スポンサーリンク

ムーラン・ルージュ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ムーラン・ルージュ
この記事は約6分で読めます。

2001年公開のアメリカ合衆国の映画。ラブ・ストーリーであり、ミュージカル映画。パリにあるキャバレー「ムーラン・ルージュ」を舞台に、踊り子と若き作家のラブストーリーが、ビートルズやエルトン・ジョン、マドンナなどの曲に乗せてつづられる。目まぐるしい映像と、有名な楽曲の使い方に関して好き嫌いが分かれるが、主演二人(ニコール・キッドマン、ユアン・マクレガー)の吹き替えなしの歌と、豪華なセット・衣装が話題になった。キャッチコピーは「ふたりの愛、ひとつの運命。」・「パリ、1899年この街で、最も愛された一人の女… 彼女の名はサティーン」。

ムーラン・ルージュ 映画批評・備忘録


ムーラン・ルージュ(原題:Moulin Rouge!)

脚本:36点
演技・演出:18点
撮影・美術:19点
編集:8点
音響・音楽:10点
合計91点

ミュージカル映画嫌いの僕が、この映画は好きだ!と思えた作品。幻想的な映像煌びやかな世界素敵な音楽の数々。歌を通して愛や情熱、憎しみ、悲しみが伝わってきます。ユアン・マクレガーニコール・キッドマンの心を通わせながらの愛の歌のデュエットは素晴らしく感動的なものでした。

amazonプライム・ビデオ

ムーラン・ルージュ あらすじ(ネタバレ)

1900年、パリで鬱病に苦しむクリスチャンという男が小説(「ネイチャー・ボーイ」)を書き始める。1年前、彼はボヘミアン運動に参加するためにモンマルトル地区に引っ越します。アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック率いるパフォーマーの一団と出会い、クリスチャンはショー「スペクタキュラー・スペクタキュラー」を完成させ、ムーラン・ルージュのオーナーであるハロルド・ジドラーに売るのを手伝う。彼らはムーラン ルージュに到着し、ジドラーと彼の「ダイヤモンド ドッグ ダンサー」が演奏します (「ジドラーのラップ メドレー/カン カン ダンス」)。トゥールーズは、クリスチャンがその作品をスターの遊女であるサティーンに提示するよう手配します。、ジドラーがサティーンを彼の潜在的な投資家であるモンロス公に約束したことを知らなかった (「スパークリング・ダイアモンド」)。

サティーンはクリスチャンを公爵と間違え、彼女の部屋に引退する前に踊り (「リズム・オブ・ザ・ナイト」、「ミート・ミート・ミー・イン・ザ・レッド・ルーム」)、彼女は彼がただの作家であることを知る (「ユア・ソング」)。公爵が割り込むと、クリスチャンとサティーンはスペクタキュラー・スペクタキュラーのリハーサルをしていたと主張する. ジドラー、トゥールーズ、そして一座の助けを借りて、彼らはショーを公爵に売り込み、貧しいシタール奏者を愛するインドの遊女を誘惑しようとする邪悪なマハラジャに関するプロットを即興で作りました(“The Pitch ( Spectacular Spectacular )”)。公爵は、彼だけがサティーンに求婚できるという条件で、ショーを支持します。サティーンは、クリスチャンと彼女が「本物の女優」になることを切望していることを熟考しています(「クリスチャンが戻ってきて、彼とサティーンはお互いに恋に落ちる(「エレファント・ラヴ・メドレー」)。

キャバレーが劇場に改装されると、クリスチャンとサティーンはリハーサルを装って出会います。疑わしい公爵がショーへの資金提供をやめると脅したとき、ジドラーはサティーンが公爵と食事をするよう手配するが、彼女は結核で病気になる(「もし私が死んだら (ゴレッキ)」)。ジドラーはサティーンが自白したことを公爵に伝えます(「ライク・ア・ヴァージン」)。ジドラーは、サティーンを治療している医師から、彼女の余命は長くないことを知りますが、クリスチャンにはこのことを知らせません。サティーンはクリスチャンに、彼らの関係がショーを危険にさらしていると言いますが、彼は彼らの愛を確認するための歌を書きます (「Come What May」)。

嫉妬深いパフォーマーであるニニは、この劇がクリスチャン、サティーン、デュークの隠喩であることをデュークに打ち明けます。公爵は、結末をマハラジャを選ぶ遊女に変更することを要求します。サティーンは、元の結末を維持するために、彼と一夜を共にすることを提案します。公爵の宿舎で、サティーンは下の通りでクリスチャンを見つけ、彼女が公爵と一緒に眠ることができないことに気づきます (“El Tango de Roxanne ( Roxanne )”)。公爵は彼女をレイプしようとするが、ダンサーのル・ショコラに助けられる。クリスチャンはサティーンに一緒に逃げるように勧めます。公爵はジドラーに、もしサティーンが彼のものでなければ、クリスチャンを殺してもらうと言った。ジドラーはサティーンに警告するが、彼女がそれを拒否すると、サティーンは彼女が死にかけていることを告げる (“A Fool to Believe”)。ジドラーは、クリスチャンの命を救うためには、サティーンは彼を拒絶しなければならないと説明している (“ショーは続けなければならない」) ムーラン・ルージュから締め出されたクリスチャンは悲嘆に暮れるが、トゥールーズはサティーンが彼を愛していると主張する.

ショーの夜、クリスチャンはムーラン・ルージュに忍び込み、遊女としての料金をサティーンに支払うつもりだった (「ヒンディ・サッド・ダイアモンド」)。彼は舞台裏で彼女と向き合いますが、彼らはスポットライトを浴びています。ジドラーは、クリスチャンが変装したシタール奏者であると聴衆に納得させます。クリスチャンはサティーンを非難し、ステージから立ち去ります。垂木からトゥールーズは、「あなたがこれまでに学ぶ最高のことはただ愛し、その見返りに愛されることだ」と宣言し、サティーンはクリスチャンが彼らの愛を表現するために書いた歌を歌うように促した. クリスチャンがステージに戻り、彼女と一緒に歌に参加します。デュークはボディーガードにクリスチャンを殺すよう命じるが、妨害され、ジドラーはデューク自身の試みを止める。クリスチャンとサティーンが彼らの歌を完成させると、公爵は急いで出てきます (“Come What May (Reprise)”, “Coup d’État (Finale)”)。

幕が閉じた後、サティーンは結核に倒れた。彼女が亡くなる前に、クリスチャンとサティーンは愛を誓い、彼女は彼に物語を書くように言います。1 年後、ムーラン ルージュは閉鎖され、荒廃し、クリスチャンはサティーンへの愛の物語、「永遠に生きる愛」 (「ネイチャー ボーイ (リプライズ)」) を書き終えます。

ムーラン・ルージュ スタッフ

監督:バズ・ラーマン
脚本:クレイグ・ピアース,バズ・ラーマン
製作:フレッド・バロン,マーティン・ブラウン,バズ・ラーマン
音楽:クレイグ・アームストロング,マリウス・デ・ヴリーズ,スティーヴ・ヒッチコック
撮影:ドナルド・M・マカルパイン
編集:ジル・ビルコック
配給:20世紀フォックス

ムーラン・ルージュ キャスト

ニコール・キッドマン
ユアン・マクレガー
ジョン・レグイザモ
ジム・ブロードベント
リチャード・ロクスバーグ
ジャセック・コーマン
キャロライン・オコナー
デビッド・ウェナム
カイリー・ミノーグ
オジー・オズボーン

ムーラン・ルージュ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