小松彩夏

70点台の映画

感染列島|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2009年公開の日本映画。人類が体験したことがない新型ウイルスが原因で起こる、感染拡大の恐怖と闘う人々の姿を描く。新型ウイルスの爆発的な伝播が現実の社会や人々に、どのような影響を与えるかをリアルなアプローチで問う。ウイルスと人類の戦いという絵空事ではないテーマに、正面から挑んだシミュレーション・ムービーとしても注目。キャッチコピーは「神に裁かれるのは、人間か?ウィルスか?」。2008年5月のカンヌ国際映画祭で、ストーリーが話題を集め大きな反響を受ける。さらに、公開前の時点でハリウッドによるリメイク版も計画されていた。 感染列島 映画批評・備忘録 感染列島脚本:30点演技・演出:15...
90点台の映画

容疑者Xの献身|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2008年公開の日本映画。東野圭吾のガリレオシリーズ短編『探偵ガリレオ』『予知夢』を原作としたテレビドラマ『ガリレオ』の劇場版として本作を同ドラマのキャスト・スタッフにより映画化。基本的なストーリーは原作に沿ったものとなっており、ドラマの劇場版という位置づけながらもドラマからのオリジナルキャラクターの出番が少なく、石神と花岡が話の軸となっている。湯川が数式を書いて推理を整理するシーンがないといったドラマのパターンを踏襲しない展開を見せている。また原作との相違点として湯川と石神が雪山に登り、その雪山で対峙するシーンが挿入されている。 容疑者Xの献身 映画批評・備忘録 容疑者Xの献身 ...
60点台の映画

MW-ムウ-|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2009年公開の日本映画。漫画界の巨匠、手塚治虫が遺した作品の中でも、過激な内容から禁断の問題作と呼ばれてきた「MW(ムウ)」を映画化。少年時代に経験した事件の復讐(ふくしゅう)のため冷酷な殺人鬼となった主人公を、ドラマ「のだめカンタービレ」の玉木宏が熱演する。彼を救済しようと悪と正義の間で苦悩する神父には『クローズZERO』の山田孝之。 MW-ムウ- 映画批評・備忘録 MW-ムウ- 脚本:25点 演技・演出:15点 撮影・美術:15点 編集:7点 音響・音楽:6点 合計68点 傑作になり損ねた非常に惜しい映画。 玉木宏の悪役っぷりも良かったが石橋凌の演技が...
50点台の映画

Miss ZOMBIE(ミス・ゾンビ)|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2013年9月14日に公開された日本映画。SABU監督が初めて女優を主演に迎えた、『幸福の鐘』以来10年ぶりとなる完全オリジナルストーリー。幸福な家庭に美しきゾンビが送り届けられ、それを機に平穏な日常が崩れていく様子が描かれている。小松彩夏は本作が映画初主演となる。キャッチコピーは「生きているのは私たちか?それとも彼女か?」 Miss ZOMBIE(ミス・ゾンビ)映画批評・備忘録 Miss ZOMBIE(ミス・ゾンビ) 脚本:25点 演技・演出:10点 撮影・美術:10点 編集:5点 音響・音楽:5点 合計55点 ゾンビ・ホラー映画というより、社会派アート映画とい...
50点台の映画

トーク・トゥ・ザ・デッド|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2013年公開の日本映画。『リング』『呪怨』シリーズなどに携わってきた一瀬隆重が、『ほんとにあった怖い話』シリーズの鶴田法男監督とタッグを組んだホラー。病気の弟を死なせてしまったと自責の念にかられるヒロインが、死者と対話できるというアプリを使ったことで想像を絶する恐怖を味わう姿を描く。モデル、女優として活躍中の小松彩夏をはじめ、加藤和樹、嶋田久作らが出演。 トーク・トゥ・ザ・デッド 映画批評・備忘録 トーク・トゥ・ザ・デッド 脚本:25点 演技・演出:14点 撮影・美術:10点 編集:6点 音響・音楽:4点 合計59点 世の男性なら小松彩夏がデリヘル嬢役という文字...