スポンサーリンク

ロビン・ウィリアムズ|自殺の真相を求めて

ロビン・ウィリアムズ|自殺の真相究明を求めて
この記事は約7分で読めます。

なんでこんなことを今さら記事にするんだろうと思われる方も多いと思いますが、当時、僕はロビン・ウィリアムズが自殺するなんて信じられない!なんで!なぜなんだ!という気持ちでいっぱいでした。それから数年が過ぎてこのサイトのブログ投稿を再開し始めたこともあり、僕と同じように思っている方も多いのではないか?そういう思いもあったので自分でいろいろ調べて、彼が自殺した真相を究明したいと思いました。

ロビン・ウィリアムズについて


ロビン・ウィリアムズ
(Robin Williams, 1951年7月21日 – 2014年8月11日(63歳没))
アメリカ合衆国の俳優、声優、コメディアン。アメリカ合衆国シカゴ生まれ。
俳優活動では、アカデミー賞に4回ノミネートされ、1998年には『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー助演男優賞を授与された。 また、プライムタイム・エミー賞2部門、ゴールデングローブ賞6部門、全米映画俳優組合賞2部門、グラミー賞5部門を受賞している。

史上最も愛されている俳優であり、コメディアンの1人でした。彼は40年以上にわたる受賞歴のある一連の作品を通じて、舞台や映画で何世代にもわたる観客を楽しませ、彼の大きな個性は彼の寛大な心の大きさ共に豊かに表現されてきました。

2014年8月11日、カリフォルニア州ティブロンの自宅でウィリアムズが自殺で死亡しているのが発見されたときは、全世界のファンが悲痛なほど衝撃を受けました。

コメディアンとしてスターに

モーク・アンド・ミンディ
1978年、急上昇したスタンダップコメディーで、ロビン・ウィリアムズは、ABCのゴールデンタイムのヒット曲「ハッピーデイズ」で、モークとして知られる惑星オークからの間抜けなエイリアンを演じるためにキャストされました。映画「スターウォーズ」の興行的成功を利用することを目論見、「ハッピーデイズ」プロデューサーのギャリー・マーシャルは、ヒットシリーズのエピソードに風変わりなエイリアンを書きました。モーク(およびウィリアムズ)は非常に人気があったため、ABCは、モークが「ハッピーデイズ」でデビューしたまさにその秋にキャラクターを自分のショーにスピンオフしました。1978年9月から81年5月にかけて、「モーク・アンド・ミンディ」はウィリアムズを有名にし名声を与えました。

グッドモーニング, ベトナムで映画スターに

グッドモーニング, ベトナム
彼の映画デビューは、古典的な漫画キャラクターの『ポパイ』、ベストセラー小説が原作の『ガープの世界』に主演しましたが、これらの映画のどちらも実際に主流の観客を魅了しませんでした。ローリングストーンによると、ウィリアムズは1987年に、『グッドモーニング,ベトナム』で軍のDJエイドリアン・クロナウアーとして映画ファンを唸らせた時、彼が探していた役割をついに見つけました!彼の劇的なチョップを機能させ、誰もが愛した即興のコメディの路線で彼に自由な演じ方を与えた映画でした。

そこから、ウィリアムズは、『いまを生きる』、『ミセスダウト』、『レナードの朝』、『フィッシャー・キング』などの今では古典的な映画でキャリアを築きました。多くの同時代の漫画とは異なり、ウィリアムズはおどけたコメディ映画には興味がなく、代わりにドラマチックで感情的な、しばしば悲劇的な役割を果たし、彼のジョークを取り入れたニッチな演出を切り開きました。彼はまた、一連のアカデミー賞のノミネートを獲得し、1997年に『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の心理学者の役でついに受賞しました。

名声はプレッシャーだった

彼のキャリアが軌道に乗っている間、名声はプレッシャーとなり、それは大き過ぎる負担でした。リカバリービレッジによると、その頃にウィリアムズは一晩の成功を管理するためにコカインとアルコールを使い始めました。ウィリアムズの薬物乱用に関しては、噂と話がたくさんあります。
ジョン・ベルーシ
実際、コメディアンのジョン・ベルーシとパーティーをしていたことは広く知られています。そしてジョン・ベルーシは、1982年3月5日にハリウッドのホテルでコカインとヘロインの過剰摂取で亡くなりました。

彼の友人の死は、彼の息子の誕生と相まって、ウィリアムズに薬物中毒に対処し始めるように促されました。伝えられるところによると、次の数十年にわたって、ウィリアムズはさまざまな依存症を克服するための処置を行ってきました。

ウィリアムズは何十年もの間、冷静であり、コカインに戻ることはありませんでした。しかし悲しいことに、彼はアラスカでの孤独な2003年のビッグ・ホワイトの撮影で、彼は再び飲酒に戻った。彼は、2006年にリハビリにチェックインする前に、3年間飲み続けました。それが続く間、リモートで楽しむことはできなかったと彼は言いました。それ以来、ウィリアムズは彼の人生の終わりまで冷静なままでした。ヤフーによると、彼は2014年に再びリハビリに行きましたが、これは彼が再発のためではなく、彼の飲酒を維持したかったためであると伝えられています。

