愛と憎しみのクソ映画

愛と憎しみが溢れてくる映画

愛と憎しみのクソ映画

デス・レース4 アナーキー 19点

2017年製作のアメリカ合衆国の映画。「デス・レース」シリーズの第4作となるバイオレンスカーアクション映画。 デス・レース4 アナーキー 映画批評・備忘録 デス・レース4 アナーキー(原題:Death Race 4: Beyond Anarchy)脚本...
愛と憎しみのクソ映画

黒い太陽七三一 戦慄!石井七三一細菌部隊の全貌 0点

1988年公開の香港映画。香港映画分類システムで初のレベル3認定(18禁)された最初の作品。関東軍石井731部隊の日中戦争・太平洋戦争時の人体実験の描写が主なテーマとなっており、グロテスクなエピソードが多いが、それらの多くは森村誠一のルポ『悪魔の飽食』に紹...
愛と憎しみのクソ映画

吐きだめの悪魔 -100点(マイナス)

1987年公開のアメリカ合衆国の映画。マンハッタンの下町を舞台に、人間の体をドロドロに溶かしてしまう腐ったワインが巻き起こす恐怖と騒動を、グロテスクなSFXとおふざけ感覚で描いた誰得のカルトホラー映画。1987年度アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭...
愛と憎しみのクソ映画

ゾルタン★星人 29点

2000年公開のアメリカ合衆国の映画。原題のDude, Where's My Car?は、おい、俺の車はどこだ?の意。宇宙の平和はおばかコンビ2人の活躍にかかっていた! おばか度1000%のギャグ満載で贈る、超ばかちんSFコメディ!? ゾルタン★星人 映...
愛と憎しみのクソ映画

北斗の拳(実写版) 29点

1995年公開のアメリカ合衆国の映画。ハリウッドで制作された実写版。ただし日本の東映ビデオと東北新社の共同製作であり、いわゆる「ハリウッド映画」ではなく東映Vシネマのアメリカ版である「Vアメリカ」として作られた。主演はゲイリー・ダニエルズ。原作初期における...
愛と憎しみのクソ映画

ヘルドライバー 28点

2011年公開の日本映画。愛する父と心臓を奪った母への復讐を誓ったヒロインが、ゾンビとの壮絶なバトルを繰り広げるスプラッター・アクション。海外向けの映画レーベル「SUSHI TYPHOON」の企画として製作。土葬文化ではない日本特有のゾンビ映画を作り出すこ...
愛と憎しみのクソ映画

戦闘少女 血の鉄仮面伝説 26点

2010年公開の日本映画。日本での劇場公開時のキャッチフレーズは「全世界へ、宣戦布告。」「死んでなんか いられない」。劇場公開前の告知などでは、「監督:井口昇×西村喜廣×坂口拓」との表記に対して、「トリプル主演:杉本有美×森田涼花×高山侑子」「美しき新人類...
愛と憎しみのクソ映画

コンクリート 12点

2004年に公開された日本映画。ノンフィクション小説『十七歳、悪の履歴書』を原作とし、女子高生コンクリート詰め殺人事件をモチーフとして、わずか5日間で撮り上げた作品。公開をめぐって、「モチーフとなった事件の残虐性」「そもそも映画にする必要があるのか?」など...
愛と憎しみのクソ映画

13日の金曜日 ジェイソンの命日 13点

1994年公開のアメリカ合衆国の映画。本作よりニュー・ライン・シネマによる製作となる。前作のラストとも全く繋がらず、シリーズとしては雰囲気も異なる。第1作の監督でもある、シリーズ生みの親ショーン・S・カニンガムが自ら製作にあたったシリーズ最終作。 13日の金...
愛と憎しみのクソ映画

ほぼ300 21点

2008年公開のアメリカ合衆国の映画。ジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァーのコンビのパロディ映画である。邦題にもなっている『300 〈スリーハンドレッド〉』をベースに、『スパイダーマン3』、『シュレック』、『ハッピー フィート』、『アメリカンアイド...
愛と憎しみのクソ映画

