マヌー・ベネット

マヌー・ベネット(Manu Bennett、1969年10月10日 – )はニュージーランドの俳優。1993年、オーストラリアのドラマ『Paradise Beach』でデビュー。

父親はニュージーランド人歌手、母親はオーストラリア人モデル。生後まもなくオーストラリアに移り、シドニーやニューキャッスルで育つ。学生時代はニューサウスウェールズ男子学生ラグビー同盟チームに所属しており、またバレエ、ピアノの経験もある。

1993年にソープ・オペラでテレビデビュー。 2000年、小柳ルミ子主演の映画、『TOMOKO もっとも危険な女』に出演。2010年、アメリカのテレビドラマ『スパルタカス』のクリクスス役を演じる。2012年、ピーター・ジャクソン監督の映画『ホビット』で、ドワーフの王トーリン・オーケンシールドの宿敵アゾグを演じる。また、The CWのテレビシリーズ『ARROW/アロー』でスレイド・ウィルソンを演じる。

アクション映画

ロジャー・コーマン デス・レース 2050|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2016年製作のアメリカ合衆国の映画。B級映画の帝王ロジャー・コーマンが1975年に製作し、カルト的作品を誇る「デス・レース2000年」を、自らの製作でリブート。フランケンシュタイン役に「ホビット」シリーズのマヌー・ベネット。共演に「時計じかけのオレンジ」のマルコム・マクダウェル。「フランクとシンディ」のG・J・エクターンキャンプが監督・脚本を手掛けた。 ロジャー・コーマン デス・レース 2050 映画批評・備忘録 ロジャー・コーマン デス・レース 2050(原題:Death Race 2050)脚本:27点演技・演出:15点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:7点合計70点  ...
ホラー映画

30デイズ・ナイト|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2007年公開のアメリカ合衆国の映画。グラフィック・ノベル界の旗手スティーヴ・ナイルズの同名コミックを、『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督プロデュースで映画化したサバイバル・ホラー。太陽が昇らない極夜の季節を迎えた北極圏の町を舞台に、バンパイアの襲撃を受けた人間たちの壮絶な死闘を描く。 30デイズ・ナイト 映画批評・備忘録 30デイズ・ナイト(原題:30 Days of Night) 脚本:36点 演技・演出:17点 撮影・美術:16点 編集:9点 音響・音楽:7点 合計85点 30日続く極夜を舞台に、吸血鬼たちの狩りが始まるという設定は斬新だった。また...