スポンサーリンク

霊幻道士|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

霊幻道士
この記事は約9分で読めます。

1985年公開の香港映画。世期中期-20世紀初頭中国を舞台としたチャイニーズアクションホラーコメディ。日本での公開は1986年4月26日で観客動員数20万人。キョンシー映画の火付け役とも言われた。サモ・ハン・キンポーが監督、主演を兼任して手がけ、1980年に公開された香港映画『妖術秘伝・鬼打鬼』を元にして生まれたアクションホラー映画。中国古来の伝承に登場する妖怪「キョンシー」を物語の主軸に据え、特殊効果とカンフーアクションを織り交ぜたコミカルなホラー映画として「キョンシーホラー」と呼ばれるジャンルを作り上げ、後に続くキョンシーシリーズの基礎を確立した。

香港、台湾、日本などで大ヒットを記録し、その後『幽幻道士(キョンシーズ)』などの無数の亜流作品が各国で製作されることになる。

霊幻道士 映画批評・備忘録


霊幻道士(英題:Mr. Vampire)

脚本:36点
演技・演出:16点
撮影・美術:13点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計80点

一大ブームを巻き起こしたキョンシーホラーの最初の映画ですが、サモ・ハン・キンポーの『妖術秘伝・鬼打鬼』が元になっています。主演のデブゴンのイメージが強いサモ・ハンですが、面倒見が良くジャッキー・チェンやユン・ピョウが売れてない頃から支援していたりプロデューサーとしても今作を大ヒットさせ、シリーズを拡大させ軒並みヒットさせているのは敏腕と言えると思えます。今作の面白いところは、ゾンビのような死人が蘇るというのとはちょっと違っていて、キョンシーはキョンシーなんですよ。英題がMr.Vampireなので吸血鬼をイメージしたキャラクター設定なのだと思います。ものすごく滑稽なキャラクターにしているのはサモハンらしいようにも思えます。今作もコメディ・ホラーの先駆け的作品の一つだと思います。

amazonプライム・ビデオ

霊幻道士〈日本語吹替収録版〉 [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
¥1,100(2021/12/31 05:32時点)

霊幻道士 あらすじ

ある日、街の富豪ヤンから先代である父親の改葬を依頼された道士カオ。ところが、墓地を掘り起こしてみると20年間も埋葬されていたにもかかわらず、遺体は全く腐敗していなかった。ヤンの父親は生前に大きな恨みを買っており、風水的に誤った方法で埋葬されていたためにキョンシーになりかけていたのだ。

呪いが進行して危険な状態であると悟ったカオが遺体を引き取り、処置を施そうとするが弟子のミスによって遺体は完全にキョンシー化し、義荘から姿を消してしまった。

その夜、ヤンはキョンシーとなった父親に襲われて殺害され、翌日に現場捜査に訪れた保安隊長ウェイの勘違いで、カオは殺人容疑者として逮捕されてしまうのであった。

霊幻道士 スタッフ

監督:リッキー・ラウ
製作総指揮:レナード・ホウ
製作:サモ・ハン・キンポー
脚本:シートゥ・チャホン
原案:エリック・ツァン,バリー・ウォン
武術指導:ラム・チェンイン,ユン・ワー
音楽:アンダース・ネルソン,メロディ・バンク
配給:嘉禾電影有限公司,東宝東和

霊幻道士 キャスト

道士カオ/ガウ(九叔) ※日本語吹き替え版ではチェン道士
出演:ラム・チェンイン
各方面から信頼の厚い優秀な道士。いたずら目的での法術の使用を絶対に許さず、頼りない弟子のチュウサムとモンチョイを日頃から厳しく育てている。しかし決して話のわからない人物ではなく、面倒見もいいので二人から好かれ「先生」と呼ばれている。
老齢だが武術と法術に秀でており、中盤ではシャンシーに洗脳されたチュウサムを容易く取り押さえた。またキョンシー化してしまったモンチョイをあっさり取り押さえ治療した。風水やキョンシーについても知悉しており、キョンシーを封じる結界や動きを止める札などを用意したり、シャンシーとの戦いでは幾重物の道具を用意して捕らえている。
先代キョンシーとの最終戦では、チュウサムと共に抜群の師弟コンビネーションで戦い抜き、決着寸前ではチェンの一撃がチュウサムの援護となり勝利に導いた。