寄生獣 12点

岩明均の同名漫画を原作とする実写の日本映画。2部構成の作品であり、前編にあたる『寄生獣』は2014年11月29日に公開され、後編にあたる『寄生獣 完結編』(きせいじゅう かんけつへん)が2015年4月25日に公開された。原作全10巻の内容を全2部作の映画に圧縮...
愛と憎しみのクソ映画

ドラゴンボール・エボリューション -17点(マイナス)

2009年公開のアメリカ合衆国の映画。鳥山明の漫画作品『ドラゴンボール』を実写で映画化した作品である。監督は『ファイナル・ディスティネーション』で知られるジェームズ・ウォン。プロデューサーは、『少林サッカー』のチャウ・シンチー。全世界共通の主題歌は浜崎あゆみ。...
愛と憎しみのクソ映画

のぞきめ 27点

2016年公開の日本映画。ホラー作家・三津田信三の同名小説を、元「AKB48」の板野友美主演で実写映画化。日常のあらゆる隙間から視線を投げかけ、目のあった人間を恐怖の底に突き落とす怪異「のぞきめ」をモチーフに、現在・過去の同じ場所で起きた2つの怪事件の顛末を描...
愛と憎しみのクソ映画

帝都物語外伝 25点

1995年公開の日本映画。『帝都物語』、『帝都大戦』につづくシリーズ3作目の作品。「帝都物語外伝 機関童子」を原作とするが、内容は大幅に異なる。露骨な性描写と狂気を中心に描いており、過去2作とは全くテイストの異なった作品となっている。 帝都物語外伝 映画批評...
愛と憎しみのクソ映画

援助交際撲滅運動 地獄変 18点

2004年製作の日本映画。『殺し屋1』『ホムンクルス』の山本英夫と『リモート』のこしばてつや共著による同名コミックを遠藤憲一主演で映画化した「援助交際撲滅運動」の続編。変態中年男と暴力美少女の壮絶な殺し合いを、暴力描写の中に詩情を織り交ぜて描いた映画。 援助...
愛と憎しみのクソ映画

鈍獣 28点

2009年公開の日本映画。宮藤官九郎が演劇界の芥川賞、岸田國士戯曲賞を受賞した芝居を自ら映画用に書き下ろした、ファンタジック・ミステリー・コメディ映画。キャッチコピーは、「なぜ気付かない?なぜ分からない?なぜ…、死なない?」「世界一鈍いアイツが、俺たちの人生を...
愛と憎しみのクソ映画

DEAD OR ALIVE 犯罪者 0点

1999年に三池崇史監督、哀川翔、竹内力、主演で制作された日本映画。刑事と中国残留孤児3世との戦いを描いたバイオレンス・アクション。衝撃的なラストシーンで話題になった。R-15指定。キャッチコピー「フツーに生きたいなら、このクライマックスは知らない方がいい。」...
愛と憎しみのクソ映画

珍遊記 5点

2016年2月27日に公開された日本映画。伝説のクソ漫画の実写化という前代未聞のクソ映画化だった。監督の山口は、同じ漫☆画太郎原作の『地獄甲子園』を監督した際に巨人を登場させたかったが技術的な問題から叶わなかったため、本作品での巨大な山田太郎の描写にこだわりを...
愛と憎しみのクソ映画

生きてるものはいないのか (マイナス)-17点

2012年公開の日本映画。同名戯曲を『鏡心』の石井聰亙改め石井岳龍が群像不条理劇として長編映画化。主演は染谷将太。石井監督の作品としては『五条霊戦記 GOJOE』以来10年ぶりの長編映画となります。 生きてるものはいないのか 映画批評・備忘録 生きてる...
愛と憎しみのクソ映画

ジョーズ’87 復讐篇 15点

1987年公開のアメリカ合衆国の映画。大ヒット映画『ジョーズ』シリーズの第4作であり、完結編。巨大な人食いザメ(ホオジロザメ)の恐怖と、それに立ち向うブロディ一家を描いた作品。前作と同じく、たくましく成長して海洋生物学者になったマイケル・ブロディと、夫を失い悲...
愛と憎しみのクソ映画

