満点の映画

100点(満点)の映画

満点の映画

トーマス・クラウン・アフェアー 100点(満点)

【映画 トーマス・クラウン・アフェアー(1999年)監督:ジョン・マクティアナン 出演:ピアース・ブロスナン、レネ・ルッソ、デニス・リアリー、ベン・ギャザラ、フェイ・ダナウェイ】を採点形式の映画批評・レビュー・予告編(無料動画)を含む内容で作品紹介。キャスト、スタッフとDVD・ブルーレイ情報などの映画ブログ。
満点の映画

蒲田行進曲 100点(満点)

【映画 蒲田行進曲(1982年)監督:深作欣二 出演:松坂慶子、風間杜夫、平田満、蟹江敬三、高見知佳、原田大二郎、萩原流行、真田広之、志穂美悦子、千葉真一】を採点形式の映画批評・レビュー・予告編を含む内容で作品紹介。キャスト、スタッフとDVD・ブルーレイ情報。
満点の映画

吉原炎上 100点(満点)

【映画 吉原炎上(1987年)監督:五社英雄 出演:名取裕子、二宮さよ子、藤真利子、かたせ梨乃、西川峰子、根津甚八、小林稔侍、益岡徹、光石研、緒形拳】を採点形式の映画批評・レビュー・予告編を含む内容で作品紹介。キャスト、スタッフとDVD・ブルーレイ情報。
満点の映画

ハッピー・デス・デイ 2U 100点(満点)

【映画 ハッピー・デス・デイ 2U(2019年)監督:クリストファー・B・ランドン 出演:ジェシカ・ローテ、イズラエル・ブルサール、スラージ・シャルマ、サラ・ヤーキン、ファイ・ヴ】を採点形式の映画批評・レビュー・予告編(無料動画)を含む内容で作品紹介。キャスト、スタッフとDVD・ブルーレイ情報などの映画ブログ。
満点の映画

ハッピー・デス・デイ 100点(満点)

【映画 ハッピー・デス・デイ(2017年)監督:クリストファー・B・ランドン 出演:ジェシカ・ローテ、イズラエル・ブルサール、ルビー・モディーン、レイチェル・マシューズ、ファイ・ヴ】を採点形式の映画批評・レビュー・予告編(無料動画)を含む内容で作品紹介。キャスト、スタッフとDVD・ブルーレイ情報などの映画ブログ。
満点の映画

バーフバリ 王の凱旋 100点(満点)

【映画 バーフバリ 王の凱旋 (2017年)監督:S・S・ラージャマウリ 出演:プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、アヌシュカ・シェッティ、サティヤラージ、ラムヤ・クリシュナ】を採点形式の映画批評・レビュー・予告編(無料動画)を含む内容で作品紹介。キャスト、スタッフとDVD・ブルーレイ情報などの映画ブログ。
満点の映画

バーフバリ 伝説誕生 100点

【映画 バーフバリ 伝説誕生(2015年)監督:S・S・ラージャマウリ 出演:プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、アヌシュカ・シェッティ、タマンナー、サティヤラージ、ラムヤ・クリシュナ】を採点形式の映画批評・レビュー・予告編(無料動画)を含む内容で作品紹介。キャスト、スタッフとDVD・ブルーレイ情報などの映画ブログ。
満点の映画

レ・ミゼラブル 100点(満点)

【映画 レ・ミゼラブル(2012年)監督:トム・フーパー 出演:ヒュー・ジャックマン、コルム・ウィルキンソン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・サイフリッド】を採点形式の映画批評・レビュー・予告編(無料動画)を含む内容で作品紹介。キャスト、スタッフとDVD・ブルーレイ情報などの映画ブログ。
満点の映画

猿の惑星: 新世紀(ライジング)100点(満点)

20世紀フォックスのオリジナル版『猿の惑星』シリーズをリブートした2011年の映画『猿の惑星: 創世記』の続編であり、フランチャイズ通算では8作目。 シリーズ最高傑作の完璧な作品だと思います。この作品の後に完結編の聖戦記(グレート・ウォー)があるのですが、この作品の完成度があまりにも高すぎて、これで完結しているようにも思えます。前作の創世記のルパート・ワイアット監督が、諸事情により降板し、マット・リーヴス監督になりましたが、傑作だった前作を凌ぐ完璧な作品を生み出したように感じました。キャストについてもワイアット監督の降板の影響もあってすったもんだがあり、構想の練り直しが行われています。こういう場合、つまらない続編になってしまう駄目パターンに陥るものですが、今作はそうならず『エイリアン2』、『スパイダーマン2』などの成功した続編でした。
満点の映画

バック・トゥ・ザ・フューチャー 100点(満点)

1985年公開のアメリカ合衆国の映画。バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズの一作目。略して『BTTF』『BTF』とも呼ばれる。公開当時全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットした。VFXの登場前に作られた作品であるためCGは使われておらず、特殊撮影には光学合成が使われている。 この作品は特撮が、あくまでも物語・脚本の素晴らしさを補填するための技術で、キャラクター、セリフ、演出がどれも素晴らしい。ロバート・ゼメキスは特撮を映像の説得力に用いて、優れた演出と脚本の創造性に富んだ表現を生み出した。 そして、作品を通して映画の素晴らしさを感じさせ、夢に溢れた創造性とコミカルな演出で観客を幸せな気持ちさせてくれる作品を世に送り出した。
満点の映画

マトリックス 100点(満点)

1999年公開のアメリカ合衆国の映画。従来のCGにはない、ワイヤーアクションやバレットタイムなどのVFXを融合した斬新な映像表現は「映像革命」だった。 1990年代最後に送り出されたSFアクション映画の最高傑作。 脚本も非常に練られており、機械と人間の単純な世界感ではなく、現実の世界のコンピューターの進化と人類の歴史や宗教などの要素もあり、深く考えさせられる作品でもある。 ウォシャウスキー姉妹は、日本のアニメや香港映画の強い影響を受けているので、大友克洋や、押井守、ジョン・ウー監督作品で作り出された映像に似たシーンが存在する。
満点の映画

グラディエーター 100点(満点)

2000年に公開されたアメリカ合衆国の歴史映画。帝政ローマ時代中期を舞台とした復讐劇。主人公は、皇帝と対峙するべくローマ文化の象徴の一つである剣闘士(グラディエーター)として名を上げていく。映画。第73回アカデミー賞および第58回ゴールデングローブ賞で作品賞を受賞。 優れた映像美やストーリーに加え、作品を盛り上げる音楽。そして完璧なキャストと演技。減点する余地が無く、完璧な作品。鑑賞中から胸が熱くなり、高揚感、深い感動と壮大な世界観に感嘆する。