スポンサーリンク

パラサイト 半地下の家族|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

パラサイト 半地下の家族
この記事は約10分で読めます。

2019年公開の韓国映画。第72回カンヌ国際映画祭では韓国映画初となるパルム・ドールを受賞。第92回アカデミー賞では作品賞を含む6部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4部門を受賞した。メガホンを取ったのは『殺人の追憶』『グエムル-漢江の怪物-』など、世界がその才能を絶賛する若き巨匠ポン・ジュノ。本作では、あらゆるジャンルを完璧に融合させながら、いま世界が直面している貧富格差への痛烈な批判をも内包した、超一級のエンターテインメントとして描き切った。

パラサイト 半地下の家族 映画批評・備忘録


パラサイト 半地下の家族(英題:Parasite)

脚本:38点
演技・演出:18点
撮影・美術:18点
編集:10点
音響・音楽:9点
合計93点

伏線が張り巡らされた脚本と映像やカメラワークの上手さなど見どころが豊富でありながら作品をコメディドラマとサスペンスドラマを同時に展開している演出の巧みさなど見事(ブラボー)としか言いようがありませんでした。その上で政治的風刺や貧困・格差社会への皮肉も込められている非常にバランスの取れている作品だと感じました。風刺が露骨だと本編を台無しにしかねないのですが、そういうことは全くなく、上手く映像や脚本・セリフ、小道具などに溶かし込んでいます。韓国映画の王道路線でもある、前半はコミカルに描き、後半はシリアスに描かれるというのは、いつもの韓国映画だとも思えます。なんだいつもの韓国映画じゃん。という感想ももちろんあると思います。

amazonプライム・ビデオ

パラサイト 半地下の家族 あらすじ(ネタバレ)

父ギテク、母チュンスク、息子ギウ、娘ギジョンのキム家の4人は、狭く薄汚れた半地下のアパートに住んでいた。全員失業中で、近隣のパスワードの掛かっていないWi-Fiを使ったり、近所のピザ屋の宅配箱を組み立てる低賃金の内職をしてなんとか生活していた。

パラサイト半地下の家族ある日、ギウの友人で名門大学に通う青年ミニョクが訪れ、富をもたらす山水景石という岩を手渡す。ミニョクは、自分が留学する間パク家の女子高生ダヘの英語の家庭教師をやらないかとギウに提案する。浪人中のギウは教える資格がないとためらうが、高い報酬のこともあり仕事を受けることを決意した。ギジョンに名門大学の入学証書を偽造してもらうと、ギウはケビンという大学生のふりをして高台の高級住宅地を訪れ、家政婦のムングァンに迎えられる。立派な邸宅は、もともと有名な建築家が自ら建築し住んでいたのだという。パク夫人も授業の様子を見学する中、物怖じしない態度でダヘの授業を終えたギウはパク夫人の信頼を得、英語の家庭教師の仕事が正式に決まる。帰り際、壁に息子ダソンの描いた絵が飾ってあることに目をつけたギウはパク夫人が絵の家庭教師を探していることを聞き出す。ギウは一人思い当たる人物がいる、とパク夫人に言う。

後日、ギウの大学の後輩を装ってギジョンがジェシカとしてパク家を訪れる。人の良いパク夫人は疑うことを知らず、権威にも弱かった。インターネットで調べた専門用語を使って達者に話すギジョンはすっかりパク夫人に信用され、ダソンに絵を教える先生として雇われる。その夜、仕事を終えたパク氏が帰ってきた。パク氏は夜道を女性ひとりで歩かせるわけにはいかないと、運転手にギジョンを送るよう言う。その車中、運転手はしつこく家まで送ると言うが、家を知られるわけにはいかないギジョンは断る。ギジョンは策略を巡らせこっそりとパンティーを脱ぎ、助手席の下に下着を押し込んだ。翌日車からパンティーを発見したパク氏は運転手が自身の車をコカイン漬けのカーセックスに使ったと考え解雇する。運転手がいなくなり困っているパク家に、ギジョンは親戚に良い運転手がいると言う。こうして、父ギテクも、パク家に運転手として雇われた。

パク家に仕える家政婦のムングァンは建築家の代からこの家で家政婦をやっており、食事を2人前食べる以外は欠点らしい欠点がない。ムングァンがひどい桃アレルギーだと知ったギウは家族と策略を巡らせ、ムングァンに桃の表皮の粉末を浴びせる。ギテクはパク夫人に韓国で結核が流行しているという話と、ムングァンを病院で見かけたという話を吹き込む。アレルギーで咳き込むムングァンやソースによって血のついたように偽装されたティッシュを見せられたパク夫人はムングァンが結核だと確信し、解雇する。新しい家政婦は必要だが誰でも良いわけではなく困っているパク氏に、ギテクはパク家に雇われる前にスカウトの話があったという架空の高級人材派遣会社の名刺を渡す。名刺の連絡先はギジョンのガラケーにつながり、シナリオ通り年収の証明などの煩雑な手続きをアナウンスし信用を高めて送り込まれた母チュンスクは、パク家に新しい家政婦として雇われることになる。こうして、キム家の4人は全員が家族であることを隠しながら、パク家への就職に成功した。ただ一人、息子ダソンだけが、同時期に就職してきた4人が同じにおいをしていることに気づいた。

