スポンサーリンク

TAJOMARU|絶対、女を捨てない。己を曲げない。そして、どこまでも自由。多襄丸が、いま、生きる力を解き放つ!

映画 TAJOMARU
この記事は約4分で読めます。

TAJOMARU(たじょうまる)は、2009年9月12日公開の日本映画。芥川龍之介の小説『藪の中』を原作とし、作中の登場人物の一人である盗賊・多襄丸を主人公としたオリジナルストーリーである。イラストレーターの形部一平によりキャラクター化され、アニメ及び漫画として展開された。2009年に映画化されたが、これは、プロデューサーの山本又一朗が主演の小栗旬の舞台『カリギュラ』を観て、小栗の舞台の世界を映像化できないかと着想したことから始まった。

TAJOMARU 映画批評・評価・考察


TAJOMARU(たじょうまる)

脚本:20点
演技・演出:15点
撮影・美術:17点
編集:6点
音響・音楽:7点
合計65点

冒頭がお遊戯会過ぎて残念なシーンからスタート。見終わったら最初のシーンはもうちょっと違ったやり方あったんじゃないかと思うんです。この映画は酷評評価が多いものの、結構面白い内容で俳優は若手、ベテランのバランスが良く、個性も出てて、松方弘樹、近藤正臣、萩原健一に至っては名演であり、この3人の俳優だけでも見る価値があります。若手では田中圭が素晴らしい悪役っぷりで最近は好青年役が多いのでギャップがあって面白いです。映像や衣装・美術は標準より上のレベルにあるにも拘わらず、所々に微妙なシーンと演出があり、中野博之監督らしいPV(Promotion Video)に収まっている。

amazonプライム・ビデオ

TAJOMARU あらすじ

戦乱の世が近づく室町時代末期。次期管領職を約束された名門畠山家の長男、信綱(池内博之)と次男の直光(小栗旬)は、将軍足利義政(萩原健一)から命を受ける。それは、亡くなった大納言の娘、阿古姫(柴本幸)と結婚し、その財産を受け継いだ方を管領職にするというものだった。義政の狙いは大納言の遺産。管領職の地位を弟に奪われることを恐れた信綱は、阿古姫を力ずくで自分のものにしてしまう。許嫁の阿古姫と一緒になれさえすれば、地位などいらないと訴えていた直光だったが、それを聞き、阿古姫を奪回。追っ手を振り切って山道へ逃げ込む。2人に従うのは、家臣の景時(近藤正臣)と桜丸(田中圭)。だが、途中で景時は何者かに殺され、桜丸は行方不明に。そんな2人の前に現れたのは大盗賊、多襄丸(松方弘樹)。その一撃に気絶した直光が気付くと、そこは藪の中。木に縛り付けられ、身動きが取れない。阿古姫は既に多襄丸に手をかけられている様子。さらに眼前では、自分を口説く多襄丸に、阿古姫が“直光を殺せ”と囁く衝撃的な光景が。だが、阿古姫は逃走。隙をついた直光に、小刀で一突きにされた多襄丸は、“多襄丸を殺したものが、その名を受け継ぐ定め”と言い残して息絶える。放心状態で彷徨っていた山中で、道兼(やべきょうすけ)率いる盗賊に取り囲まれ、直光は“多襄丸”を名乗る。その名を聞いて盗賊は、彼を頭に祭り上げる。多襄丸として心の赴くまま自由に生き始める直光。やがて、その耳に届く信綱急死の知らせ。同時に、弟の直光が管領職に就くという噂も。急いで屋敷に戻った多襄丸が目にしたのは、直光を名乗る桜丸と、その妻となった阿古姫の姿だった。やってきた役人に捕らえられる多襄丸。その前で、驚くべき事実が次々と明かされていく。桜丸の謀略、裏で糸を引く将軍義政の思惑、そして阿古姫の告白……。多襄丸がこれまでに目にした真実が、ひとつ、またひとつと覆されていく……。

TAJOMARU スタッフ

プロデューサー:
監督:
脚本:
撮影:
美術:
編集:
音響効果:
ヴィジュアルディレクター:
メイキングディレクター:
アクションコーディネーター:
音楽プロデューサー:
音楽:
製作:「TAJOMARU」製作委員会(トライストーン・エンタテイメント、フジテレビジョン、ワーナー・ブラザース映画、講談社、アミューズソフトエンタテインメント、博報堂DYメディアパートナーズ、シネマ・インヴェストメント)
製作プロダクション:
配給:

TAJOMARU キャスト

畠山直光/新多襄丸
畠山家の次男。阿古姫を守るために多襄丸を殺してしまい、「多襄丸」の名を受け継ぐ。

畠山信綱
畠山家の長男。直光や阿古を友として育つが、弟に権力を奪われることを恐れている。

阿古
直光の許嫁。信綱も加えて幼き日には良い遊び相手であった。

桜丸
直光の家臣。元々畠山家を襲った盗人であったが、直光と同い年であったことから同情され、桜丸と名づけられた。

栗山秀隆
所司代。畠山家の騒動についてお白洲で詮議する。

旧多襄丸
直光らを襲った盗賊。直光に「多襄丸」の名を継ぐよう言い残す。

景時
畠山家に仕える人徳厚い家老、桜丸により惨殺される。

足利義政
僧形の将軍。かなり視力を失っており、何くれとなく世話する桜丸に目をかけている。盲目に近い設定は、当時義政は不治の病だった糖尿病を患っていたとされており、そのため緑内障であったことの想定による

道兼


TAJOMARU 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