スポンサーリンク

沈黙の鉄拳|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

沈黙の鉄拳
この記事は約3分で読めます。

2009年公開のアメリカ合衆国の映画。えん罪で服役した男が出所し、いきなり中国人マフィア絡みの犯罪に巻き込まれて大暴れする様子を迫力の映像で見せる。主人公に救われるヒロインを演じるのは、『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』のマーライナ・マー。自身が望まないながらも巨大な悪の組織相手にひるまずに向かっていくオヤジの強靭(きょうじん)な精神力と、命知らずの戦いぶりに圧倒される。

沈黙の鉄拳 映画批評・備忘録


沈黙の鉄拳(原題: A Dangerous Man)

脚本:29点
演技・演出:16点
撮影・美術:16点
編集:9点
音響・音楽:7点
合計77点

セガールが太くなってるのと髪型が気になるものの、太った分重量感のあるパワー技と切れのある腕の動きが冴えたアクションになっています。太ったからといって動きが悪くなってないのが、さすが武道の達人にしてアクションスターですね。原題は、A Dangerous Man 意味は危険な男ですが、邦題は沈黙の鉄拳と、無理やり沈黙シリーズとされています。原題も?ピンとこないので、邦題もこれはこれでいいのかもしれませんね。。。。ロシアンマフィアと共闘する流れは、セガールが2016年ロシア国籍を取得するのですが、ロシアに対して好意的なところが作品に影響しているように思えます。セガールの父親は、モンゴル系ロシア人なので、動機は理解できます。沈黙シリーズは、あたりはずれがありますが、今作品はあたりです。とてもテンポが良い映画で楽しめました。

amazonプライム・ビデオ
今作品はU-NEXT で見ました。

沈黙の鉄拳 あらすじ

無実の罪で刑務所に6年間服役した元陸軍特殊部隊ショーン。真犯人が見つかったことから冤罪を認められ釈放されるが、妻子は彼の元を去っていた。自暴自棄になったショーンは、暴力事件を起こし現場から逃走。そんな中、立ち寄った休憩所で中国マフィアが警官を殺害する現場に遭遇し、一味と闘うはめに。撃退するも残された一味の車には、拉致された美女ティアと大量の札束。ショーンはティアと共に中国マフィアに狙われるが…。

沈黙の鉄拳 スタッフ

監督:キオニ・ワックスマン
脚本:キオニ・ワックスマン
製作:デボラ・B・ガブラー
製作総指揮:スティーヴン・セガール,フィリップ・ゴールドファイン,ベンジャミン・F・サックス,ダニー・ウェバー,ドラン・チャンドラー,マーク・ゾハー
音楽:マイケル・リチャード・プロウマン
撮影:ネイサン・ウィルソン
編集:トレヴァー・ミロシュ
製作会社:レガシー・フィルムワークス
配給:ショウゲート

沈黙の鉄拳 キャスト

シェーン・ダニエルズ:スティーヴン・セガール
ディア:マーライナ・マー
セルゲイ:ジェシー・ハッチ
ヴラッド:ヴィタリー・クラチェンコ
大佐:バイロン・マン
チェン:テリー・チェン
リッチー:ジェリー・ワッサーマン
マオ:バイロン・ローソン
ホリー:エイダン・ディー
マルコフ:ロビン・ニールセン
クラーク:マイク・ドブド
クワン:ヴィンセント・チェン
弁護士:サラ・ディーキンス
刑事:ダリル・シャトワース

沈黙の鉄拳 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