スポンサーリンク

与太話を書きたいと思ったので、カテゴリー作りました。

与太話 ベルセルク実写化するなら
この記事は約3分で読めます。

サイトをリニューアルしたついでに、管理人日記という名の与太話を書いていくページを作りました。

与太話(よたばなし)とは?
出まかせのつまらない話。でたらめの話。

なので、玉石混淆(ぎょくせきこんこう)で書いていきます。
ということでガチ突っ込みされても困りますので、予めご了承ください。

世間はコロナ過ということもあり、なにかと息苦しい日々が続いていますが、皆様、たまに映画など見て日常にはない世界に触れて、時には癒され、時には恐怖に慄き、時には爆笑し、時には号泣し、適度に刺激を得て充実した日々をお過ごし頂けたらと思います。

最近は、ガッキー(新垣結衣)と星野源が結婚したことや漫画ベルセルク作者の三浦健太郎氏が亡くなったことなどショックなことが続き、気持ちは下がりまくりです。

ベルセルクが未完で終わる話、これは昔からファンの心配事だったのですが、現実になってしまいました。そして、ベルセルクは実写化されるのか?どうでしょう?

そういえば、昔、ベルセルクの主人公が黒い剣士ガッツということで、芸能界の黒い歌手こと松崎しげるがコラボしているのをみなさんはご存じでしょうか?


出典:Youtube


クオリティは低いですが、作者公認のはずです。

海外のファンムービーもありました。


ベヘリットの目が多すぎるw まぁ、コスプレ感が微妙ですが頑張ってますね。

ベルセルクについては、国際的に人気なので個人的には海外の映画制作会社に撮って欲しいです。僕にお金が腐るほどあるのであれば、バーフバリの監督S・S・ラージャマウリ氏に依頼します。彼ならやってくれるはずです。

バーフバリ 伝説誕生|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2015年公開のインド映画。テルグ語、タミル語で撮影された全2部構成の叙事詩的映画の第1作目である。インド国内で最高額の予算で製作された本作は公開直後から高い評価を受け、インドの歴代興行収入最高額を記録した。また、興行的に最も成功したテルグ語映画となった。 バーフバリ 伝説誕生 映画批評・備忘録 バーフバリ 伝説誕生(原題:Baahubali: The Beginning) 脚本:40点 演技・演出:20点 撮影・美術:20点 編集:10点 音響・音楽:10点 合計100点 バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!感想はバーフバリ! 映画の醍醐味のすべてが揃っている...
バーフバリ 王の凱旋|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2017年公開のインド映画。テルグ語、タミル語で撮影された全2部構成の叙事詩的映画の第2作。『バーフバリ 伝説誕生』に引き続きS・S・ラージャマウリが監督を務め、古代王国の王位継承争いの結末を描いている。前作を上回る25億ルピーの製作費をかけて、ハイデラバードのラモジ・フィルムシティで撮影された。 国内外の合計で100億ルピー以上の興行収入を記録し、インドの興行収入記録を更新して歴代1位となった。 バーフバリ 王の凱旋 映画批評・備忘録 バーフバリ 王の凱旋(原題:Baahubali 2: The Conclusion) 脚本:40点 演技・演出:20点 撮影・美術:2...

彼が難しいのであれば、作者が強い影響を受けていたタイムマシン、パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズの監督ゴア・ヴァービンスキー氏が良いかもしれません。世界観はリアルに描いてくれそうです。ただし、ヴァービンスキー氏の場合、良い脚本家とプロデューサーがいないと微妙になるかもしれません。

タイムマシン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2002年公開のアメリカ合衆国の映画。ジュール・ベルヌと共にSFの父と呼ばれるH・Gウェルズの”小説タイムマシン”とデヴィット・ダンカンの”映画タイム・マシン 80万年後の世界へ(脚本)”を原作としたSF映画。原作者のH・Gウェルズは、社会主義に傾倒しており、ウェルズの政治観が反映されている作品で資本主義の階級構造の行く末にある未来とされている。 タイムマシン 映画批評・備忘録 タイムマシン(原題:The Time Machine) 脚本:28点 演技・演出:13点 撮影・美術:16点 編集:6点 音響・音楽:7点 合計70点 前半と後半で全く違う世界観が表現され...

 

 

三浦健太郎様、夢を長らく見させてくれて本当にありがとうございました。これからもあなたが見させてくれた夢の続きを妄想しながら生きていきます。
ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

ここで何を書くというかというと、時事ネタから最近ハマったYoutuberのことやドラマやら、皆さんにとってはどうでもいいような話を、だらだらと書き綴っていきたいと思います。与太話も含んでいるので、あまり真に受けないでくださいね。