ダソンの誕生日、パク一家はキャンプに出発する。留守はチュンスクに任された。キム家の4人は大豪邸で自分の家のように振る舞い、パク氏の洋酒を飲み、ふざけあいながら贅沢を楽しむ。ギウは、恋仲になったダヘと将来結婚する夢を語る。激しい雷雨となった夜、インターホンが鳴った。来訪者は解雇されたムングァンで、地下に忘れ物があるから家に入れてほしいと言ってきた。他の3人は隠れ、チュンスクは仕方なくムングァンを家に入れる。ムングァンが隠し扉を開くと、地下室にはムングァンの夫のグンセがいた。韓国の富裕層は北朝鮮のミサイルや借金取りから逃れるための地下室を作ることがあるというが、建築家のあとに入居したパク家は地下室の存在を知らなかった。それをいいことに、ムングァンは夫を借金取りから隠すためにこっそりと地下室に住まわせていたのだ。ムングァンがチュンスクに夫婦の秘密を守って欲しいと懇願していると、隠れて盗み聞きしていた3人が足を滑らせて出てきてしまう。ムングァンは彼らが家族であることに気づき形勢逆転。キム一家の欺きを暴露すると脅す。キム一家とグンセ・ムングァン夫妻が揉み合いになっているところに、パク夫人から電話がかかってくる。大雨でキャンプは中止になったのだ。間も無く帰宅することをチュンスクに知らせるとキム一家はグンセとムングァンを地下室に押し込み、手足を縛り付け、慌ててパク家で勝手に振舞っていた証拠を隠蔽。チュンスクはパク夫人に頼まれたジャージャーラーメン作りをする。ムングァンが再び地下室から出てこようとするも、チュンスクによって階段から突き落とされ、脳震盪を起こす。グンセは地下にある家の照明のスイッチを押し、モールス符号で助けを求めるもメッセージはダソンにしか理解されず状況は変わらなかった。パク一家が戻ると、3人は再び身を隠す。庭にテントを張ってキャンプを続けるダソンを見守りつつパク氏は3人のすぐそばで運転手のギテクの体臭がキツいと軽口を叩く。夜更けにパク氏は妻の乳房を揉みしだく。妻は近くに息子がいることから抵抗するが、乳首や股間をまさぐられると観念し、快楽に身を委ねた。キム家の3人は、パク家が寝落ちた隙を突いて豪邸から逃げ出すことに成功したが、ギジョンは計画外の連続に混乱する。ギテクはなだめるように自分に「計画」があると話した。

半地下のアパートに戻ると、自宅は大雨で溢れた下水で浸水している。3人は避難所となった体育館で一晩を明かした。寝床で「計画」の詳細についてギウが聞くと、ギテクは「計画というのは無計画だ。計画があるから予定外のことが起こる。計画しなければ予定外のこともない」と話す。これを聞いたギウは、無謀な計画を考案したことをギテクに謝罪し責任をとると発言した。翌日、パク一家はダソンの誕生日パーティーを開くことを決め、ギテクとギウとギジョンの3人も招待されることになった。パク夫人は買い出しに出掛けるが、運転中のギテクは夫人の「大雨のおかげで最高の天気になった」という無神経な発言や水害でさらに悪化したギテクの体臭に顔をしかめる行為に苛立ちを募らせていく。

庭で大騒ぎする群衆をよそに、閉じ込めたままのグンセとムングァン夫妻が気がかりなチュンスクとギジョンは和解の道を探るために食料を持っていこうとするが邪魔が入る。入れ替わりにギウは山水景石を持って地下室を訪れるがギウは岩を落としてしまい、逆にグンセに殺されそうになる。なんとか地下室を脱出するギウであったが、地下室を出たところでついにグンセに追いつかれ、岩で頭を殴られて意識を失う。その後、グンセはキッチンで包丁を手に取ると、パーティーに突入し、ギジョンを刺す。「幽霊」のグンセを見たダソンは失神してしまう。ギテクがギジョンを助けようと急いでいると、パクはダソンを病院に連れて行くと運転手のギテクに叫ぶ。ギテクは彼に車のキーを投げるが、キーは揉み合っているチュンスクとグンセの下に落ちてしまう。チュンスクは斬りつけられながらもなんとか肉串でグンセを刺し殺す。パク氏は車のキーを取り戻すが、思わずグンセの臭いに後ずさる。その反応を見たギテクは、衝動的にパクを刺し殺してしまう。