サンコー/セン(生哥/秋生) ※日本語吹き替え版ではチュウサム
出演:チン・シュウホウ
チェンの弟子の1人。チェンとは別に暮らしており、住み込み弟子のモンチョイとは違って通い弟子である。体術はモンチョイより優れており、キョンシーとの戦いでは優れたカンフーアクションを見せる。反面、法術の類は特に使用しない。
化粧品店を営む伯母がおり、修行がない時はお店を手伝っている。
冒頭ではキョンシーに化けてモンチョイを脅かしたり、彼をそそのかしてウェイに嫌がらせしたりと悪戯好きな面が強い。またシャンシーに取り付かれていたことをチェンに告げられた時は、「美人の娘さんとステキな一夜を過ごせて幸いだった」など喜んでいたので怒られた。好意を寄せる女性に対しては誠実に接する一方、売春婦などその手の女性に対しては冷たくするところがある。当初ティンをそっちの女性だと勘違いして泣かせてしまった。
先代キョンシーとの最終決戦の際は機転を利かせ、火がついたところに酒を投げつけ、チェンの援護の元焼き殺し止めを刺した。
天然なところもあり、チェンから「もち米をもってこい」と言われ、食べるつもりだと思って炊いて持ってきてしまった。キョンシーと化したヤンとの戦いでは、札を張って動きを止めるも「一息吐いた」ことで札が剥がれてまた襲われるというコメディリリーフも担った。
『霊幻道士Q』にてチン・シュウホウは、亡き師ラム・チェンインに代わって道士役を引き継いでいる。

モンチョイ/モン(文才)
出演:リッキー・ホイ
チェンの弟子の1人。チェンの義荘に住み込んで修行に励んでいる。法術、体術に多少の心得があるが、チュウサムより劣るために主に霊廟の世話係や義荘の留守番を務める。
ティンには一目惚れしており、一連の事件を通して親しくなっていった。先代キョンシーが襲来した時は機転を利かせ、チェンたちが駆けつけるまで彼女を守り抜いている。しかし噛まれたことで少しずつキョンシーになっていった。しかも米屋がもち米を誤魔化したことでチェンの治療も上手くいかず、中盤ではキョンシーとなってチュウサムに襲い掛かった。だがチェンによって取り押さえられ、適切な治療を受けたことで元に戻った。

ティンティン/ティン(任婷婷)
出演:ムーン・リー
ヤンの娘。18歳。深窓の令嬢だが気が強く、行動力もある。コーヒーを初めて飲むカオとモンチョイに、わざと間違った飲み方をしてからかうといういたずら好きな一面もある。初めてチュウサムと会った時は売春婦だと勘違いをされ、侮辱のあまり泣き出してしまった。
ウェイから好意を寄せられているが特に興味はないようで、一連の事件を通して知り合ったモンチョイと仲を深めている。
キョンシーと化した祖父に父を殺され、次は自分の番となったためチェンたちに護衛されることとなる。
最終決戦では祖父の悪の気を吸い出すべく接吻をしようとしたが、暴れられたため失敗に終わった。

ウェイ(阿威)
出演:ビリー・ラウ
保安隊の隊長。ヤンの甥に当たり、ティンティンとは従兄妹の関係。幼い頃から彼女を好いていたらしく、隠しようもない好意を見せて迫っている。ヤンにも彼女との結婚を許してもらおうと相談しようとしていた。
当初は横柄なキャラクターだったが、キョンシーの恐ろしさを目の当たりにしたことですっかり萎縮してしまい、チェンに逆らうことなく素直に言うことを聞くようになる。臆病者であるが、いざという時は先代キョンシーに立ち向かい、ティンを守ろうとするなど意外な男気を見せた。
前述のように横柄である一方で、逃走した先代キョンシーの追跡を我先に買って出たりなど正義感の強さを見せている(ただし誰も追跡に続かなかったので怖くなって諦めている。捜索は後に行ったが熊に遭遇しただけに終わった)。ヤンのことは叔父として慕っていたようで、死んだ時は涙一つ流さなかったが遺体の前で「必ず仇は討ちます」と告げたり、死後も遺体を粗末に扱わないようにするなどしていた。皮肉にもキョンシーと化したヤンに襲われ、キョンシーの恐ろしさを嫌というほど味わうこととなった。

