ダン・リン

ミステリー

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム|名探偵ホームズは、宿敵モリアーティ教授との対決へ……。ホームズと繰り広げる究極の頭脳戦がはじまる!

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲームは、2011年公開のイギリス・アメリカ合衆国合作映画。「シャーロック・ホームズ」の続編。ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウがシャーロック・ホームズ、ジョン・ワトソンにふんするアクション・ミステリーの第2弾。おなじみのコンビに謎の女占い師を加えた3人が、ある事件を裏で操る最強の敵との死闘を繰り広げる。監督は、前作に続き『スナッチ』のガイ・リッチー。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ミステリー

シャーロック・ホームズ|最強の頭脳。最強のコンビ。最強の事件。国を揺るがす謎の敵を前に、ホームズとワトソンの強力なタッグで壮絶な闘いを繰り広げる。

シャーロック・ホームズは、2009年公開のイギリス・アメリカ合衆国・オーストラリア合作映画。国を揺るがす謎の敵を前に、ホームズとワトソンの強力なタッグで壮絶な闘いを繰り広げる。『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jrと『リプリー』のジュード・ロウが、名探偵シャーロック・ホームズと相棒のジョン・H・ワトソン博士を演じるミステリー大作。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
マフィア・ギャング映画

L.A. ギャング ストーリー|ロサンゼルスを牛耳るギャングのボスと、L.A.市警のはぐれ者たちによる極秘チームの闘いを描くクライム・アクション。

L.A. ギャング ストーリーは、2013年公開のアメリカ合衆国の映画。1940年代から1950年代のロサンゼルスで起きた実話を基に、ロス市警とギャングの戦いを描く。ロサンゼルスを牛耳るギャングのボスと、L.A.市警のはぐれ者たちによる極秘チームの闘いを描くクライム・アクション。 L.A. ギャング ストーリー 映画批評・評価・考察 L.A. ギャング ストーリー(原題: Gangster Squad)脚本:28点演技・演出:16点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:7点合計74点 アメリカ映画にして昭和くさいギャング映画といいましょうか、70年代や80年代初期の演出のようでした。ストーリ...
SFパニック

ゴジラvsコング|人類の生き残りをかけた争いは、ゴジラ対コングという最強対決を引き起こし、人々は史上最大の激突を目にすることとなる…。

ゴジラvsコングは、2021年公開のアメリカ合衆国の映画。人類の生き残りをかけた争いは、ゴジラ対コングという最強対決を引き起こし、人々は史上最大の激突を目にすることとなる…。「モンスター・ヴァース」の4作目であり、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019年)と『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年)の続編であると共に、「ゴジラ」シリーズの36作目、「キングコング」シリーズの12作目、そしてハリウッドスタジオで製作された4作目のゴジラ映画である。
ホラー映画

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。|『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編。第1作の出来事から27年後を描く。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。は、2019年公開のアメリカ合衆国の映画。2017年に公開された映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編で、スティーヴン・キングの1986年の小説『IT』を原作としている。監督は1作目同様にアンディ・ムスキエティ、脚本はゲイリー・ドーベルマンが務める。第1作の出来事から27年後の2016年を舞台に、ジェシカ・チャステイン、ジェームズ・マカヴォイ、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタファ、そしてペニーワイズとして復帰したビル・スカルスガルドが出演している。
SFアクション

リアル・スティール|ロボットとの出会いを通じて親子のきずなを描く感動のストーリー。

リアル・スティールは、2011年公開のアメリカ合衆国の映画。リチャード・マシスンの短編小説「四角い墓場」(原題: Steel)を原作としている。ロボットとの出会いを通じて親子のきずなを描く感動のストーリー。映画スタッフたちは人間の俳優と共に登場する19台のアニマトロニクス・ロボットを組立てた。ロボットが戦う場面のために、モーションキャプチャ技術が使用された。元ボクサーのシュガー・レイ・レナードがアドバイザーを務めた。
ホラー映画

IT イット “それ”が見えたら、終わり。|子供が消える町に、”それ”は現れる。

IT イット “それ”が見えたら、終わり。は、2017年公開のアメリカ合衆国の映画。2度目の映像化で初の劇場版であり、本作は小説の前半を映画化した。キャッチコピーは、『子供が消える町に、"それ"は現れる。』北米での興行収入は3億2,748万ドルで、これは、M・ナイト・シャマラン監督のホラー映画No.1の大ヒットを記録した『シックス・センス』が稼いだ2億9,350万ドルを上回り、事実上のホラー映画No.1の大ヒットを記録。