テラフォーマーズ(マイナス)-64点

2016年公開の日本映画。『クローズZERO』シリーズや『藁の楯 わらのたて』などの鬼才三池崇史監督がメガホンを取り、人気SFアクション漫画を実写映画化。未来を舞台に、二足歩行の人型に進化したゴキブリと人類が繰り広げる壮絶なバトルを映し出す。 テラフォーマー...
愛と憎しみのクソ映画

大帝の剣 10点

2007年公開の日本映画。夢枕獏が著した長編伝奇小説、SF時代小説が原作となっています。原作が完結していなかったため、原作を基盤としながらオリジナルストーリーを作り上げている。また、原作にあるようなエロティシズム(性描写)はない。 大帝の剣 映画批評・備忘録...
愛と憎しみのクソ映画

DOA/デッド・オア・アライブ 20点

ビデオゲームのデッドオアアライブシリーズを原作とする2006年のアメリカ・イギリス・ドイツ合作映画。キャッチフレーズは " そのルックスで殺す "。原作であるゲーム版のTeam NINJAスタッフは一切関わっていない。 DOA/デッド・オア・アライブ 映画批...
愛と憎しみのクソ映画

プラネット・オブ・エイリアン 14点

2005年公開のアメリカ合衆国のテレビ映画。シロアリ星人に征服された地球を救う宇宙飛行士を描くSF映画。 プラネット・オブ・エイリアン 映画批評・備忘録 プラネット・オブ・エイリアン(原題:ALIEN APOCALYPSE) 脚本:1点 演技・...
愛と憎しみのクソ映画

大日本人 24点

2007年公開の日本映画。ダウンタウンの松本人志が企画・監督・主演を務めた、松本自身の考える“ヒーロー像”を描いた異色作。脚本は、松本の盟友で放送作家の高須光聖との共同執筆。吉本興業の映画製作進出第1弾でもある。 大日本人 映画批評・備忘録 大日本人(...
愛と憎しみのクソ映画

ヒドゥン2 (マイナス)-5点

1993年製作のアメリカ合衆国の映画。人気SFアクション『ヒドゥン』の正当な続編で、前作でマイケル・ヌーリーが演じた刑事の娘が成長しパートナーを務める。 ヒドゥン2 映画批評・備忘録 ヒドゥン2 (原題:The Hidden2) 脚本:-25点 ...
愛と憎しみのクソ映画

あしたのジョー(マイナス)-65点

2011年2月11日より東宝系で公開の実写映画。昭和40年代を舞台に原作の少年院での丈と力石との出会いから宿命の対決までが描かれる。出演はアイドルグループ『NEWS』(当時)の山下智久。山下は役作りのため、プロボクサー並みのトレーニングを行い、約10キロの減量...
愛と憎しみのクソ映画

デビルマン (マイナス)-55点

2004年公開の日本映画。原作は永井豪のデビルマン。 脚本が破たんしているため、全ての要素が無茶苦茶になっている。それは最初から最後までそう感じる。すべてのシーンが唐突に展開され、完結したかどうかわからない状態で次のシーンにつないでくる。もしかしたらキューブリック的演出などと勘違いしてしまったのかな? 不必要な演出・シーンが多々あるが、肝心のストーリーを構成するシーンが不足している。主要登場人物のセリフも「?」となる事が多くあり、また棒読みになるため不自然極まりない。
愛と憎しみのクソ映画

ストレイヤーズ・クロニクル (マイナス)-3点

2015年公開の日本映画。本多孝好のベストセラー小説を実写化したアクション。極秘実験で視力・聴力・筋力などが常人よりも発達した青年が、謎の殺りく者集団との激闘を繰り広げながら自身の秘められた宿命と対峙する。 ストレイヤーズ・クロニクル 映画批評・備忘録 ...
愛と憎しみのクソ映画

30デイズ・ナイト2 ダーク・デイズ 28点

2010年度公開のアメリカ合衆国の映画。ヴァンパイアに夫を殺されたヒロインが同じ境遇の者たちと共に復讐へ立ち上がり、ヴァンパイア軍団と壮絶な死闘を繰り広げる姿を描いたホラー・サスペンスの続編。 30デイズ・ナイト2 ダーク・デイズ 映画批評・備忘録 3...