数週間後、ギウは昏睡状態から目覚めた。チュンスクとともに文書偽造と住居侵入の罪で裁判にかけられたが、執行猶予付きの判決を得たため収監されることはなかった。刺された妹のギジョンは死亡し、ロッカー式納骨堂に納骨された。一方、パクを殺したギテクは騒動後行方不明になっていた。ギウは山に登り、かつて働いていた大豪邸を見下ろす。そこで家の電灯がモールス符号の明滅をしていることに気づく。モールス信号は父からの手紙だった。ギテクは事件後に逃亡が不可能であることを悟り、ずっとあの地下室に潜んでいたのだ。手紙によると、事故物件のためパク家が去った後しばらくは空き家だったが、今は何も知らない外国人が入居しており、ギテクは家から食べ物を盗みながら地下室での孤独な生活を続けるつもりだという。ギウは、いつの日か邸宅を購入して父親を解放するという「計画」を立て、必要な金を稼ぐことを誓う。

パラサイト 半地下の家族 スタッフ

監督:ポン・ジュノ
脚本:ポン・ジュノ,ハン・ジンウォン
製作:クァク・シネ,ムン・ヤングォン,ポン・ジュノ,チャン・ヨンファン
音楽:チョン・ジェイル
撮影:ホン・ギョンピョ
編集:ヤン・ジンモ
製作会社:パルンソンE&A
配給 :CJエンタテインメント,ビターズ・エンド

パラサイト 半地下の家族 キャスト

キム家
キム・ギテク
演 – ソン・ガンホ
半地下住宅に暮らす全員失業中の一家の主。妻に頭が上がらないが、楽天的かつ温厚で一見はストレスとは無縁な性格に見える。飲食業や駐車係など、これまでに様々な職業を経験しているが、どれも長くは続いていない。
キム・ギウ
演 – チェ・ウシク
ギテクの息子。学費面の問題から大学受験で浪人を重ねている。やや弱気気味の好青年に見えるが、口が上手く要領が良い面もある。友人のミニョクからの紹介で、パク家の娘ダヘの家庭教師を務めることになる。
キム・ギジョン
演 – パク・ソダム
ギテクの娘。短気で口が悪い。美大を目指す浪人生で、公文書を完全に偽造してみせるなどデザインの技術がある。兄同様、咄嗟の判断で機転を利かせた行動をとる。
チュンスク
演 – チャン・ヘジン
ギテクの妻。元ハンマー投げのメダリスト。男勝りでがさつな面もあるが、家事の能力は高く、行動力があり頭の回転も早い。
パク家
パク・ドンイク
演 – イ・ソンギュン
高台の大豪邸に暮らすIT企業の社長。一見は神経質そうに見えるが、他者の欠点を直接論う事はしない寛容な性格の人物。
ヨンギョ
演 – チョ・ヨジョン
パクの妻。美人だがやや天然気味な性格で騙されやすく能天気。海外かぶれなのか、外国の高級な製品を好み、会話の最中に唐突にオーバーな発音の英語を挟む独特な話し方をする。ミニョク曰く「ヤング・アンド・シンプル」。
パク・ダヘ
演 – チョン・ジソ
パクの娘。高校2年生で受験勉強中。授業を受けるうちにギウに好意を寄せるが、ギウの前の講師からも好意を持たれるなど小悪魔的な一面も持つ。数年前から、ダソンの奇行が演技であることを見抜いており、両親がダソンばかり贔屓することに不満を持つ。
パク・ダソン
演 – チョン・ヒョンジュン
パクの息子。幼く落ち着きが無い。ヨンギョには芸術的才能を見込まれている。マイブームはインディアンごっこで、普段は子供らしく自由奔放にはしゃいでいるが、人の目がない場所では暗い表情で周囲を俯瞰する。
ムングァン
演 – イ・ジョンウン
パク家の家政婦。パク一家が入居する以前から家政婦として働いている。料理上手で、ドンイクから「大食らいな所が玉に瑕だが、逆に言えばそれぐらいしか欠点がない」と家政婦としての能力を高く評価されている。
その他
オ・グンセ
演 – パク・ミョンフン
ムングァンの夫。パク一家が入居する前から地下に4年3か月17日住んでいる。
ミニョク
演 – パク・ソジュン(特別出演)
ギウの友人。名門大学に通うダヘの元家庭教師。兼ねてからダヘに好意を持っており、自身の留学中、後任者がダヘに手を出すことを恐れ、友人のギウに家庭教師を依頼した。

パラサイト 半地下の家族 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