スーパーマンの友人 必要な時に彼はいた

クリストファー・リーブ
出典元:google.com

ロビン・ウィリアムズの最も親しい友人の一人は、スーパーマン俳優のクリストファー・リーヴでした。二人はジュリアードの時代からずっと連絡を取り合っていました。どちらも世界的なアイコンに成長しました。今日誰もが知っているように、1995年に乗馬事故によりリーヴの自由を奪う悲劇が襲った。リーヴの事故はその後、彼の頭蓋骨と脊椎を再び取り付けるために危険な医療処置を必要としました。

リーブと彼の家族は、怖くて悲嘆に暮れ、心配が尽きない中で手術の準備をしていました。

どこからともなく、ウィリアムズは医者に扮して病室に突入し、誇張されたロシア語のアクセントで彼が肛門科医であり、彼はリーヴに検査をしなければならなかったと。


出典元:google.com

事故後、リーヴが本当に笑ったのはこの事件が初めてだったと言われています。リーヴ自身はかつて「私の旧友は私がどういうわけか大丈夫になるだろうと私に知らせてくれた」と述べた。2人の俳優は2004年にリーブが亡くなるまで親密であり、ウィリアムズが10年後に亡くなったとき、リーヴ家が語りました。

パーキンソン病やうつ病が原因で自殺したという誤報

ロビン・ウィリアムズの首つり自殺は、俳優のうつ病との戦いが原因であるとよく言われますが、真実はもっと複雑でした。最初の頃の報道では、うつ病による衝動的な自殺だと大々的に報道されていました。

実話は、ウィリアムズが(誤って)パーキンソン病と診断され、彼の認知症の症状が急速に進行したということでした。

真の病名はレビー小体型認知症だった


出典元:google.com usa today
彼は彼が亡くなって検死されるまで彼の病気の正体が何であるか分からずに戦い続けていました。 ロビン・ウィリアムズは病気を打ち負かそうと、あきらめませんでした。彼は治療、定期的なトレーニング、スタンフォード大学の専門家の助けを借りた自己催眠の実験など、さまざまな手段を試しました。それにもかかわらず、妻のスーザンは、ベッドで落ち着きのない夜を過ごし、落ち着きなくそわそわし、眠ることができなかった夫にとって、戦いがいかに厳しくなっているかに気づきました。 彼の人生の最後の数ヶ月で、彼の認知能力は急速に低下したので、彼のセリフを思い出すことができず、妄想症、不眠症、感覚機能の喪失、およびパニック発作が起こりました。

彼の死後、検死はウィリアムズが誤診(パーキンソン病)されており、推定150万人のアメリカ人が罹患しているレビー小体型認知症の発症に実際は苦しんでいたことを明らかにしました。

レビー小体型認知症は、記憶障害、睡眠障害、幻覚などの症状を引き起こすことが知られています。ウィリアムズの妻スーザンは、この病気を「私の夫の脳内のテロリスト」と呼び、彼の人生の最後の年は、効果のない医学的試験、理学療法、ヨガや瞑想などの代替治療の痛みを伴う急増であったと彼女は言いました。

彼女の夫が日常的に直面する障害を説明しました。「すでに何年もの間夫の側にいて、恐怖と不安に関しては彼の通常の反応を知っていました」と彼女は書いています。「その後に続くことは、彼の性格から著しく外れていました。彼の恐れと不安は、憂慮すべき点まで急上昇しました。」彼女は、彼の本当の病気が明らかになった後で初めて、長期にわたる恐怖と不安がレビー小体型認知症の初期の兆候として認識されることがあることを知ったと付け加えました。

悲劇的なことに、レビー小体型認知症の既知の治療法はなく、この病気の悪化は、彼の時代の最も有名で才能のあるパフォーマーの一人として、世界が常に愛情を込めて覚えている男の悲劇的な最期でした。

僕の中で究明したものは?

僕なりにロビン・ウィリアムズの自殺の原因について真相究明を目指したつもりでしたが、最後の彼の心がどうだったかなんて分かりません。結局、彼が亡くなるまでの経過が追えただけでした。

僕の身近にも彼と似た症状の親族がいるので、彼の最後の数カ月前の症状がどのようなものだったか想像できるところがあります。夫人や子供達・友人達も大きく戸惑ったことだと思います。彼が彼でいなくなる不安、彼自身も自分を喪失していく不安と恐怖を感じていたと思います。

そして、彼は彼自身を守るため、愛する人を守るため、自ら旅立ったのだと思いました。



僕たちは幸せなことに、彼に会うことがいつでもできます。彼の映画で涙し、笑う事ができます。

コメント