ヨッ(董小玉) ※日本語吹き替え版ではシャンシー
出演:ポーリン・ウォン
女性の幽霊。20歳という若さで死亡したが、死因は不明。ヤンの父親と同じ墓地に埋葬されており、改葬に際しての儀式を執り行ったチェンの提案で墓前に線香を供えてくれたチュウサムに恋をし、幽霊となって彼に付きまとうようになる。様々な妖術を自在に操り、髪の毛を使って相手を縛り上げたり頭と体を分離するなど多彩な能力を併せ持つ。普段は生前の美しい姿を取るが、本当の姿は顔の右半分が醜く朽ち果てており、チェンですら咄嗟に目を背けたほど。戦いの際は更に醜い様に変貌する。
また幻を見せて相手を操ることもできる。まんまと術中に嵌ったチュウサムを自分の虜にするが、勘付いたチェンによって阻まれ彼と対決。様々な妖術を駆使するも彼には通じず、一度撤退した。そして中盤にて再びチュウサムの元を訪れ、待ち構えていたチェンとの二度目の戦いを演じた。隙を突いてチュウサムをつれて逃げようとしたが、チェンの放った霊力を持つ着物によって身動きを封じられ捕らえられた。だがチュウサムによって解放され、最後はチェンから「生者と死者では住む世界が違う」という言葉を聞き入れ、空の彼方へと去っていった。
利用できるものは何でも利用するという魔性の女としての面を持っており、見回りに来たおじさんを妖術で操って痴漢に仕立てあげチュウサムに近づくための道具にしたり、チェンとの戦いでは窮地に陥るとチュウサムをけしかけている。しかし彼を愛しているのは事実であり、キョンシー化したモンチョイに襲われていた彼を必死で助けに向かった。

ヤン(任老爺)
出演:ウォン・ハー
街の富豪。チェンに父親の改葬を依頼する。その翌日、キョンシーとなった父親に襲われ惨殺され自らもキョンシーと化してしまった。
拘置所でチェンと共に保管されていたところキョンシーとして覚醒し、チュウサムとウェイに襲い掛かる。武術の心得はないらしく力任せの攻撃を繰り出してくるが、様々な偶然が重なったことで結果的にチュウサムを苦戦させた。しかしチェンが牢から脱したことで形勢は逆転し、チュウサムの剣によって動きを止められたところをチェンの札による炎で滅せられた。
父の強引さを知っている一方で父思いだったらしく、チェンが火葬を進言した時は「父は火が嫌いだった」と必死で庇い、他の方法を模索して欲しいと懇願した。結果的にこれが仇となり実の父に殺され、彼もキョンシーとなってしまった。

先代キョンシー(任老太爺)
出演:ユン・ワー
ヤンの父親でティンの祖父。本作の最終ボス。火が大嫌いだという。
生前は金と権力に物を言わせて強引な方法で金儲けをしていたようで、占い師から無理やり土地を買い取ったことで恨みを買っていた。
死後、占い師の仕返しで誤った埋葬法とその後のいい加減な処置のために怨念が増幅し、天国へは行けず地獄へと落ち、さらにチュウサムとモンチョイのミスによって完全にキョンシー化してしまった。手始めに息子であるヤンを殺害し、次に孫娘ティンの命を狙って行動する。それからは何度もチェンたちと激闘を繰り広げる。
怪力から繰り出される爪を武器にモンチョイとティンに襲い掛かるが、チェンとチュウサムにコンビに撃退される。しばらくの間身をひそめ、更なる変異を遂げたことでパワーアップを果たす。二本の足で歩くようになり、しかも目が見えるという状態になる。刃も通さぬ頑強な肉体でもあるため、チェンとチュウサムの二人でも決定的なダメージを与えることができなかった。最終決戦では道長の助太刀でキョンシー軍団をけしかけられるが、力づくでこれを蹴散らしている。万策尽きたと思われたがチュウサムの機転によって火をつけられ、火葬にされるという結末を辿った。

道長(四目道長)
出演:アンソニー・チェン
カオの弟弟子に当たる道士。キョンシー隊を導く道長を専門としており、物語冒頭と最後に義荘を訪れる。
劇中特に名前を呼ばれるシーンはない。

霊幻道士 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

霊幻道士〈日本語吹替収録版〉 [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
¥1,100(2021/12/31 05:32時点)