ショーン・ビーン

ショーン・ビーン(Sean Bean, 1959年4月17日 – )は、イギリスの俳優。身長は5フィート10インチ(178cm)、瞳はグリーン、髪はダークブロンド。本名はShaun Mark Bean(ショーン・マーク・ビーン)と、名前のスペルが違う。

イングランド・ヨークシャー州シェフィールドにて生まれる。父親の経営する工場で働いていたが俳優を志すようになり、1980年4月にロンドンの王立演劇学校(RADA)に応募、11000人の候補者から選ばれた30人に入り奨学金を獲得。1981年春からRADAで学び始める。

プロとしてのデビューはニューベリーにあるウォーターミル劇場で『ロミオとジュリエット』のティボルト役。 その後ウエスト・エンドでロイヤル・シェイクスピア・カンパニーによる舞台に立った。

1984年に『ウィンターフライト』で映画デビュー。1980年代、1990年代には『炎の英雄 シャープ』シリーズや『チャタレイ夫人の恋人』など、イギリスのテレビシリーズで知られるようになる。イギリス映画では文芸作品にも出演しているが、ハリウッド大作では悪役をよく演じている。2014年にアメリカのサイトが発表した「よく死ぬ映画俳優トップ10」で1位に選ばれた。美声でも知られ、いくつかの朗読作品(オーディオ・ブック)が発売されている。また本国ではテレビ、ラジオで時々ナレーターを務めている。

アクション映画

デス・レース2|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2010年製作のアメリカ合衆国の映画。2008年公開の『デス・レース』の続編。近未来を舞台に、囚人たちが自由を懸け、重火器搭載の改造車を駆りながら壮絶レース・バトルを繰り広げる『デス・レース』の前日譚を描いたバイオレンス・アクション第2弾。 デス・レース2 映画批評・備忘録 デス・レース2(原題: Death Race 2)脚本:34点演技・演出:16点撮影・美術:14点編集:9点音響・音楽:8点合計81点  前作も面白かったんですが、今作も面白い作品です。時系列としては1作目の前日譚になります。前作同様、脇役を含めてキャストがとても個性的です。ルーク・ゴスとジェイソン・ステイサ...
SFアクション

アイランド|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2005年公開のアメリカ合衆国の映画。ワーナー・ブラザースとドリームワークスが共同制作したマイケル・ベイ監督のSFアクション映画。クローン人間と政府の非情なエージェントとの死闘を描くSFスリラー。 アイランド 映画批評・備忘録 アイランド(原題: The Island) 脚本:30点 演技・演出:18点 撮影・美術:17点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計81点 今作もベイ・ヘム全開の序盤から中盤まで、ストーリー、アクションともに良くできておりハラハラしながら楽しめるエンターテイメント作品に仕上がっている。終盤になるとマイケル・ベイの悪い癖なのか大味の展開で傑作...
SFアクション

オデッセイ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2015年公開のアメリカ合衆国の映画。アンディ・ウィアーの小説『火星の人』(2011年出版)を原作としている。火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士の生存をかけた孤独な奮闘と、彼を救いだそうとする周囲の努力を描く。監督はリドリー・スコット、主演はマット・デイモンが務める。御年78歳の超ベテラン監督にとって、『オデッセイ』はキャリア最高の興行的成功を収める作品となった。 オデッセイ 映画批評・備忘録 オデッセイ(原題: The Martian) 脚本:35点 演技・演出:17点 撮影・美術:17点 編集:9点 音響・音楽:8点 合計86点 火星版キャスト・アウェイとい...
SFアドベンチャー

ピクセル|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2015年7月24日公開のアメリカ合衆国の映画。パックマン、ドンキーコング、スペースインベーダーなど、日本の名作ゲームのキャラクターたちをフィーチャーしたアドベンチャー。ゲームキャラクターにふんして地球侵略を開始したエイリアンと人類の攻防を活写する。メガホンを取るのは、『ハリー・ポッター』シリーズなどのクリス・コロンバス。 ピクセル 映画批評・備忘録 ピクセル(原題: Pixels) 脚本:25点 演技・演出:10点 撮影・美術:16点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計65点 80年代に大人気だった『パックマン』『ギャラガ』『ドンキーコング』など、クラシックアー...
サスペンス・スリラー

フライトプラン|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2005年公開のアメリカ合衆国の映画。高度一万メートルの密室で繰り広げられる、恐怖のサスペンス・アクション。映画主演は3年ぶりとなるオスカー女優ジョディ・フォスターが、突然娘を奪われた母親にふんし正体不明の敵に立ち向かう。 フライトプラン 映画批評・備忘録 フライトプラン(原題:Flightplan) 脚本:20点 演技・演出:10点 撮影・美術:15点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計59点 この作品の脚本でよくジョディ・フォスターが出演を決めたなぁ~???と思えるほど、かなり無理のあるストーリーで、ジョディ演じる主人公の女性も全く共感できないゴーマン女(旦那...