スポンサーリンク

エクスクロス 魔境伝説|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画

エクスクロス 魔境伝説
この記事は約2分で読めます。

2007年公開の日本映画。上甲宣之による小説「そのケータイはXXで」を、「バトル・ロワイアルII/鎮魂歌」の深作健太監督&「デスノート」の大石哲也脚本で映画化。主演は松下奈緒と鈴木亜美。奇妙な風習の伝わる村にやってきた2人の女子大生が体験する恐怖を描く。

エクスクロス 魔境伝説 映画批評・備忘録


エクスクロス 魔境伝説

脚本:20点
演技・演出:11点
撮影・美術:14点
編集:7点
音響・音楽:6点
合計58点

ホラー映画でもコメディ・ホラーのような演出になっています。B級映画というよりZ級のサメ映画に近いノリの作品です。小沢真珠のキレに切れた演技が見もので事実上の主役だと思えます。松下奈緒や鈴木亜美は彼女の添え物のようなものです。

入浴シーンで、バスタオルを付けたまま露天風呂に漬かるのはテレビだけの話だろと言いたい。そこは脱ぐのがマナー。映画ならなおさら脱ぐのがマナー。ホラー映画の様式美としても脱ぐのがマナー。

脚フェチは歓喜するだろうが、僕は歓喜しない。


今作品はAmazonプライムで見ました。

amazonプライム・ビデオ

エクスクロス 魔境伝説 あらすじ

親友の愛子(鈴木亜美)に誘われ、人里離れた温泉地「阿鹿里村」に傷心旅行にやってきたしより(松下奈緒)。1人で部屋にいるとき、突如彼女のものではない携帯電話が鳴り響く。今すぐ村を逃げ出さないと足を切り落とされる、という見知らぬ男からの警告にしよりが困惑していると、異様な様子の村人たちが襲い掛かってくる。

エクスクロス 魔境伝説 スタッフ

原作:上甲宣之
監督:深作健太
脚本:大石哲也
音楽:池頼広
着信音協力:ドワンゴ
VFX:オムニバス・ジャパンIMAGICA
アクション監督:横山誠
アクション監督助手:大橋明
特殊メイク・造型:原口智生
カースタント:アクティブ21海藤幸広大谷奈津江
現像:東映ラボ・テック
プロデューサー:小池賢太郎松橋真三近藤正岳
製作プロダクション:STUDIO SWAN
製作:エイベックス・エンタテインメント、STUDIO SWAN、東映、東映ビデオ、メモリーテック、アース・スター エンターテイメント、クオラス、東映衛星放送、宝島ワンダーネット、NECビッグローブ
配給:東映

エクスクロス 魔境伝説 キャスト

水野しより:松下奈緒
火請愛子:鈴木亜美
橘弥生:中川翔子
西園寺レイカ:小沢真珠
朝宮圭一:池内博之
物部静:岩根あゆこ
物部昭:岩尾望(フットボールアワー)
物部昭(声):小山力也
八重:森下能幸
神威杏次
仁科貴

エクスクロス 魔境伝説 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