スポンサーリンク

エイリアン4|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

エイリアン4
この記事は約5分で読めます。

1997年公開のアメリカ合衆国の映画。原題の「Resurrection」は「復活」を意味しており、前作『エイリアン3』のラストで自決したはずのリプリーとエイリアンの復活、完結したと思われたシリーズの復活の両方を表している今作は、監督に『デリカテッセン』『アメリ』などで知られるフランスのジャン・ピエール・ジュネが起用された。過去3作では、エイリアンによる殺戮シーンは場面が切り替わるなどの手法を用いていたために詳細は描かれなかったが、今作ではエイリアンによる人体破壊シーンや臓物露出シーンが大量に描かれ、シリーズ中最もグロテスクな殺戮シーンが満載となっている。

エイリアン4 映画批評・備忘録


エイリアン4(原題:Alien: Resurrection)

脚本:25点
演技・演出:16点
撮影・美術:18点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計75点

魅力的なアンドロイドを演じたウィノナ・ライダーや豪傑感漂うロン・パールマン、変人感丸出しの将軍役ダン・ヘダヤ、癖があり過ぎる狂気のドクター役をブラッド・ドゥーリフが演じるなどテイストの違う個性派をよく集めたものです。シガニー・ウィーバーとウィノナ・ライダー以外は、名悪役・バイプレイヤー達の濃いなぁ~と思える演技が光ります。

エイリアン4は、人間のエゴが出過ぎている描写が多いことに監督の説教臭さを感じてしまい、個人的には3より嫌いかもしれません。現代医学じゃないのにクローン失敗しすぎは、明らかに人間のエゴってこんなんやでぇ~を表現するためにそうした感が強すぎる。

※4度目の出演になったシガニー・ウィーバー
リプリー役のシガニー・ウィーバーは当初出演しない意向であったが、本作のリプリーが過去作とは似て非なる別個体のクローンであるという設定に納得し、許諾した。作中でクローン・リプリーの驚異的な運動能力を示す場面として後ろ向きのままバスケットボールの超ロングシュートを決めるシーンがあるが、これはCGや特撮ではなく、ウィーバー自身が多くのリハーサルの末にNG無しの1テイクで決めた本物のシュートである。その際ジョナー役のパールマンと現場のスタッフが思わず拍手喝さいをし、現場の空気がヒートアップしてしまったため、ジュネは「編集でそれを隠すのが大変だった」と語っている。

amazonプライム・ビデオ

エイリアン4 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥1,000(2022/04/24 10:24時点)

エイリアン4 あらすじ

前作の舞台であるフューリー宇宙刑務所において、主人公リプリーはエイリアン・クイーンを体内に宿したまま溶鉱炉に身を投じ、永きに渡るエイリアンとの戦いに幕を下ろした。
だが、それから200年後。リプリーは軍の実験宇宙船「オーリガ」で、フューリー宇宙刑務所に残されていた血液から、科学者らの手によりクローンとして再生される。その目的は、リプリーの体内に残されたエイリアン・クイーンの摘出であり、エイリアンを繁殖させて軍事兵器として利用することであった。リプリーの存在はあくまでも副産物に過ぎなかったが、クローン化の過程で彼女の遺伝子はエイリアンの遺伝子と融合しており、科学者らにとって興味深い実験材料であった。
そんな人間たちの意図を嘲笑うかのように、復活した無数のエイリアンは仲間のエイリアンを殺して、その体液の酸で床を溶かすという巧妙な手口で逃亡し、研究者や軍人たちを次々と虐殺していく。リプリーは本能的にエイリアンを「敵」と見なし、エイリアンを植えつける苗床である生きた人間を輸送してきた宇宙貨物船「ベティ」のクルーと共に、オーリガからの脱出を試みる。
その脱出のさなかリプリーは、進化の末に子宮を得たエイリアン・クイーンから、人間とエイリアンのハイブリッド生物「ニューボーン」が誕生するのを目撃する。ニューボーンは母親であるクイーンを殺害し、自分と同じ人間とエイリアンの遺伝子を併せ持つリプリーを母親と思い込む。自分は人間なのか怪物なのか、その答えを出しかねていたリプリーは、仲間を救うためにニューボーンへ立ち向かう。

エイリアン4 スタッフ

監督:
脚本:
製作:,,,
音楽:
撮影:
編集:
製作会社:
配給:

エイリアン4 キャスト












エイリアン4 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ
エイリアン4 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥1,000(2022/04/24 10:24時点)

エイリアン 映画シリーズ

エイリアン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1979年公開のアメリカ合衆国のSF映画。大型宇宙船の薄暗い閉鎖空間の中で、そこに入り込んだ異星人(エイリアン)に乗組員たちが次々と襲われる恐怖を描いたSFホラーの古典であり、監督のリドリー・スコットや主演のシガニー・ウィーバーの出世作でもある。外国人を意味する名詞「エイリアン(Alien)」が「(攻撃的な)異星人」を意味する単語として広く定着するきっかけともなった。エイリアンのデザインは、シュルレアリスムの巨匠デザイナーH・R・ギーガーが担当した。本作以降、続編やスピンオフが製作されシリーズ化した。 エイリアン 映画批評・備忘録 エイリアン (原題:Alien) 脚本:38点 ...
エイリアン2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1986年公開のアメリカ合衆国の映画。SFホラーとして制作された前作『エイリアン』から作風を一変し、当時『ターミネーター』で一躍名を馳せたキャメロンを脚本・監督に迎え、原題通り無数に繁殖したエイリアンと未来兵器に身を固めた兵士との戦いを描くアクション映画として製作された。 ※1986年のアカデミー賞では視覚効果賞、音響効果編集賞を受賞。 ※2009年にイギリスのエンパイア誌が「史上最高の続編映画」を発表し本作が1位となった。また全米でも一般人を対象にした同様のアンケートが行われた際も、1位に選ばれている。 エイリアン2 映画批評・備忘録 エイリアン2(原題:Aliens) 脚...
エイリアン3|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1992年公開のアメリカ合衆国の映画。エイリアンシリーズの3作目。監督は後に『セブン』や『ファイト・クラブ』で知られるデヴィッド・フィンチャーであり、彼の映画初監督作品でもある。 エイリアン3 映画批評・備忘録 エイリアン3(原題:Alien3) 脚本:25点 演技・演出:16点 撮影・美術:17点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計74点 当初のプロジェクトでは、本作に原案としてクレジットされているヴィンセント・ウォードが監督を務める予定でしたが、20世紀FOXと人事において揉めたことにより解雇され、デイヴィッド・フィンチャーが抜擢されました。ところが主役のリプ...
エイリアン4|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1997年公開のアメリカ合衆国の映画。原題の「Resurrection」は「復活」を意味しており、前作『エイリアン3』のラストで自決したはずのリプリーとエイリアンの復活、完結したと思われたシリーズの復活の両方を表している今作は、監督に『デリカテッセン』『アメリ』などで知られるフランスのジャン・ピエール・ジュネが起用された。過去3作では、エイリアンによる殺戮シーンは場面が切り替わるなどの手法を用いていたために詳細は描かれなかったが、今作ではエイリアンによる人体破壊シーンや臓物露出シーンが大量に描かれ、シリーズ中最もグロテスクな殺戮シーンが満載となっている。 エイリアン4 映画批評・備忘録 ...
プロメテウス|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2012年公開のアメリカ合衆国の映画。ヒット作や名作を数多く手掛けてきた名匠リドリー・スコット監督が、自身のアイデアをベースに壮大なスケールで放つSF巨編。謎に包まれた人類の起源を解き明かす鍵が残された惑星に降り立った科学者チームに待ち受ける、驚愕の真実と恐怖を描く。 プロメテウス 映画批評・備忘録 プロメテウス(原題:Prometheus) 脚本:32点 演技・演出:16点 撮影・美術:19点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計83点 リドリー・スコット監督の『エイリアン』(1979年)の前日譚として企画されたのが今作。見終わってみれば前日譚の前日譚かもしれない...
エイリアン: コヴェナント|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2017年公開のアメリカ・イギリス合作映画。2012年公開の映画『プロメテウス』の続編であり、1979年公開の『エイリアン』の前日談として製作された新シリーズの2作目。移住のため宇宙船コヴェナント号で旅立ったクルーたちが、ある惑星で遭遇した出来事を描写する。 エイリアン: コヴェナント 映画批評・備忘録 エイリアン: コヴェナント(原題: Alien: Covenant) 脚本:25点 演技・演出:15点 撮影・美術:18点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計74点 2012年3月17日、リドリー・スコットは『プロメテウス』には未解決の謎が多くあり、これらは続編で...