断の問題作と呼ばれてきた「MW(ムウ)」を映画化。少年時代に経験した事件の復讐(ふくしゅう)のため冷酷な殺人鬼となった主人公を、ドラマ「のだめカンタービレ」の玉木宏が熱演する。彼を救済しようと悪と正義の間で苦悩する神父には『クローズZERO』の山田孝之。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。