ひとひらの雪 73点

映画 ひとひらの雪

1985年公開の日本映画。渡辺淳一の同名ベストセラー小説を、荒井晴彦が脚色し根岸吉太郎が監督した。原作小説は、不倫の愛と悦楽を描き、連載直後から、辛みの効いたエロチシズムが評判を呼び、”ひとひら族“や”ひとひら願望“などの流行語を生み、単行本は100万部のベストセラーを記録した。主人公の伊織祥一郎を演じる津川雅彦はそれまであまりヒットに恵まれず、1969年のデヴィ・スカルノとスキャンダル以降は仕事のオファーが減り不遇をかこっていた。1981年の東陽一監督『マノン』で初めて映画賞(ブルーリボン賞助演男優賞)を受けて浮上し、『ひとひらの雪』で名声を得るきっかけをつかんだ。

ひとひらの雪 映画批評・備忘録


ひとひらの雪

脚本:25点
演技・演出:18点
撮影・美術:15点
編集:7点
音響・音楽:8点
合計73点


 自分の年齢が高くなるにつれて日本映画の良さやAVとは違ったエロティシズムの素晴らしさに心揺さぶられる感じなのですが、津川雅彦の上手さ、エロさ、に感心させられます。ただのエロ親父というには上品さがあるし、文学的というには砕けたセリフと口調だし、時折見せる眉間にしわを寄せた表情が官能の入り口のようで、呼応するかのように女優の姿も表情もエロさに溢れています。僕は何を書いてるんだろう。。。。
 根岸監督が『失楽園』を撮ってたらなぁと、、女優さんの魅力や脱ぎっぷりってやっぱり監督の力が大きいと思うんですよね。

孔雀ポーズの逸話
本作は濃厚なセックスシーンが話題を呼び、撮影中もスタッフが思わず横を向くほどで、秋吉も「相当恥ずかしくて体調を崩した」と話した。中でも当時のマスメディアにグラビア等で盛んに扱われたのが、”孔雀ポーズ”といわれた着物をまくって後背位するシーンで、このときの女性の形が孔雀に似ていることからそう呼ばれ、”くじゃくする”と、”ひらひらする”(不倫する)は、当時の流行語になった。津川に抱かれる秋吉のセリフ”ヤクザにしないで下さい”も流行語になった。


ひとひらの雪 あらすじ

中年建築家の伊織祥一郎は妻子とは別居中で、部下の相沢笙子と恋人関係にあった。ある日知人のパーティで高村霞と10年ぶりに再会し驚く。人妻になった霞は日本美の伝統である”雅”がそなわっていた。10年前、美大生だった霞は講師にきていた伊織と一夜をともにし、その時が初めてだった霞は妊娠し堕胎していた。霞をどうしても手に入れたいと伊織は思い、冬の一日に二人は身体を重ねた。春、霞は大輪の芍薬へと変身する。梅雨の京都、奈良で霞は乱れる。それまで霞は乱れ、狂おしく燃え上がることはなかった。「あなたしか受け入れられない躰になった」と霞は言った。霞は夫との性交を拒否しているらしい。伊織は霞の肉体を求め続け、情痴に没入し官能を緩めない。霞は性愛を極めようとするように、その躰は火柱になってのぼっていく。一年後、雪がひとひら、ひとひらと落ちていくように、愛の終わりを迎える。四季の移ろいによって、霞の中の内なる自然が開花し、そしてひとひらの雪のように静かに消えていく。

ひとひらの雪 スタッフ

監督:根岸吉太郎
脚本:荒井晴彦
原作:渡辺淳一
企画:三堀篤瀬戸恒雄矢部恒
音楽:本多俊之
主題歌:ジュディ・オング「ひとひらの雪」(作詞:阿木耀子 作曲:佐藤隆 編曲:チト河内)
美術:今保太郎
撮影:川上皓市
編集:西東清明中野博
助監督:渡辺容大
製作会社:東映東京撮影所
配給:東映

ひとひらの雪 キャスト

高村霞:秋吉久美子
相沢笙子:沖直美
高村かおり:岩本千春
まり子:藤田亜里早
宮津:岸部一徳
望月:丹波義隆
村岡:池田満寿夫
高村章太郎:池部良
坂井:みずきあい
伊織扶佐子:木内みどり
伊織祥一郎:津川雅彦

ひとひらの雪 予告編・無料動画

DVD・ブルーレイ商品情報